FC2ブログ
今日で何日目でしょうか。
連日、真夏日といっても大げさじゃない暑さです。
身体が慣れていないせいか、ダルダルで・・・参ります。

店に西日が入り始めると、暑さに閉口するけれど
日が動き、少しずつ木陰に覆われると、気温が急に下がる。
木々はモクモクと沸き立つように大きくなり 日向ミズキの若葉  
まだ風は涼を持っていて・・・ ずっとこんなだと気持ちがいいのにね。


風炉の準備のタイムスケジュールについてご質問があったので
そのことを書きますね。
ちょっと忙しかったのと、暑さでバテ気味(ほぼ眠気)だったので
遅くなってごめんなさい。

前日準備ができていると、大体一時間前に集合です。
ざっと席を見回して、バタバタするので十五分経過。
灰の温め用に、消し炭の火を起こしに行ってもらいます。

なぜ消し炭を使用するかというと、新しい炭より火着きがいいからです。
時間短縮のためですね。

風炉に入れ、火入に埋めて・・ 他の仕事。
火入の底が熱くなったら、火入炭を風炉に入れ・・ 他の仕事。
十分起きたころを見計らい、埋炭は風炉に移し、灰をかき混ぜ火入を作る。
火入が出来上がったら、風炉に本番の炭をいれ、パチパチいうのを確認。
即釜を乗せます。

釜は湯を入れて温めておき、直前に新しい湯を環付きまで入れます。
そのとき炭同様に「釜が通ります」と言いながら運ぶこと。 (釜が熱い)

火起こしと釜に湯を入れるのは頼みますが、それ以外は一人仕事。
何人かで行うと、途中経過がうやむやになって、かえって時間がかかる。
火入作りから釜を乗せるまで十分くらいかしら。

釜を乗せたらもう完了。
お客さまに入っていただきます。

席に落ち着く、先生のご挨拶、そして点前。
抹茶を入れ茶筅を振る頃まで、十分から十五分経過します。
その間に火が回り、湯気が上がっているはずです。

以上は、乾燥し晴れた日の風炉の場合。
寒かったり雨だったりするときや、炉の時期は
釜がよい状態まで多少時間がかかるので、火入はあとのこともあります。


時間配分は経験が要ります。
雨降りや湿度が高いときは、炭の火付きは悪いのですが火持ちはいいです。
逆に乾燥しているときや暑いときは、火付きがいいけど火持ちが悪い。

灰はパラパラに乾燥していて軽いと火が落ちやくい。
しっとりして少し重く感じるくらいだとよく火が保たれます。
湿っているというのではありませんよ。
「しっとり」 その感じを言葉で表現するのは難しいです。


茶会にしろ、茶事にしろ、することは同じでも
その日の天候や気温、道具の状態によって、手順や時間配分が変ります。
抹茶を掃くタイミングや盛るタイミング、火起こし、水撒きなどなど
すべてそうです。
経験が少なくても、想像力があればできます。 
雨⇔湿気る 晴れ⇔乾く 誰でも知ってますから。 
お客さまが入られるとき最高の状態であるように、がんばりましょうね。


  白のシャクヤク きりりと芍薬
イタリアのアンティークの銅カップに

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ
 


【2011/05/21 22:47】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |

普段の
髭熊
お稽古では先生がすべて準備してくださるので、
灰を温めなきゃいけない、なんてなかなか気付かないですよね。
私も何度かお茶会のお手伝いをさせていただくようになってから知りました。

また先日、炉の稽古茶事を行いましたが、
先生が炉灰を席入りの2時間くらい前から、席入りの直前まで温めて、それから湿し灰をたっぷりとまいていました。
大きさも灰の量も違うので、炉のときは時間もかかりますね。


千思万考
ROKU
今夏は昨年ほどじゃないでしょうが・・
節電対策、お店が暗いのも暑いのもね、手さぐりですね。
お茶も料理も同じかな。炭は必ず消し炭に新しい物を注ぎ足す。
炭が釜が・・熱いですよと
季節、気温、湿度はポイント、特にうどんは敏感です。
経験は大切ですねそれに創意工夫の高い人がいい仕事ができる。
どの道も「千思万考」が入りますわ。


葉摘み
髭熊さま
よく見てらっしゃいましたね。
見て覚えるのが一番よく覚えますから。
すばらしい!

お稽古場の灰は普段から火慣れしているので比較的扱いやすいです。
会場の灰はぶっつけ本番なので、事前にご機嫌伺い(触っておく)をしておくと対応がうまくいきますよ。
このときも風炉の灰形の仕上げをし、火入に灰も入れたので、
どんな感じかわかっていましたから手順が決まりました。
灰のお守り役は一人のほうがいいと思います。
髭熊さん、うちで茶事をやるときは助っ人に来てね!


葉摘み
ROKUさま
「千思万考」・・う~む
よい言葉を教えてもらいました。
深く心に命じ置きます。ありがとうございます。

だれでも経験が無いところから始まりますから
出来ないからと引っ込めていては、いつまでたっても出来ない。
想像力を働かせて、扱う道具の気持ちになって、お客様の立場に立って、
と見ていていつも思うのですが・・・

うどんも同じですか。 比較がさすがだわ!



竹とんぼ
葉摘みさま 詳しい説明をありがとうございました!すんごくわかりやすかったです。

大寄せの水屋はバタバタして慌ただしい、だからこそ落ち着いて 気をきかせて 美味しいお茶をお客様に出さなくてはいけないのですね。このタイムスケジュールは永久保存版とさせていただきますね。(そそっかしい私としては灰形を崩さないように注意することも重要です)

暑くなったり涼しくなったり天候不順です。
どうぞご自愛専一に・・・


葉摘み
竹とんぼさま
わかりました??
動作を言葉に置き換えるのは難しいですね。
動画にしようかと思っちゃいましたよ。
(どうすればいいかわからないけど・・笑)

そんなこんなのお稽古では習わないことの研修会を
立ち上げたいなぁ~と考えてるんですが・・・
どう思う??
ちなみに講師は葉摘みさんなんだけど・・
いいかなぁ~?



ちょきたら
水屋経験の少ない私は、
頭の中で想像しながら読ませていただきました。

 今年はお茶会で水屋に入ることに
なります。実際わたしが火入や炭を扱うことはないですが、頭にいれておきたいと思い
ます。

 こういうことはなかなか普段の教室で
学べないことですね。

 ありがとうございます。



葉摘み
ちょきたらさま
まぁ~それはいい勉強が出来ますね。
ちょきたらさんの教室も、裏に道具屋さんが入るんですよね。
邪魔にならない程度について回って、ぜひ盗んできてください。
きっと私とやり方が違うことでしょう。
いろいろなやり方を知って自分のやり方を形作ってね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
普段の
お稽古では先生がすべて準備してくださるので、
灰を温めなきゃいけない、なんてなかなか気付かないですよね。
私も何度かお茶会のお手伝いをさせていただくようになってから知りました。

また先日、炉の稽古茶事を行いましたが、
先生が炉灰を席入りの2時間くらい前から、席入りの直前まで温めて、それから湿し灰をたっぷりとまいていました。
大きさも灰の量も違うので、炉のときは時間もかかりますね。
2011/05/22(Sun) 19:02 | URL  | 髭熊 #-[ 編集]
千思万考
今夏は昨年ほどじゃないでしょうが・・
節電対策、お店が暗いのも暑いのもね、手さぐりですね。
お茶も料理も同じかな。炭は必ず消し炭に新しい物を注ぎ足す。
炭が釜が・・熱いですよと
季節、気温、湿度はポイント、特にうどんは敏感です。
経験は大切ですねそれに創意工夫の高い人がいい仕事ができる。
どの道も「千思万考」が入りますわ。
2011/05/22(Sun) 20:50 | URL  | ROKU #-[ 編集]
髭熊さま
よく見てらっしゃいましたね。
見て覚えるのが一番よく覚えますから。
すばらしい!

お稽古場の灰は普段から火慣れしているので比較的扱いやすいです。
会場の灰はぶっつけ本番なので、事前にご機嫌伺い(触っておく)をしておくと対応がうまくいきますよ。
このときも風炉の灰形の仕上げをし、火入に灰も入れたので、
どんな感じかわかっていましたから手順が決まりました。
灰のお守り役は一人のほうがいいと思います。
髭熊さん、うちで茶事をやるときは助っ人に来てね!
2011/05/22(Sun) 20:54 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ROKUさま
「千思万考」・・う~む
よい言葉を教えてもらいました。
深く心に命じ置きます。ありがとうございます。

だれでも経験が無いところから始まりますから
出来ないからと引っ込めていては、いつまでたっても出来ない。
想像力を働かせて、扱う道具の気持ちになって、お客様の立場に立って、
と見ていていつも思うのですが・・・

うどんも同じですか。 比較がさすがだわ!
2011/05/22(Sun) 21:10 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
葉摘みさま 詳しい説明をありがとうございました!すんごくわかりやすかったです。

大寄せの水屋はバタバタして慌ただしい、だからこそ落ち着いて 気をきかせて 美味しいお茶をお客様に出さなくてはいけないのですね。このタイムスケジュールは永久保存版とさせていただきますね。(そそっかしい私としては灰形を崩さないように注意することも重要です)

暑くなったり涼しくなったり天候不順です。
どうぞご自愛専一に・・・
2011/05/23(Mon) 15:15 | URL  | 竹とんぼ #UbCtKfmc[ 編集]
竹とんぼさま
わかりました??
動作を言葉に置き換えるのは難しいですね。
動画にしようかと思っちゃいましたよ。
(どうすればいいかわからないけど・・笑)

そんなこんなのお稽古では習わないことの研修会を
立ち上げたいなぁ~と考えてるんですが・・・
どう思う??
ちなみに講師は葉摘みさんなんだけど・・
いいかなぁ~?
2011/05/23(Mon) 17:48 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
水屋経験の少ない私は、
頭の中で想像しながら読ませていただきました。

 今年はお茶会で水屋に入ることに
なります。実際わたしが火入や炭を扱うことはないですが、頭にいれておきたいと思い
ます。

 こういうことはなかなか普段の教室で
学べないことですね。

 ありがとうございます。
2011/05/23(Mon) 21:40 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
まぁ~それはいい勉強が出来ますね。
ちょきたらさんの教室も、裏に道具屋さんが入るんですよね。
邪魔にならない程度について回って、ぜひ盗んできてください。
きっと私とやり方が違うことでしょう。
いろいろなやり方を知って自分のやり方を形作ってね。
2011/05/24(Tue) 00:21 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック