FC2ブログ
しっとりと秋雨にぬれる氷川神社勅使館に
埼玉県芸術文化祭・秋の茶会に行ってまいりました。

表千家と裏千家、そして珍しいお流儀の茶道正傳有楽席。
やはりみなさんが興味をもたれたのは、正傳有楽の立礼席でした。
武家茶道らしく“戦いのさなかの陣屋でのお茶”という設定の
陣屋点前 珍しいセッティング
この棚は「陣盾棚」というのだそうです。
蓋置きは隠架、建水は水こぼしと言い、興味深かったです。

戦の陣屋と言うことで軸などはなく、秋草が大壷にタップリと。
野趣あふれる秋の野の設えに男の方の点前。
久しぶりにキリリとしたお茶を楽しめました。


帰ってみたら
 ガマズミ
秋の野辺便りが届いてました♪


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ
 

【2010/10/10 02:13】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |

正傳有楽
ROKU3
茶道正傳有楽,初めて聞きました。
武家茶道の一つですか。
江戸には藩政だから、藩の数だけあっても
おかしくはないですよね。
町方よりキリっとして男性向きの茶道。
陣屋には女性はいないわな。
興味深い。

ガマズミ、実がだいぶ赤くなってきていますね。



ちょきたら
たっぷりの秋草!
すてきですね~ 
秋の野にある陣屋の趣き。
写真からきりっとした緊張感が漂ってきました。

 私には「はんなり」より
「きりっ」の方が合ってるみたいです(^^ゞ


葉摘み
ROKU3さま
武家茶道は様々な理由でいったん途切れてしまったところが少なくありません。
茶道正傳有楽もその一つ。
織田信長の弟、有楽斉のお茶を伝書から再生させたお流儀です。
有楽流を名乗る流儀はいくつもあり、その一つ。

右に帛紗を付けてました。
左は刀、と説明してました。


葉摘み
ちょきたらさま
武家茶はおもしろいですよ~
やはり男性がしたほうが絵になりますね。

こういうお茶を拝見すると、男性のたしなみや趣味だったことを彷彿させます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
正傳有楽
茶道正傳有楽,初めて聞きました。
武家茶道の一つですか。
江戸には藩政だから、藩の数だけあっても
おかしくはないですよね。
町方よりキリっとして男性向きの茶道。
陣屋には女性はいないわな。
興味深い。

ガマズミ、実がだいぶ赤くなってきていますね。
2010/10/10(Sun) 19:53 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
たっぷりの秋草!
すてきですね~ 
秋の野にある陣屋の趣き。
写真からきりっとした緊張感が漂ってきました。

 私には「はんなり」より
「きりっ」の方が合ってるみたいです(^^ゞ
2010/10/10(Sun) 20:55 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ROKU3さま
武家茶道は様々な理由でいったん途切れてしまったところが少なくありません。
茶道正傳有楽もその一つ。
織田信長の弟、有楽斉のお茶を伝書から再生させたお流儀です。
有楽流を名乗る流儀はいくつもあり、その一つ。

右に帛紗を付けてました。
左は刀、と説明してました。
2010/10/11(Mon) 17:58 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
武家茶はおもしろいですよ~
やはり男性がしたほうが絵になりますね。

こういうお茶を拝見すると、男性のたしなみや趣味だったことを彷彿させます。
2010/10/11(Mon) 18:02 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック