FC2ブログ
新宿の京王百貨店でおこなわれた金工の方々の展示会「奏美展」
今回は記念すべき第一回ということで行ってまいりました。

いろいろお世話になっている先生が添え釜です。
「手が足りないときは手伝ってね」と言われておりました。

お弟子さんがいることだし、あまりでしゃばっても、と遠慮しながら
覚悟と用意だけはしていったのですが・・・ しっかり一日お手伝いです(笑

デパートの中とは思えないキチンとした八畳の茶室があります。
茶席風景 盛会です
気節柄、中置の水指と鉄の風炉釜。
巧者の先生なので、風炉の名残りの設えが見事です。

これは煙草盆。
   裏千家の仕組み
すべてりっぱな道具ですが、一番の見所はどこだと思いますか?
灰吹きです。
半枯れといいます。ご存知ですか?

青竹の半分の色が変わって枯れた状態のものです。
侘びが強いので、名残りの最後の頃にだけ使います。
とても贅沢なご馳走です。

良い道具というものは、こういうものを言うのだとも思います。
どんな高い道具よりも、書付がある名品よりも、亭主の心入れが伺えます。
茶の湯ってこういうことだと思うのです。

すばらしい菓子鉢でも、黒文字の箸が古くて黒ずんでいてはいけません。
良い風炉釜でも、柄杓の色が湯あたりで変色していてはいけません。
どんなに高価な茶碗でも、茶筅や茶巾が疲れていてはいけません。

お客さまをお迎えするときは、みずみずしい黒文字、真新しい柄杓や茶筅。
そして今頃の季節には、こんな半枯れの灰吹き。
そういう心入れが、一番のおもてなしの心だと思うのです。

道具を褒めるよりも、席主は一番喜ぶと思います。
こういうことが見える茶人になってもらいたいと願っています。


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ
  

【2010/10/25 00:38】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |


ルンルン
いつも気になっている添え釜。
デパートまでは近いので 
葉摘みさんがいらっしゃるとの事で
ぜひ 伺いたかったのですが・・・

〈こういうことが見える茶人〉に憧れます。



灰吹き
ROKU3
竹の灰吹き、「半枯れ」お初です。
名残りだけに使われるのですね。また一つ勉強になりました。
真竹に少し枯れた部分。これはなかなか手に入らないでしょうね。
正月用にと毎年末に竹林をさまよいます。
でも半枯れはあったとしても10月まで持たない。
10月に採るしかないのかな?
蓋置きは頼まれ沢山作ったのですが、1本に5.5mm一個。
探すのは大変でした。


葉摘み
ルンルンさま
このブログで親しくなった方もおみえになってくださっておしゃべりが出来て楽しかったです。
ルンルンさんのお越しもちょっと期待していたのですが・・・またの機会を待ちましょう。

ほんとに短期しか使わないので半枯れは目にすることも少なく、ご存知の方もあまりおられません。
もし茶会で目にすることがあったら、声に出してくださいませ。
席主の方はたいそう喜ばれると思います。


葉摘み
ROKU3さま
青竹は京都からいつも取り寄せています。
やはり竹の青さが違いますね。
送料もかかってしまうので割高になってしまうのが難点です。
まして半枯れはなかなかなくて貴重なので・・・

サイズだけでなく厚みも重要なので、竹林があっても使えるものは少ないですよね。
ご苦労をお察しいたします。


みゃあくんのおかあしゃん
 素晴らしい設えの茶席だったの
ですね!
 
 「茶の湯ってこういうこと・・・」
思わず一人で拍手しました!
 形式だけを勉強するお稽古でなくて
こんなことを教えて下さる方が 身近に
いて下さったら どんなにいいでしょう。

 お茶を学ぶ若い方 流派を問わず
葉摘みさまのブログを訪れて下さい。
 老若男女 皆さまお越しくださあ~い!


ワスレナグサ
日曜日のお茶会の一席・・・藁灰に鉄風炉、そして煙草盆には半枯れの灰吹き・・・・。
ご亭主とお正客様が、それぞれの藁灰や半枯れの灰吹きの作り方を紹介して下さいました。
風邪をおして参加した甲斐がありました。(^^♪


ちょきたら
  間に合って席入りできてよかったです~
ゆったりしたお席でじっくり楽しめました。

 そして葉摘みさんに見どころを教えていただいて、勉強になりました。
ついつい「ブランドもの」に目が行きますが、それより大切なものがありますね。

 「こういうことがわかる茶人」に少しずつ
近づいてゆきたいです。



葉摘み
みゃあくんのおかあしゃんさま
そんなに言っていただけると・・・
穴を掘って隠れてしまいたくなります(笑
身に余るコメントを励みに存じます。

伝えたいことが少しずつ浸透していくのをうれしく感じています。


葉摘み
ワスレナグサさま
正客がめがねの男性で亭主も男性、詰も男性だったあの席かしら?
もしそうだったら正客は茶杓の先生で、亭主は席主のお弟子さんです。

彼は竹に詳しいので作れるといってましたね。
そういうものもあると、心に留めるだけにしてくださいね。
席中で言うのはせっかくご用意なさった先生に対して失礼になります。
本物であれ作り物であれ、半枯れ灰吹きを出したと言うことが大事だと思います。

どんな方々が入られたのか思い返していますが思い出せません。ごめんなさい。
ご挨拶をしたかったわ~。
風邪気味なのによくいらしてくださいました。ありがとうございます。



葉摘み
ちょきたらさま
間に合ってよかったです。私も楽しかったわ!

>それより大切なものがありますね。
すばらしい!そういう気持ちを大事になさってくださいませ。
さらに一歩「わかる茶人」「見える茶人」になっていますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いつも気になっている添え釜。
デパートまでは近いので 
葉摘みさんがいらっしゃるとの事で
ぜひ 伺いたかったのですが・・・

〈こういうことが見える茶人〉に憧れます。

2010/10/25(Mon) 15:59 | URL  | ルンルン #44..mt6o[ 編集]
灰吹き
竹の灰吹き、「半枯れ」お初です。
名残りだけに使われるのですね。また一つ勉強になりました。
真竹に少し枯れた部分。これはなかなか手に入らないでしょうね。
正月用にと毎年末に竹林をさまよいます。
でも半枯れはあったとしても10月まで持たない。
10月に採るしかないのかな?
蓋置きは頼まれ沢山作ったのですが、1本に5.5mm一個。
探すのは大変でした。
2010/10/25(Mon) 19:48 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
ルンルンさま
このブログで親しくなった方もおみえになってくださっておしゃべりが出来て楽しかったです。
ルンルンさんのお越しもちょっと期待していたのですが・・・またの機会を待ちましょう。

ほんとに短期しか使わないので半枯れは目にすることも少なく、ご存知の方もあまりおられません。
もし茶会で目にすることがあったら、声に出してくださいませ。
席主の方はたいそう喜ばれると思います。
2010/10/26(Tue) 00:35 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ROKU3さま
青竹は京都からいつも取り寄せています。
やはり竹の青さが違いますね。
送料もかかってしまうので割高になってしまうのが難点です。
まして半枯れはなかなかなくて貴重なので・・・

サイズだけでなく厚みも重要なので、竹林があっても使えるものは少ないですよね。
ご苦労をお察しいたします。
2010/10/26(Tue) 00:42 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
 素晴らしい設えの茶席だったの
ですね!
 
 「茶の湯ってこういうこと・・・」
思わず一人で拍手しました!
 形式だけを勉強するお稽古でなくて
こんなことを教えて下さる方が 身近に
いて下さったら どんなにいいでしょう。

 お茶を学ぶ若い方 流派を問わず
葉摘みさまのブログを訪れて下さい。
 老若男女 皆さまお越しくださあ~い!
2010/10/26(Tue) 11:57 | URL  | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
日曜日のお茶会の一席・・・藁灰に鉄風炉、そして煙草盆には半枯れの灰吹き・・・・。
ご亭主とお正客様が、それぞれの藁灰や半枯れの灰吹きの作り方を紹介して下さいました。
風邪をおして参加した甲斐がありました。(^^♪
2010/10/26(Tue) 19:33 | URL  | ワスレナグサ #-[ 編集]
  間に合って席入りできてよかったです~
ゆったりしたお席でじっくり楽しめました。

 そして葉摘みさんに見どころを教えていただいて、勉強になりました。
ついつい「ブランドもの」に目が行きますが、それより大切なものがありますね。

 「こういうことがわかる茶人」に少しずつ
近づいてゆきたいです。
2010/10/26(Tue) 22:01 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
みゃあくんのおかあしゃんさま
そんなに言っていただけると・・・
穴を掘って隠れてしまいたくなります(笑
身に余るコメントを励みに存じます。

伝えたいことが少しずつ浸透していくのをうれしく感じています。
2010/10/26(Tue) 22:55 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ワスレナグサさま
正客がめがねの男性で亭主も男性、詰も男性だったあの席かしら?
もしそうだったら正客は茶杓の先生で、亭主は席主のお弟子さんです。

彼は竹に詳しいので作れるといってましたね。
そういうものもあると、心に留めるだけにしてくださいね。
席中で言うのはせっかくご用意なさった先生に対して失礼になります。
本物であれ作り物であれ、半枯れ灰吹きを出したと言うことが大事だと思います。

どんな方々が入られたのか思い返していますが思い出せません。ごめんなさい。
ご挨拶をしたかったわ~。
風邪気味なのによくいらしてくださいました。ありがとうございます。
2010/10/26(Tue) 23:30 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
間に合ってよかったです。私も楽しかったわ!

>それより大切なものがありますね。
すばらしい!そういう気持ちを大事になさってくださいませ。
さらに一歩「わかる茶人」「見える茶人」になっていますね。
2010/10/26(Tue) 23:38 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック