FC2ブログ
あまりにも更新がないので心配されてしまった。。。
申し訳ございません。

蚤の市は沢山の方が来てくださって、
溢れるほどあった道具たちは新しい主のもとに旅立ちました。
あの道具たちになり替わり、御礼を申し上げます。

提供してくださった方への決算を終え、連絡をして・・・
お預かり金をお渡しすれば、長かった作業が終わります。
あともう少し。

そんなことやあんなことにバタバタしてたら、
あっという間に7月となり。

昨日は教室でした。
設えの準備はこちらでします。
生徒さんのため、茶室の趣向を整えるのは店主の愉しみ。

軸は「竹・葉々起清風」勉強会時の軸
ヒントは大きく書かれた「竹」の文字。
ここで分かったらGood Job!

茶花は唐糸草と白シモツケ 唐糸草と白シモツケ

水指を釣瓶にしたのはちょっと遠回りだったわね。
朝顔の茶碗のほうが良かったかも。アサガオの茶碗

お菓子を見れば誰でもわかる。
「天の川」天の川

唐糸草で織女を、朝顔の別名は牽牛。
あっという間に明日は七夕。七夕の色紙


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/07/06 22:02】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
いつまでも明るくて、いつまでも仕事をしてしまう。
夏至もすっ飛ばしてしまった。

日曜日は最後の荷物の引き取りでした。
長くお茶を教えてらした89歳の先生宅へ。
お弟子さんたちに分けた残りをすべて引き受けました。
潔いです。生末を教えてもらいました。

一回では乗り切らず、久々の2回戦。
店はみるみる道具の山!引き取り荷物の山

翌日は雨を幸いに、朝から荷物の査定と値付け。
終わりの見えない道具の山だったけど、残業して頑張りました。

持ち込んでくださった方も多く、そのほかに
止めると決心なさった先生が二人いらっしゃったので
和室の床が抜けないかと心配になるほどあります!

値付けは終わりました。
あとは会場を作って、29日30日が雨でないことを祈るばかり。

今年の茶道具は、使ってない新品やきれいな状態のものが多く
少しお高めですが気持ちよく楽しめるお道具ばかりです。
つまり良いものがたくさんあります!

どうぞ道具たちの第二の人生をよろしくお願いいたします。
リサイクルの蚤の市は、29日土曜日と30日日曜日です。
お待ち申しております!!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/06/25 23:31】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
お知らせがすっかり遅くなりました。
毎年恒例の
「茶道具リサイクル・蚤の市」です!

6月29日(土)・30日(日)の二日間
11:00~15:00 のみの市 ←去年の様子
普段は茶室の二間を開放し、「蚤の市」を開催いたします。

初日29日は混み合うので、3回ほど30分の入れ替え制となります。
いらしたかた皆さんにチャンスを・・ との故とご理解くださいませ。
とはいえ
品物の補充はありませんので、なんと言っても1回目が有利。
10時から整理券を配布します。 (各回20名制限)

30日は終日フリーです。
じっくり「残り物には福」を探してください。
意外と目こぼしがあって、こんな品が!というモノが残ってたり。

リサイクルなので破格のお値段。
古いものが多いので、格安の品が多いです。
協賛してくれる問屋からは、新品を破格値で出してもらいました。
これは目玉です。 こうご期待!

眠っていた道具にとっては、第二の人生のスタートです。

みなさまのお越しを、心よりお待ち申し上げております。
ということで、
倉庫はギューギュー。 検品、そして値付けに大わらわ。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/06/14 21:39】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
長かったような、短かったような・・・
訳がわからないうちに5月が終わりました。6月です。
やるべき仕事があれこれ続き、集中できまないまま、
6月です。七段花
もう目を背けてられません。

ちょうど2年前、興味はあるけれど触れる機会がないという
若い方をお招きし、簡単な点心と薄茶の会を何回か開きました。
知らないことを恐れず、知ることを柔軟に受け入れる彼ら。
目の付け所が意外で、質問が意外で、刺激的な経験でした。

その中にいた青年が、
「とっても面白かったので、友人にも経験させたい。」と言い残し、
お世辞かと思ってたんですが・・・
再三のその熱意に押され、6日芒種の日に茶会を開きます。

茶の湯のなにが人を魅了するかを垣間見る経験をさせたいし、
経験ない彼らでも戸惑わなく動けるような動線と、
正座が苦行となる前に移行する時間配分などなど、
考慮することてんこ盛り。 
でも、こういうこと考えるの大好き!

暗黙の了解の中で恙なく行う茶事もいいのですが、
何が起こるかわからない、こういう茶事も面白い。

日本伝統の愉しみは、茶の湯識者だけのものではないはず。
お茶は間口広く、懐も広い寛容なものだと思っております。
そうしてきたから、現代まで奇跡のように残ったと思うのですが。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2019/06/02 00:09】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
寒いと言ってはうろたえ、急に暖かいと言っては戸惑う。
まことに勝手なもんです。

昨日は一日贅沢な茶会に遊んできました。
東京上野毛にある五島美術館の茶室が会場です。
濃茶は女性の数寄者、薄茶は長野先生が亭主でした。
店主が入った席は2席目で9名のみ。
11時のご案内で、これにて茶会はおしまい。
ね、贅沢でしょ。ほぼ茶事です。

店主がそのような場に招かれたのは、
正客の福田先生へのフォローと、席中に気を配るようにとの
長野先生の配備と察し、詰をさせていただきました。


あの有名な大師会でも、初期のころは50人規模だったとか。
見識の有る方が参加し、自慢の名品道具を使った茶会でした。
だから切磋琢磨で互いに高め合い、競い合う。
未熟なものは同席の方の言葉の端から多くを学び
片鱗に触れることによって多くの知識を得、興味を広げる。

まさに未熟で見識の浅い店主は、耳をダンボにし目を皿にして
名品道具の息遣いを感じてまいりました。

気を張っていたので、帰りにはご存知の方と馬鹿を言いあい
ちゃっかり勉強会の講師や数寄の集まりへの参加などねだって
実りある一日でございました。

また新たな勉強会を開くかもしれません。
その時はぜひ!八重桜


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2019/04/15 22:51】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
こちらこそありがとうございました。
またいらして下さるんですね!楽しみです。

うれしいお言葉!褒められれば木に登ります。
また頑張ります。


コメントを閉じる▲