漆がよく乾く、湿度の高い日が続いております。
ジッとしていても汗がジワジワと・・・


朝四時起床。 雨が降っています。
鈍翁茶会で雨にあったのは初めてです。
早朝なのに、もうすでに湿度が高い!
着物を着付けていると、シミシミと汗が滴ってきます。

六時過ぎの電車に乗ろうとしゃなりしゃなりと駅に行くと、
人身事故で電車が止まってる!
焦りましたーー!
タクシーが来ない! 更に焦る。
先頭の方にお願いし、乗り合いで大宮へ。
着くやいなや着物姿もなんのその。 
走る走る!
ギリギリ新幹線に間に合いましたーーーっ!

これは「行け」と言う思し召しかと。


山形駅九時到着。
せっかく車中で引いた汗が、ものすごい湿気でまた復活。

会場の清風荘は思いのほか空いていて、少し拍子抜け。
天気がこんななので出足が遅いのでしょうか。
お洋服の方もいつもより多いような。

受付を済ませると、すぐ茶席に案内されました。
鈍翁茶会は案内がよく出来ていて、スムーズに回れます。
入席待ちのストレスが無いのが良いですね。


内容はというと・・・・
去年が良すぎました。
それに濃茶薄茶共に東京の美術商さんなので、毎度のお顔が。
個人的には少し面白みにかけました。

薄茶席が池田瓢阿さんで、茶杓の御本を出したばかりのせいか
数寄者の茶杓をたくさん拝見できたのは面白かったです。

“瓢阿”という名は、鈍翁さんが付けたということを今回知りました。
鈍翁さんの職方だったそうです。
そういえば鈍阿焼という陶器の職方“鈍阿”さんもいましたね。

お父様にかわり道具の説明をした泰輔さんは、着物姿も凛々しく
まだ二十代なのにどうすればあんな落ち着きと気品が身に着くのだろう。
・・・きっと育ちねぇ~

そうそう、コメをいただいた佐藤屋さんのお菓子が薄茶席に。
葛衣の姿も美しく、ヒンヤリ冷やされていて美味しく頂きました。
お見せできないのが残念です。

雨に洗われた庭園は美しく 街中とは思えない
コケを父上のお土産に持ち帰りたくなりました。

手入れが行き届いた清風荘 朝のドタバタはすっかり忘れ去り、
静かなよい時を満喫してまいりました。 
終わり良ければすべて良し・・・とな。


あなたの応援ポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

【2010/06/28 21:18】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |


ひげ
雨の警報が出ていたようですが・・・大丈夫ですか。

真夏のような釧路です・・・明日から少し涼しくなりそうな・・・。


ゆうたん@
こんにちは(^o^)
毎日蒸し暑うございます。着物を着るだけで汗がシミシミ…ほんとにそんな感じですね。
茶会記を大変興味深く拝見いたしました(^o^)。お道具立てが多少?でも、茶会自体の雰囲気をトータルで満喫されたようで、良かったですね♪
瓢阿さんのお名前は鈍翁さんがおつけになられたのですね。確かに瓢阿と鈍阿…なるほどなるほど。
一つまた勉強になりました(^o^)

Re: タイトルなし
葉摘み
ひげさん
ご心配ありがとうございます。
さっきから盛んにドンガラガラ・・とやってます。
梅雨が明けるのかしらね~、なんてのんきです。
でも以前自宅のpcが雷で抹殺されたので、それだけが心配です。
どうやったら回避できるのかしら・・・???


葉摘み
ゆうたん@さま
お陰さまで楽しんでまいりました。
最近生意気になりまして・・・いけませんね~。
でもトータルでは、「来年も行こう!」です。(笑

行けば必ず何かしらの学びがあります。
だから止められない。(笑


でん助
でん助も行って参りました。

葉摘さまに遭遇出来なかったのが残念でしたが、ご案内はスムースでお道具の説明も何回も伺い直す事が出来ますし、人気が無くなると手に取ることも!!!(要 必死の懇願目線)
やはり、伺って良かったです。

!!!それに王子が!!!
かの、王子様&そのお父上様(ナンテ素敵)がしゃれたお話でよりお席を盛り上げてくださいました。


葉摘み
でん助さま
わたしもキョロキョロしたのですが、お会いできなく心残りです。

連れて行ったお嬢2が言ってました。
「濃茶席主のは遠州流だと言ってたし、薄茶のお点前は遠州流だし・・・東北は遠州流が多いの?」


でん助
ハイ、津軽藩・・・つまり弘前や青森はトテモ多いです。でん助は南部藩で岩手の盛岡に属す為、遠州はもの凄く少ないです。

お薄席をお手伝いされていたのは、玉川遠州流で御流儀の名はかねがね伺っておりましたがお初にお目にかかりました。興味深かったです。

遠州公のお掛物にうっとりしてまいりました。
あっv-10大磯茶会の女将・若女将御両名にお会いしましたv-10今年も努力中です。。。頑張ります。。。選挙みたい。。。



葉摘み
でん助さま
勉強になるなぁ~
名君がいた藩はお茶が盛んですね。
津軽藩主は・・・・ダメだ、名がでてこない(泣

玉川遠州流って初めて耳にします。
席主が遠州流とだけ言ってたので、即「でん助さんv-238!」と頭に浮かびました。ちがったのね~

大磯茶会となv-238


竹とんぼ
葉摘みさん 新幹線に乗る前からドラマがあったんですね~
土曜日は快晴でしたが日曜日は生憎の空模様で お召し物大丈夫でしたか?

私は土曜日の午前中に伺いましたが
池田先生ののお席に泰輔さんは見当たらず(T_T)
おふたりの掛けあいを聞かれたでん助さんはラッキーでしたね。

山形は裏千家が多いのですが 鈍翁茶会は煎茶道を含む市内18流派が協力して
当番で各席の手伝いを手伝いをしていますので、たまたま遠州流の方が重なったものと思われます。

待っている間にお話しした方は北海道からとおっしゃってました。
葉摘みさん でん助さんも遠路お越しいただいて
鈍翁茶会は 街おこしに一役かってますね~
 


追伸
でん助
そして青森は先代御家元家 宗慶宗匠が戦後シベリアから戻られ心身共にお疲れの時、(やっとの思いで帰国されたのち当時の茶道会全般にある種疑問をもたれ、何もする気力が失せてしまったとか。。。昨年日本経済新聞に”私の履歴書”として連載されました)先々代お家元(ご両親様)に連れられ訪ねた所でもあるそうです。そして、気力を取り戻されたあるきっかけがおありとか・・・。
 v-281そうですv-281
 ただいま東京 目黒区立美術館にて
 小堀宗慶 紅心 小堀宗慶展 創作と審美眼の世界7月11日まで開催中です。(宣伝になりゴメンナサイ)
大井戸茶碗 喜左衛門 国宝 青井戸 小井戸の名品が一挙に拝見出来る初めての機会だそうです。今まで決して並ぶ事ノ無かった名井戸茶碗が整列しております。
他流さんの皆様にもお楽しみ頂けるかと!!!
でん助宛に御呼びかけ下さればご招待券させ上げること出来ますよぉ~~~。


葉摘み
竹とんぼさま
初日に行かれたんですね。
とても暑かったとタクシーの運転手さんが言ってました。
大変でしたね。
雨にはあたらなかったのですが、汗で・・そっちのほうが大変でした・・(泣

茶作削りでお会いしていたので面識があったのに残念でしたね。
お父様もダンディだったですねぇ~

こういうことで街おこしを図る山形はステキなところですね。
うらやましいです。


葉摘み
でん助さま
青森とは深いご縁があるのですね~
また勉強になりました。

宣伝、全然オッケーです!
私も沢山いただきました。ありがとうございます。

でん助さま
竹とんぼ
おかげさまで 小堀宗慶展 楽しませていただきました。
あの道具のラインアップはなかなか見られません!素晴らしかったです。
紅心宗匠の作品にも 戦争で死を実感した方だからこそ、生命の輝きが昇華したような
美しさを感じました。


竹とんぼさま~
でん助
いらして下さったのでスかぁ!ありがとうございます。私も山形経由でやっと参りました。
感激でした。
もし「でん助ちゃん、どのお茶碗がいいのぉ?」なんて聞いて下さる方が現れたら・・・ナンテ大胆不敵な想像を巡らしたりして、拝見して参りました。


葉摘み
竹とんぼさま&でん助さま
お二人とも行かれたんですね。
私はお客さまに宣伝するばかりで・・・
展示会場の表参道より近いので??行ってみたいと思っています。
行けるかなぁ~・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
雨の警報が出ていたようですが・・・大丈夫ですか。

真夏のような釧路です・・・明日から少し涼しくなりそうな・・・。
2010/06/29(Tue) 18:49 | URL  | ひげ #-[ 編集]
こんにちは(^o^)
毎日蒸し暑うございます。着物を着るだけで汗がシミシミ…ほんとにそんな感じですね。
茶会記を大変興味深く拝見いたしました(^o^)。お道具立てが多少?でも、茶会自体の雰囲気をトータルで満喫されたようで、良かったですね♪
瓢阿さんのお名前は鈍翁さんがおつけになられたのですね。確かに瓢阿と鈍阿…なるほどなるほど。
一つまた勉強になりました(^o^)
2010/06/29(Tue) 20:52 | URL  | ゆうたん@ #TY.N/4k.[ 編集]
Re: タイトルなし
ひげさん
ご心配ありがとうございます。
さっきから盛んにドンガラガラ・・とやってます。
梅雨が明けるのかしらね~、なんてのんきです。
でも以前自宅のpcが雷で抹殺されたので、それだけが心配です。
どうやったら回避できるのかしら・・・???
2010/06/29(Tue) 21:33 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ゆうたん@さま
お陰さまで楽しんでまいりました。
最近生意気になりまして・・・いけませんね~。
でもトータルでは、「来年も行こう!」です。(笑

行けば必ず何かしらの学びがあります。
だから止められない。(笑
2010/06/29(Tue) 21:46 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
でん助も行って参りました。

葉摘さまに遭遇出来なかったのが残念でしたが、ご案内はスムースでお道具の説明も何回も伺い直す事が出来ますし、人気が無くなると手に取ることも!!!(要 必死の懇願目線)
やはり、伺って良かったです。

!!!それに王子が!!!
かの、王子様&そのお父上様(ナンテ素敵)がしゃれたお話でよりお席を盛り上げてくださいました。
2010/06/30(Wed) 10:52 | URL  | でん助 #-[ 編集]
でん助さま
わたしもキョロキョロしたのですが、お会いできなく心残りです。

連れて行ったお嬢2が言ってました。
「濃茶席主のは遠州流だと言ってたし、薄茶のお点前は遠州流だし・・・東北は遠州流が多いの?」
2010/06/30(Wed) 11:24 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ハイ、津軽藩・・・つまり弘前や青森はトテモ多いです。でん助は南部藩で岩手の盛岡に属す為、遠州はもの凄く少ないです。

お薄席をお手伝いされていたのは、玉川遠州流で御流儀の名はかねがね伺っておりましたがお初にお目にかかりました。興味深かったです。

遠州公のお掛物にうっとりしてまいりました。
あっv-10大磯茶会の女将・若女将御両名にお会いしましたv-10今年も努力中です。。。頑張ります。。。選挙みたい。。。
2010/06/30(Wed) 13:30 | URL  | でん助 #-[ 編集]
でん助さま
勉強になるなぁ~
名君がいた藩はお茶が盛んですね。
津軽藩主は・・・・ダメだ、名がでてこない(泣

玉川遠州流って初めて耳にします。
席主が遠州流とだけ言ってたので、即「でん助さんv-238!」と頭に浮かびました。ちがったのね~

大磯茶会となv-238
2010/06/30(Wed) 18:41 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
葉摘みさん 新幹線に乗る前からドラマがあったんですね~
土曜日は快晴でしたが日曜日は生憎の空模様で お召し物大丈夫でしたか?

私は土曜日の午前中に伺いましたが
池田先生ののお席に泰輔さんは見当たらず(T_T)
おふたりの掛けあいを聞かれたでん助さんはラッキーでしたね。

山形は裏千家が多いのですが 鈍翁茶会は煎茶道を含む市内18流派が協力して
当番で各席の手伝いを手伝いをしていますので、たまたま遠州流の方が重なったものと思われます。

待っている間にお話しした方は北海道からとおっしゃってました。
葉摘みさん でん助さんも遠路お越しいただいて
鈍翁茶会は 街おこしに一役かってますね~
 
2010/06/30(Wed) 21:12 | URL  | 竹とんぼ #UbCtKfmc[ 編集]
追伸
そして青森は先代御家元家 宗慶宗匠が戦後シベリアから戻られ心身共にお疲れの時、(やっとの思いで帰国されたのち当時の茶道会全般にある種疑問をもたれ、何もする気力が失せてしまったとか。。。昨年日本経済新聞に”私の履歴書”として連載されました)先々代お家元(ご両親様)に連れられ訪ねた所でもあるそうです。そして、気力を取り戻されたあるきっかけがおありとか・・・。
 v-281そうですv-281
 ただいま東京 目黒区立美術館にて
 小堀宗慶 紅心 小堀宗慶展 創作と審美眼の世界7月11日まで開催中です。(宣伝になりゴメンナサイ)
大井戸茶碗 喜左衛門 国宝 青井戸 小井戸の名品が一挙に拝見出来る初めての機会だそうです。今まで決して並ぶ事ノ無かった名井戸茶碗が整列しております。
他流さんの皆様にもお楽しみ頂けるかと!!!
でん助宛に御呼びかけ下さればご招待券させ上げること出来ますよぉ~~~。
2010/07/01(Thu) 12:57 | URL  | でん助 #-[ 編集]
竹とんぼさま
初日に行かれたんですね。
とても暑かったとタクシーの運転手さんが言ってました。
大変でしたね。
雨にはあたらなかったのですが、汗で・・そっちのほうが大変でした・・(泣

茶作削りでお会いしていたので面識があったのに残念でしたね。
お父様もダンディだったですねぇ~

こういうことで街おこしを図る山形はステキなところですね。
うらやましいです。
2010/07/01(Thu) 22:58 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
でん助さま
青森とは深いご縁があるのですね~
また勉強になりました。

宣伝、全然オッケーです!
私も沢山いただきました。ありがとうございます。
2010/07/01(Thu) 23:02 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
でん助さま
おかげさまで 小堀宗慶展 楽しませていただきました。
あの道具のラインアップはなかなか見られません!素晴らしかったです。
紅心宗匠の作品にも 戦争で死を実感した方だからこそ、生命の輝きが昇華したような
美しさを感じました。
2010/07/02(Fri) 08:17 | URL  | 竹とんぼ #UbCtKfmc[ 編集]
竹とんぼさま~
いらして下さったのでスかぁ!ありがとうございます。私も山形経由でやっと参りました。
感激でした。
もし「でん助ちゃん、どのお茶碗がいいのぉ?」なんて聞いて下さる方が現れたら・・・ナンテ大胆不敵な想像を巡らしたりして、拝見して参りました。
2010/07/02(Fri) 14:17 | URL  | でん助 #-[ 編集]
竹とんぼさま&でん助さま
お二人とも行かれたんですね。
私はお客さまに宣伝するばかりで・・・
展示会場の表参道より近いので??行ってみたいと思っています。
行けるかなぁ~・・・
2010/07/03(Sat) 00:00 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック