FC2ブログ
昨日は大宮の大きな花火大会。
今日は近所の小さな祭りと花火大会。 (花火の写真はうまく撮れない・・泣)
打ち上げ花火にブルブル震えるワンコを抱え・・・
夏真っ盛り!!

早いなぁ~
七月も今日で終りです。


「もう半年過ぎちゃったけど・・」と、旧暦カレンダーをいただきました。

今まで手元にあったのは、新暦に付帯する旧暦表示でオマケ程度。
感じをつかむのに想像力を要したのです。
すごくウレシイ!!

このカレンダーは旧暦が主体、オマケの新暦。
今日(7/31)を探すのに戸惑います。

ありました。
今日は水無月の六月二十日です。
カレンダーは当然六月一日からのスタートで、新暦の7/12から始まってます。
梅雨も開け、ほんに水無し月だわ。

二十四節気と七十二候ものっている優れモノのカレンダーで
新暦7/28には、「土潤溽暑」“土がじっとりとして蒸し暑いころ”とある。
う~ん、七十二候もすごい! その通りの日だったわ。


旧暦・太陰暦では月の出ない朔(新月)に始まり、次の朔までを一ヶ月とします。
一ヶ月は二十九日から三十日周期。
365日の一年では当然ずれが出てきますから、
一年を十三ヵとする閏月が数年に一度あるのがおもしろい。


明日の8/1を「八朔」と言いますが、今年八回目の朔(新月)のこと。
新暦では9/8がその日、その頃なら八朔がなぜ始まったに合いますね。

明日は京都などで十職さんが家元に紋付姿でご挨拶に行くことでしょう。
暑いのにご苦労様だなぁ・・と思う反面、
月のめぐり、季節のめぐりと共に生きていた頃の祈りであった行事を、
新暦で形だけ残す事も多く、疑問も感じます。

日本に中国から週が伝わったのは平安のころ。
月火水木金土日・・・陰陽五行が垣間見えます。
吉凶に用いられていたそうです。

本格的に西洋的な太陽暦に切り替ったのは、明治五年(1872)から。
そこに今までの月に携わった行事を当てはめていったから
四季に暮らす日本の祈りが分かり辛くなったんですね。

月とともにある日本の暮らし。

旧暦ってロマンだなぁ~と思うのは不謹慎かしら?


あなたの応援ポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

【2010/07/31 20:41】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |


みゃあくんのおかあしゃん
 最近 和こよみ関係の本がたくさん
出ていますね。
 旧暦に ロマンを感じるのは葉摘みさま
だけではないと思います。
 興味がありますが ちょっとわかり
難い点が多いですね。
 葉摘み様の解説で少しわかりかけて
きました。
 熊本の山都町に 八朔祭りが
あります。
 これも 夏の終わりだから 時期的に
一致しますね。

ブルブル・・・・
でん助
此方も夏祭の季節がやって参りました。子供達がお囃子の練習を町内会の先輩にみてもらっている
夏の夕暮れ時は一年の中でもでん助好みの季節です。そしてつきものは花火大会。
最高に怖いのでなるべく遠くに逃れるようドライブしております。海の花火には山へ。山の大会は海の方へ・・・・。さもないと
花火師の処に行って「止めていただけませんかぁ?」と交渉しかねないv-286です。
あまりの暑さに毛を梳いただけでは収まらず原の毛を3㎜刈のサマーカットにしてもらったv-286です。

旧暦カレンダー
ROKU3
こんばんわ!

いいですね。旧暦カレンダー。
私は地元新聞社からくれる高島易断を使ってますが、
当然旧暦表示はオマケ程度。

●朔何処かな??って感じ。7月は12日、8月は10日、9月は8日が●朔となって、
9/8が旧八朔苦労します。

二十四節気と雑節は一覧、七十二候なんて載ってません。
明日からは大暑の末候、大雨時行です。
大切なのです。旧暦の季節感って。

ロマンじゃないですよ。何と言っても季節感は旧暦です。

頭から無いって思ってました。
私もカレンダー探さなくては。


葉摘み
みゃあくんのおかあしゃんさま
暑い熊本からお帰りなら我が家の涼しさはひとしおなのでは。

今までなんとなくだったのが、一目瞭然のカレンダーなのでよくわかるようになり、ただいま夢中です。
日本ってステキな国だなぁ~とシミジミ思いながら。


葉摘み
でん助さま
クシュもトリミングに行ってきました。
当然夏仕様の5厘カット。
背中を撫ぜると高校球児の頭をイイコイイコしているようです。

これからソコココで始まる花火大会。
ドライブの日々が続くんですね~


葉摘み
ROKU3さま
ROKU3さんも八朔を載せてましたね。
写真が多いので詳しくわかります。
勉強させていただきました。ありがとうございます。

慌ててどこのメーカーか探しました。
㈱シーガルと書いてあり、東京のメーカーのようです。
一目瞭然の分かりやすいカレンダーです。

「水無月」とは…?
たろう
旧暦・二十四節気七十二候と巡る季節・自然そのものを重ねて暮らしてみる、というのは、現代の茶人に必須の実践かと思います。
因みに、「水無月」とは字面通りの「水の無い月」ではなく元来「水の月」の意、と言われますね。ご参考まで。
http://gogen-allguide.com/mi/minazuki.html


葉摘み
たろうさま
ご指摘ありがとうございます。
ジョークのつもりだったのですが、発信する立場ならキチンと書かなくてはいけませんね。
俗説と書いておけば良かったと反省しています。

お気楽な茶の湯好きなので、これからカレンダーで勉強していきます。
ご指導くださいませ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 最近 和こよみ関係の本がたくさん
出ていますね。
 旧暦に ロマンを感じるのは葉摘みさま
だけではないと思います。
 興味がありますが ちょっとわかり
難い点が多いですね。
 葉摘み様の解説で少しわかりかけて
きました。
 熊本の山都町に 八朔祭りが
あります。
 これも 夏の終わりだから 時期的に
一致しますね。
2010/07/31(Sat) 22:47 | URL  | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
ブルブル・・・・
此方も夏祭の季節がやって参りました。子供達がお囃子の練習を町内会の先輩にみてもらっている
夏の夕暮れ時は一年の中でもでん助好みの季節です。そしてつきものは花火大会。
最高に怖いのでなるべく遠くに逃れるようドライブしております。海の花火には山へ。山の大会は海の方へ・・・・。さもないと
花火師の処に行って「止めていただけませんかぁ?」と交渉しかねないv-286です。
あまりの暑さに毛を梳いただけでは収まらず原の毛を3㎜刈のサマーカットにしてもらったv-286です。
2010/08/01(Sun) 15:28 | URL  | でん助 #-[ 編集]
旧暦カレンダー
こんばんわ!

いいですね。旧暦カレンダー。
私は地元新聞社からくれる高島易断を使ってますが、
当然旧暦表示はオマケ程度。

●朔何処かな??って感じ。7月は12日、8月は10日、9月は8日が●朔となって、
9/8が旧八朔苦労します。

二十四節気と雑節は一覧、七十二候なんて載ってません。
明日からは大暑の末候、大雨時行です。
大切なのです。旧暦の季節感って。

ロマンじゃないですよ。何と言っても季節感は旧暦です。

頭から無いって思ってました。
私もカレンダー探さなくては。
2010/08/01(Sun) 22:40 | URL  | ROKU3 #-[ 編集]
みゃあくんのおかあしゃんさま
暑い熊本からお帰りなら我が家の涼しさはひとしおなのでは。

今までなんとなくだったのが、一目瞭然のカレンダーなのでよくわかるようになり、ただいま夢中です。
日本ってステキな国だなぁ~とシミジミ思いながら。
2010/08/01(Sun) 23:01 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
でん助さま
クシュもトリミングに行ってきました。
当然夏仕様の5厘カット。
背中を撫ぜると高校球児の頭をイイコイイコしているようです。

これからソコココで始まる花火大会。
ドライブの日々が続くんですね~
2010/08/01(Sun) 23:13 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ROKU3さま
ROKU3さんも八朔を載せてましたね。
写真が多いので詳しくわかります。
勉強させていただきました。ありがとうございます。

慌ててどこのメーカーか探しました。
㈱シーガルと書いてあり、東京のメーカーのようです。
一目瞭然の分かりやすいカレンダーです。
2010/08/01(Sun) 23:26 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
「水無月」とは…?
旧暦・二十四節気七十二候と巡る季節・自然そのものを重ねて暮らしてみる、というのは、現代の茶人に必須の実践かと思います。
因みに、「水無月」とは字面通りの「水の無い月」ではなく元来「水の月」の意、と言われますね。ご参考まで。
http://gogen-allguide.com/mi/minazuki.html
2010/08/02(Mon) 12:29 | URL  | たろう #GsbZZxQM[ 編集]
たろうさま
ご指摘ありがとうございます。
ジョークのつもりだったのですが、発信する立場ならキチンと書かなくてはいけませんね。
俗説と書いておけば良かったと反省しています。

お気楽な茶の湯好きなので、これからカレンダーで勉強していきます。
ご指導くださいませ。
2010/08/02(Mon) 21:45 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック