FC2ブログ
いやはや12月、師走月になってしまいました。
とうとう木枯らしは来なかった。
穏かな初日です。万両

日が落ちたら、カサコソサワサラと落ち葉が鳴っています。
いい音だなぁ~と、しばし聞き入りました。
さぁてと・・ 今月は定休日なしで頑張ります。


突然ですが、
店主、コーヒーも好きなんです。
お茶屋だってコーヒーは飲みます。(笑
豆をその都度引いて淹れるくらい好きなんです。
お気に入りは大和田にあるMINGOさんの自家焙煎コーヒー豆。
スッキリしていて雑味がなく、香りも味も申し分ない。

豆が切れて辛抱ならず、閉店後車を走らせました。
ご多分に漏れず、商売っ気抜きでこだわっている人の話は面白い。
丁寧に入れたコーヒーを飲みながら、美味しく淹れるコツをうかがう。

湯温が大事。
器や器具はしっかり暖める。
状態を見ながらゆったりと淹れる。

どこかで聞いたような・・・言ったような・・・
さっきお客様にお茶の淹れ方として伝えたばかりだった。

道は同じ。
豆を抱え感じ入りながら帰路につきました。

それが出来るかできないかは、あなた次第。 
        (はい、猛省します・・・


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/12/01 22:28】 | ひとり言
トラックバック(0) |
今年はまだ木枯らし一号が吹いてませんねぇ。
11月に吹く強い北風を木枯らしというから、あと二日。
間に合うか?
冬空に紅く色付きました。柿の照葉
柿は食べて良し、色付いて良しと楽しませてくれます。

肌寒さを覚えると、お茶が美味しくなる。
品評会も行われ、そこで入賞した狭山茶が入荷しました。
色といい艶といい、まっこと見事なお茶だけど・・・高い!
30g4000円! お茶屋だって飲めない。(笑

そこまでじゃなくても、味わい深いお茶が入荷しています。
この時期は一番お茶が充実しているので、
いつもより少し気張った茶葉で、ちょっと丁寧に入れてください。

茶碗に受けてからお湯を急須に入れるだけで全然違う。
急須に入れて、茶碗に移してからでなら更に良い。
茶碗も急須も温まって湯温は下がり、湯相が柔らかくなる。
ゆっくり広がった茶葉は、甘く深い味わいとなる。

ちょっとした一手間を楽しむ。
夜長にピッタリの癒しTIME。
忙しさに向かう時期だからこそ、そんな時間が大切になる。
丁寧にいれたお茶は甘露。
日本人でよかったなぁ・・・なんてね。

椿にドウダンの照葉。クリスマスカラーだわ
期せずしてクリスマス・カラーとなる。 ・・・エーッ!(焦る


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/11/28 22:16】 | 美味しいお茶の入れ方
トラックバック(0) |
昨日は三の酉だったんですね。
三の酉まである年は火事が多い、という言い伝えがあります。
寒さが厳しくなってきたことだし、気を付けなければ。

今日は「いい風炉の日」ですってね。
やはり寒くなるとあったかいお風呂が恋しくなる。

明日は七十二候「朔風払葉」>さくふう はをはらう
冷たい北風が枯葉を払っていくころ、とあります。

もう季節はすっかり冬ですね。
沼トラノオの草紅葉。沼トラノオの草紅葉
これが最後の色付きです。楽しませてもらいました。

ドウダンツツジの照葉。ドウダンツツジ
台風で激しく揺すられたからか、今年はあまりきれいではありません。
どの木もそう。ちょっと残念。。。

マンサクは マンサク
来年の準備を始めてました。今年の枯葉と来年のつぼみ。
春への希望を持つその姿に、ほのぼの優しい心持ちになる。

寒さが強くなってきました。小菊
どうかお風邪など召しませんように。
お風呂の入ってあったまって・・・ね。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2018/11/26 21:49】 | ひとり言
トラックバック(0) |
朝、ストーブを点けた。
こたつを出した。
ネコとこたつで丸くなる。 

今日は二十四節気の「小雪」なり。
北国より雪の便りが聞かれる頃、とある。
足元を見て思う。開門多落葉 開門多落葉
掃いても掃いても落ち葉掃き。

先日、お客様から着物についてのご相談を受けました。
追善茶会で濃茶のお点前をするのだけれど、何を着たらいいのかと。
大体は決まっているようです。
話すことで確信を持ちたいのだと見受けました。

先生より格が出てはいけないし、お客様に失礼があってもいけない。
茶会の着物をきちんと考えられる方でしたから、きっと大丈夫。

茶会慣れしていないお弟子さんに尋ねられた先生が、
「どんな着物でもいいのよ。」と答えるのを耳にすることがあります。
それを聞くたびヒヤヒヤする。
そのお弟子さんには指針がないのだから。

どんな着物でもいいとは、なにを着ても構わないとは違う。
自分で状況を判断して考えなさい、ということだと思うのです。

点前であれば、ハレの席か、ケの席か。
献茶などの格がある席か、市民茶会のような気楽な席か。
客であれば、先生の知り合いの席か、お伴で行くのか、一般参加か。
茶会の格も考慮に入れなければならない。
献茶などに小紋では周りから浮いてしまう。
気楽な茶会に気張った着物では目立ってしまう。
 
ラーメンを食べに行くのにドレスで行く人はいないだろうし
ホテルのディナーにジャージで行く方もいないと思う。
茶会もそういう視点で考えれば、何を着ていくか自分で考えられる。


真っ盛り!モリモリ白玉椿
どうも例年より暖かいらしい。
どうも明日から三連休らしい。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2018/11/22 22:10】 | 茶会の着物
トラックバック(0) |
空気感がすっかり初冬を思わせるものとなりました。

あったかい色がうれしい。もりもり山茶花
窓辺がほっこり温まったような気もします。

落葉多の画賛軸。落葉多
今の空気感を表しているような。。。

亥の子の話をしたときに、言い忘れてしまったわ。
きっと知ってると思う、さんべの話。
開炉・口切・さんべの三点セットで教わったでしょう?

最後に“べ”が付く「おりべ」「いんべ」「ふくべ」をこの時期に使う。

おりべは織部。織部饅頭やはじきの香合を良くあてますね。
いんべは伊部。備前焼の別名で水指をあてることが多いかな。
ふくべは瓢。大ぶりなヒョウタンのお尻の部分を炭斗に仕立てる。

瓢炭斗はこの時期に収穫したものから作り、毎年新しくするというが
高価なことと手に入りにくいこと、ものを大事にすることがあってか
今は毎年新調する方は希少なようです。

織部焼のはじき香合。織部の香合
ところで、はじき香合の「はじき」とはなんぞや。

半円状のつまみが付いたものを言います。
名の由来は、つまみに糸を通し弾いて遊ぶ玩具に形が似ているから。
水指などにもあるけれど、織部焼にこの形が多いことから
はじき香合と言えば織部、と定着していったようですね。

玩具に似ていることに由来するものに「ぶりぶり香合」もありますね。
そんなことも面白く思います。

さんべは三部と書くのですが、開炉になぜ三部を使うかというと・・・
よくわからない。
密教からともいうが、茶の湯では三つを好むこともあると思う。
三点セット。
雪月花とか三光とか三露とか。三猿・三鳥居という蓋置もあるわね。
ゼロがなかった昔、三が最大数だったともいう。
それ以上は沢山や無数、無限となったとか。
そんなことも思い出し、とても面白い。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/11/18 23:26】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |