FC2ブログ
昨日は強烈な雨。なんだか天気の神様が優しくないなぁ。。。
そんな事忘れたような今日の快晴。
今か今かと見上げてたのに ヤマボウシ
いつの間にかヤマボウシが咲いてました。
葉に隠れ、上を向いて咲くから、下からじゃわからないのよね。
ヤマボウシが咲くと、初夏が来たなと思う。

昨日は「小満」
陽の気が高まり万物が満ち足りてくる、とある。
今日は「蚕起食桑」>カイコおこってクワをくらう
蚕が成長し、桑を食べ始める頃、とある。

時は満ちた!
茶事勉強会の実践が始まりました。

日曜日の本番に向けて、土曜日は準備。
道具を広げ、設えを整え、最終のすり合わせをしました。
やってみなくてはわからない。

そして本番。
初回は動きを重視して、飯後の茶事の形式で行います。
懐石の食事部分がなくて、相伴以降の小吸物から始まります。
挨拶やら中立などの動きは正午の茶事と全く同じ。
気働きや動きを学ぶには絶好だと思います。

12時半のスタートなので、12時10分には手掛かりを開ける。
・・・誰も来ない。 いや、ゲストの正客しかいない。
次客3客が来ないので、門前で戸惑っているのが見て取れる。

20分になるので、寄付きで待つよう亭主に声掛けを促す。
座学で、遅くとも15分前には門前と教えたはずなんだけど・・・
電車が遅れているのかもしれない・・と裏がザワつきだす。

行くと返事を出したら、客は必ず来る。
それを信じ対応する、迎える側の学びになりました。

兎にも角にも、初めての実践が始まります。
「半東が一番怒られるよ。」と予告した通り、店主に尻を叩かれ
「手順を考えてきたんだけど・・・」と泣いてました。

経験が薄いから仕方がないとは思います。
うまく動けないのは、平面で組み立てていること。
教本は平らに書いてありますが、実際の茶事は3Ⅾ。
立体的に段取りを組まなければうまく運べないのです。

当日は亭主が主役。
主役を引き立て、盛り立てるのが裏の役目です。
足を引っ張ていてはいけません。
亭主の一歩手前までの準備、一歩先の予測。
それが半東の仕事だと思います。

やってみて、わからないことがわかる。
わかれば良くしていくだけです。
それには、やってみなくちゃわからないのだ。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2019/05/22 23:05】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |


髭熊
先日、不審庵茶会でお運びをさせていただいたときのこと。裏にいた方に「二の川の主菓子がひとつ足りないようだ」といわれ、急遽予備の食籠にお菓子を2つ入れてお出ししたことがありました。食籠にも予備が必要だと学びました。

ついでにもう一つ。美術倶楽部のような大広間の場合、運んでいる途中でお茶の泡が消えてしまうので、表千家でも泡多めで点てたほうがよい、と教えていただきました。

いつでも、どこでも、学びですね。


店主の葉摘み
髭熊さま
あら、お久しぶりです。お元気ですか?

見過ごさない姿勢が素晴らしい!
自分の今後に取り込む姿勢も素晴らしい!
言葉で教わるより、自分で学び取ったことのほうが身に付きますよね。
自分の事と見ているか・・・他人事と見過ごすか・・・
それが分かれ目。いい視点を持ってらっしゃる。



コメントを閉じる▲
どうしたんだろう、今年の5月はムッチャ忙しい!
またまたご無沙汰になってしまいました。
すっかり「目に青葉」の頃ですね。
紅葉もいいけれど 種がカワイイ!
青楓に赤い種が付いた今頃もほんとに美しいです。好きだなぁ~

目に青葉と言えば・・・茶畑も盛り。
久しぶりの定休日は 茶畑」
お嬢2の企画、「狭山茶の茶畑&工場見学ツァー」 (店主は運転手)
取引の製茶工場の協力を得て、茶畑を案内してもらいます。
茶摘み体験 学びます
この畑は手摘み専用に仕立てた茶の木です。
こんなに葉っぱがあるのに、摘むのは先っぽの1芯2葉。
知ってはいても、実際に見て聞いて摘んでみると、
お茶は贅沢に作るんだと実感します。
見るからに柔らかな茶葉。新茶葉
1芯2葉を選びながらビニール袋に各々が摘んだ茶葉。
製茶すると五分の一になると聞き、自分の摘んだ茶葉を測ってみる。
ほぼ100g。 
こんなに摘んでも20gのお茶にしかならないの!って驚いてます。
店で買う100gの新茶の向こうには、青々と広がる茶畑がある。
それを知ってもらえて本当に良かった!

製茶工場も丁寧に案内してもらいました。
これは生茶葉を蒸す工程。製茶工場も見学
蒸し上がった茶葉の香りがあまりに清々しくてうっとりします。
参加した若者たちは、興奮してました。
知ることはいいことです。次世代につながる希望です。

現代は作り手と消費者の距離がとても離れています。
そのものが手元にあることが当たり前に感じている気がします。
あって当たり前を支えている人がいることを覚えていてください。
また来年、企画したいと思います。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2019/05/20 21:14】 | 狭山茶のこと
トラックバック(0) |
あっという間に5日過ぎちゃいました。
茶園さんの頑張りのおかげあって、毎日毎日新茶が届き、
袋詰めして並べたり、予約の発送をしたり、外注の商品を作ったりと
連日連夜残業が続いて、死ぬかと思った。

どうにか死ぬこともなく、今PCに向かう時間が持ててよかったです。
そんな怒涛の日々の中
昨日は岡野園sister'sが渋谷ヒカリエに、新茶の試飲&販売会に出張。
沢山の方に試飲いただいたようで、よく頑張りました。
そんな手薄の中
推薦してくださった方がいて、区の企画であるオープンガーデンに
拙庭が初参加。OpenGarden
イングリッシュガーデンやローズガーデンの開放が多い中、
和風の庭は珍しいとあって、思った以上にたくさんの方がみえました。

始めはシブシブだった父上でしたが、見学の方が来ると庭を案内し
張り切って草木の説明をしてました。
人が多くて疲れたよと言いながらも、
あやかりたいと言って握手を求められたよと、まんざらでもない様子。
キャッチコピーは花咲か爺さん
「98歳が丹精した和風の庭」ですから。

今日も朝から張り切って庭を案内してました。
そんな庭開放の中
福田先生による古筆勉強会の開講日でした。

前日横浜三渓園で茶席を持った先生は、少しお疲れ気味でしたが
その席で出されたお道具をいろいろご持参くださって
個々に回し、まじまじと見せてくださいました。
茶会に出席した方も多数いましたが、席中では意外と拝見できません。
解説付きで見所を教えていただき、拝見できてよかったですね。
いけなかった亭主は、とってもうれしかったです。

それにしても
体力の限界レベルが落ちたことを感じる今日この頃。トホホ・・


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2019/05/12 23:04】 | ひとり言
トラックバック(0) |
なんだか天気が落ち着きませんね。
先日は、雷鳴だと稲光だそのうえヒョウまでも、で驚かされました。
今日はちょっと肌寒い。降りそうで降らなかったのが幸いかな。

そうそう、GWが終わりましたね。
お茶を買いに来た紳士がぼやきます。
「連休も三日だね。それ以上じゃ身体を持て余す。」
「お出かけにはならないんですか?」と尋ねると
「車は混むは、人は混むは、料金は高いはで出る気がしない。」
「好きなゴルフも出来ず、本ばかり読んでるが、それも飽きた。」
10連休は長かったようですね。

今日、次の新茶が届きました。
2000円です。2000円の新茶
来るたびに安くなっていきます。だんだんお手ごろになる。

早速に特権。翠色、よーし
だいぶ力が付いてきました。新茶らしい新茶です。
のどを香りが落ちていき、戻って鼻から抜けていきます。
「鼻の通りがよくなる気がするー」とお嬢2の名言。

茶がらもよーし!茶がら、よーし
味は2煎目まで。茶がらを少々、塩をパラリと振りまして・・
なかなかに美味ですよ。
一番摘み新茶ならではの楽しみ方。お試しあれ。

5月と言えば、いずれが菖蒲か杜若。
拙宅は三寸菖蒲です。三寸菖蒲咲く
立派な菖蒲もいいけれど、この静かな佇まいが好き!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2019/05/07 22:30】 | 狭山茶のこと
トラックバック(0) |
今日6日は立夏ですね。
昨日のこどもの日には旧暦の4月となり、夏の期に入りました。
まっこと夏でございます。紫外線が・・・!

夏も近付く八十八夜に摘んだ茶葉が、とうとう届きました。
狭山新茶のシーズン開幕です。新茶第1号
最初に届いた新茶は3000円の手摘み。
予約をよけると店頭での扱いはほんの少し。
それも昨日で完売してしまいました。申し訳ございません。

お茶屋の特権。きれいな色
今年のお味は? 甘みと香はしっかりありますがbodyがやや弱い。
4月の寒さと雨の少なさが影響しているようです。
茶がらは若葉の色。若葉に帰る
柔らかくとろけそうで頼りないくらいでした。


今日はお嬢2主催の新茶WSを店内で開催。
若い方が定員いっぱいの6名参加でした。
茶摘みの話と体験、新茶の淹れ方のポイントなどなど。
講師が若いことも日本茶に親近感を感じる要因かと。
いいことね。日本茶を次世代に繋げていくことは大切と思う。
ペットボトルのお茶しか知らないのは悲しいもの。

若い方にお茶の話をするときに店主がよく言う例え。
日常茶飯事という言葉があるように、
お茶とお米は日常当たり前にあるものと日本人は思っている。
でもお茶は初夏に、お米は秋に、ほぼ年一回の収穫です。
当たり前と思っていると、いつか日常事ではなくなるやもしれない。
すべて機械化され、機械に食べさせてもらう様な未来かもしれない。

毎年同じに新芽は伸びますが、毎年同じ味とはいかない。
人の手で、自然と向き合い、作り育てる面白さでもあり
難しさでもあり。 だからいい、と思うのですが・・・

効率ってなんだろう。
わずらわしさや手数が人を育てる、と思うのはアナログかな。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2019/05/06 21:43】 | 狭山茶のこと
トラックバック(0) |