小春日和に恵まれて、茶会を無事終えてまいりました。
疲れましたが、達成感はやはり快感ですね。(笑


前日見つけた照り葉の盛り合わせ。
いく種あるかと言いますと さまざま照り葉
マンサク・イタヤカエデ・ヒメシャラ・ヤマボウシ・日向水木
花はノコンギクとホトトギスしかありませんでした。

立礼席にある付け床の様子と会場のボリュームに合わせ
入れました。石鼎茶香
使ったのはヤマボウシとノコンギク。

軸が小幅なのでつり合いを考えたのと、
ヤマボウシの色付きに表情があったので選び
ノコンギクは後ろのほうに控えて入れ
残り少ない花の風情を出したつもりです。

軸の言葉は「石鼎茶香」せきていにさかんばし
“わびしい石鍋で煎じた茶は香しい”
中国では風雅な人をあらわすとき、この言葉を当てるそうです。
茶の湯でいうところの侘び茶人、と捉えました。
その意味からも、残花と照り葉が似合うとも思いました。

お客さまに大変喜ばれ、水屋で密かにホッとしてました。


お菓子も頼まれています。
他の二席が主菓子だろうから・・と干菓子をお勧めし
石川県小松市の行松旭松堂さんにお願いしました。

通い路と紅葉 キレイ、しかも美味しいのです!
いつもわがままを聞いてくださるありがたいお店です。

出来立ての柔らかいお干菓子も大変好評で
「こちらの席のお菓子は大変美味しいとみなさんがおっしゃっていたので、
 是非にと入らせていただきました」とのお言葉をいただき
裏で思わずガッツポーズ!(笑

茶席の様子は、ごめんなさい。
撮るヒマがありませんでした。


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ

【2010/11/28 23:42】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |

お疲れさま
ROKU3
「石鼎茶香」茶香炉からいい香りが
って雰囲気ですね。
軸とヤマボウシとノコンギクがマッチ
がいいですね。ノコンギクのをちょっと
配した感じがね。
お干菓子は誠によく考えられたものですね。
さすが蓄積。三つの取り合わせがね。
通い路は半分にカット?落雁ですね。
銀杏と紅葉の色合いが実にいい。



ゆきまつ
このたびもご注文ありがとうございました。
心より感謝いたしております。

お軸とお花から素敵なお席が想像できます(^^)




竹とんぼ
水屋でガッツポーズ!!の葉摘みさんが見えるようです。
お茶は席全体の調和とハーモニーが大切。お客様も気持ちのいいお席だったことでしょう。
行松さんのお菓子はいつも気が利いてますね。


葉摘み
ROKU3さま
花を褒めていただいてありがとうございます。
和室の茶席だったら照り葉をもう少しすっきりさせるところですが、テーブルと椅子の席ですからタップリと華やかにいたしました。
意図を汲み取ってくださってうれしいです。

干菓子というと硬いと言うイメージをお持ちの方が多いのですが、ふすまの生〆なので柔らかなんですよ。
通い路はそのままの大きさです。
大徳寺納豆との相性も良くとても美味!


葉摘み
ゆきまつさま
お陰さまで黒の真塗りの菓子器にとてもきれいに映えました。

どちらの?と聞かれ、小松から取り寄せました、と言うと、まぁ~贅沢な!とみなさん驚かれます。
このあたりでは手に入らないきれいで美味しい干菓子ですね、と大変喜んでいただけました。
席主の先生も皆さんにほめられるので大満足!
お勧めしたわたしは鼻が高かったです。
さすが良いお菓子屋さんをご存知で・・とわたしまで褒められました。
ほんとうにありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたしますね。


葉摘み
竹とんぼさま
口にするものは一番に気持ちに伝わり、いつまでも印象に残りますね。
末席まで抹茶の入れ方から細かく気を使ったつもりです。
席中をご紹介できなくて残念ですが、水屋から離れられなかったので・・

行松さんにはいつもわがままを聞いてもらってます。
そういうお菓子屋さんがあるということは幸せなことだと思ってます。

通い路
ROKU3
写真をUPして見ましたら生でした。
これは珍しい。
お干菓子の通い路と言えば、頭から落雁の
細長いものと思ってましたから。
思い込みはいけませんね。


葉摘み
ROKU3さま
アップにしてご覧になったのね。
珍しいでしょう?
落雁が多いのでたいそう喜ばれました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お疲れさま
「石鼎茶香」茶香炉からいい香りが
って雰囲気ですね。
軸とヤマボウシとノコンギクがマッチ
がいいですね。ノコンギクのをちょっと
配した感じがね。
お干菓子は誠によく考えられたものですね。
さすが蓄積。三つの取り合わせがね。
通い路は半分にカット?落雁ですね。
銀杏と紅葉の色合いが実にいい。
2010/11/29(Mon) 20:40 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
このたびもご注文ありがとうございました。
心より感謝いたしております。

お軸とお花から素敵なお席が想像できます(^^)

2010/11/29(Mon) 23:07 | URL  | ゆきまつ #.I60dy6o[ 編集]
水屋でガッツポーズ!!の葉摘みさんが見えるようです。
お茶は席全体の調和とハーモニーが大切。お客様も気持ちのいいお席だったことでしょう。
行松さんのお菓子はいつも気が利いてますね。
2010/11/30(Tue) 07:18 | URL  | 竹とんぼ #UbCtKfmc[ 編集]
ROKU3さま
花を褒めていただいてありがとうございます。
和室の茶席だったら照り葉をもう少しすっきりさせるところですが、テーブルと椅子の席ですからタップリと華やかにいたしました。
意図を汲み取ってくださってうれしいです。

干菓子というと硬いと言うイメージをお持ちの方が多いのですが、ふすまの生〆なので柔らかなんですよ。
通い路はそのままの大きさです。
大徳寺納豆との相性も良くとても美味!
2010/12/01(Wed) 21:12 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ゆきまつさま
お陰さまで黒の真塗りの菓子器にとてもきれいに映えました。

どちらの?と聞かれ、小松から取り寄せました、と言うと、まぁ~贅沢な!とみなさん驚かれます。
このあたりでは手に入らないきれいで美味しい干菓子ですね、と大変喜んでいただけました。
席主の先生も皆さんにほめられるので大満足!
お勧めしたわたしは鼻が高かったです。
さすが良いお菓子屋さんをご存知で・・とわたしまで褒められました。
ほんとうにありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたしますね。
2010/12/01(Wed) 21:19 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
竹とんぼさま
口にするものは一番に気持ちに伝わり、いつまでも印象に残りますね。
末席まで抹茶の入れ方から細かく気を使ったつもりです。
席中をご紹介できなくて残念ですが、水屋から離れられなかったので・・

行松さんにはいつもわがままを聞いてもらってます。
そういうお菓子屋さんがあるということは幸せなことだと思ってます。
2010/12/01(Wed) 21:26 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
通い路
写真をUPして見ましたら生でした。
これは珍しい。
お干菓子の通い路と言えば、頭から落雁の
細長いものと思ってましたから。
思い込みはいけませんね。
2010/12/01(Wed) 21:58 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
ROKU3さま
アップにしてご覧になったのね。
珍しいでしょう?
落雁が多いのでたいそう喜ばれました。
2010/12/01(Wed) 23:14 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック