FC2ブログ
雨音に目覚め、あまりに心地よく、雨音に聞き惚れ。。。
・・・寝過ごしました。(汗

昼食のころ大降りでしたが、おやつのころには止みました。
町中がシットリしています。

地も木も草もそして人も、落ち着きを通り戻します。
やはり日本の風土には、DryよりWetのほうが性に合うようです。

西洋との好みの違いがこの辺りにもよく出ています。

庭造りで考えると分かりやすいかも。

ヨーロッパの庭は、均整なシンメトリーで造形的です。
そこに石を細工した彫像を配置します。
人の技が見える総合的な美を楽しみます。
概して日当たりがよく開放的な明るいガーデン。

日本の庭園は、不均整でナチュラルであるよう作ります。
種類や形にこだわるものの、石はそのままの姿で置かれます。
技を前面には出さず、広大な山河を小さな庭に感じて楽しみます。
シットリとして陰影に富んだ落ち着きのある日本庭園。

花瓶にはさまざまな色や種類の花をタップリ入れる西洋に対し
一輪の花に百花を見、白い花に多くの色を見る感性。

その花に露を置き、花入れも水を含ませ、縁から満々と水を覗かせる。
茶碗も水指も、使う前には十分に水につけ潤す。
茶筅通しは、場を火を水を清め、と三つ打つ。
茶巾も水で清めた姿を残し、水気を残して持ち出す。

Wetなものに清浄と美を見出した日本の心を失いたくないと思います。


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ

【2010/09/08 22:32】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

DryとWet
ROKU3
ウーン、なるほど、なるほど。
わび・さびを基礎に心を持った芸術、
方や花を基礎にする人工美。

最近は家の西洋化とともに庭もDry傾向。
以前ローズガーデン作り手伝わされましたよ。

食生活も同様。
日本人は海・山・里の幸、そしてつゆで食べる麺類、Wet料理ですね。
方や乾燥・燻製・缶詰・・Dryですね。

最近これも欧米風に、悪の根源はハンバーガー。
Dryな人間が増えるのは確実。

この辺りで足を止め、日本の衣食住の良さを再確認する必要がありそうです。




葉摘み
ROKU3さま
日本の気候風土にはWetよ!と大きな声で言いたいのですが・・・
最近の日本はインドあたりに引っ越したんではないかと心配になります。

西洋を模倣することで今の発展はあるんでしょうが、おのれのルーツを見捨ててはいけないと思います。
古来日本人は外国文化を上手く日本風に消化してきたはず。
茶の湯だって中国の文化を独自に発展させ、日本の総合芸術に昇格させたんですから。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
DryとWet
ウーン、なるほど、なるほど。
わび・さびを基礎に心を持った芸術、
方や花を基礎にする人工美。

最近は家の西洋化とともに庭もDry傾向。
以前ローズガーデン作り手伝わされましたよ。

食生活も同様。
日本人は海・山・里の幸、そしてつゆで食べる麺類、Wet料理ですね。
方や乾燥・燻製・缶詰・・Dryですね。

最近これも欧米風に、悪の根源はハンバーガー。
Dryな人間が増えるのは確実。

この辺りで足を止め、日本の衣食住の良さを再確認する必要がありそうです。

2010/09/09(Thu) 20:30 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
ROKU3さま
日本の気候風土にはWetよ!と大きな声で言いたいのですが・・・
最近の日本はインドあたりに引っ越したんではないかと心配になります。

西洋を模倣することで今の発展はあるんでしょうが、おのれのルーツを見捨ててはいけないと思います。
古来日本人は外国文化を上手く日本風に消化してきたはず。
茶の湯だって中国の文化を独自に発展させ、日本の総合芸術に昇格させたんですから。
2010/09/09(Thu) 23:19 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック