FC2ブログ
炉の前に座ると、なぜかホッといたします。
お茶を強く感じるのは、炉の時期のような気がしませんか?

十一月も下旬となり、晩秋を感じる道具組を考えました。

軸は紅に染まる秋景色の画賛で、「多落葉」の文字。
テーマが出来上がります。「多落葉」の画賛

初霜を感じさせる水指を使い 白萩の水指

風炉先には松ぼっくりと松葉 松葉の風炉先

紅葉の香合 淡々斎好みの赤楽香合

伊羅保の茶碗でお濃茶、吹き寄せの茶碗でお薄なんていかが?
お菓子は織部饅頭なんかいいですね。

そして花は炉のご馳走「椿」 西王母と日向水木の照り葉

ホッコリ暖かい炉の炭火のありがたさよ。
喉元過ぎれば・・・ あの猛暑が夢のようです。


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ
 

【2010/11/17 20:02】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

吹き寄せを愛でる
ROKU3
「落葉多し」もう落ち葉の季節、吹き寄せですね。
まさに日本の風情。
年末に向けて慌しいお仕事。結構なことですね。
設えしたお店にはえもいわれぬ芳香が漂っていることでしょう。
「茶の花のわづかに黄なる馳走かな」
「口切や設え新た炭香る」
のような感じでしょうか。



葉摘み
ROKU3さま
急な冷え込みに、桜葉がとってもきれいに色付きました。
散るのも早い!(笑
慌しく秋が過ぎていきますね。

ステキな句ですが・・読み人はROKU3さん?

俳句
ROKU3
茶の花のわづかに黄なる夕べかな 蕪村の句
夕べかなは何とも平凡。お茶人さんに茶花はご馳走、
だから変えてみました。
後の句は私、新はひらがながいいかもね。
お店の衣替えを詠みました。
今一だけだど。


葉摘み
ROKU3さま
しべのほのかな黄味が覗く様子はほんにご馳走。
ありがとうございます。
下の句はうれしいです。
返歌をば・・・・ oh!たしなみのない悲しさよ。
申し訳ございません。


ちょきたら
ネット上でお茶会を楽しんだ気分です^^

 美しい照葉をめでながら、一服のお茶を
いただく・・・こんな贅沢があるでしょうか。

 秋は物悲しい気分になるので好きでは
ないのですが、美しい紅葉と温かい火が
心を優しく包んでくれます。


葉摘み
ちょきたらさま
ちょきたらさん、詩人です!

今日秩父のほうに行ったお客さまが紅葉の盛りはもう少し・・と言ってました。
紅葉狩りにでも行きたいなぁ~

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
吹き寄せを愛でる
「落葉多し」もう落ち葉の季節、吹き寄せですね。
まさに日本の風情。
年末に向けて慌しいお仕事。結構なことですね。
設えしたお店にはえもいわれぬ芳香が漂っていることでしょう。
「茶の花のわづかに黄なる馳走かな」
「口切や設え新た炭香る」
のような感じでしょうか。
2010/11/17(Wed) 21:53 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
ROKU3さま
急な冷え込みに、桜葉がとってもきれいに色付きました。
散るのも早い!(笑
慌しく秋が過ぎていきますね。

ステキな句ですが・・読み人はROKU3さん?
2010/11/17(Wed) 23:43 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
俳句
茶の花のわづかに黄なる夕べかな 蕪村の句
夕べかなは何とも平凡。お茶人さんに茶花はご馳走、
だから変えてみました。
後の句は私、新はひらがながいいかもね。
お店の衣替えを詠みました。
今一だけだど。
2010/11/19(Fri) 20:47 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
ROKU3さま
しべのほのかな黄味が覗く様子はほんにご馳走。
ありがとうございます。
下の句はうれしいです。
返歌をば・・・・ oh!たしなみのない悲しさよ。
申し訳ございません。
2010/11/19(Fri) 21:22 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ネット上でお茶会を楽しんだ気分です^^

 美しい照葉をめでながら、一服のお茶を
いただく・・・こんな贅沢があるでしょうか。

 秋は物悲しい気分になるので好きでは
ないのですが、美しい紅葉と温かい火が
心を優しく包んでくれます。
2010/11/20(Sat) 18:58 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
ちょきたらさん、詩人です!

今日秩父のほうに行ったお客さまが紅葉の盛りはもう少し・・と言ってました。
紅葉狩りにでも行きたいなぁ~
2010/11/20(Sat) 22:23 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック