FC2ブログ
初夏の日差しのまぶしい中、茶事に行ってまいりました。

勉強会講師である長野先生宅での、小間を使った茶事です。
生徒さん五名のお稽古茶事なので、待合はリラックスムード。
席順は花月札で引き、真ん中の三客が当たりました。

お集まりの中で、おそらく店主が一番経験があると思いますので、
全体的にお稽古としてはナイスなポジションですね。
   (いちばんノホホンとしていられるし。ラッキー♪)

懐石は略式で続きお薄。
ということは、露地周りや問答などの客振りの勉強が主体です。
奥様が亭主で、先生が指導。
息子さんの新さんが水打ちなどの庭番。
和気藹々とした茶事を楽しんでまいりました。


蹲を作ったばかりなので、お庭の蹲が気になります。
コケも美しく 水を運ぶタイプの蹲
やはり露地は時間が美しく作り上げますね。

三畳台目席 二つ山のウロコ灰でした
眉風炉で尺一は珍しい。 (尺○という30センチ径が多いです)
大きな風炉釜に小さな水指。 丸に角。 地味に華やかな取り合わせ。
良いバランスです。

長野先生はお花がほんとうにお上手で。
外国製の花入れに 破れ傘に山紫陽花2種

席中から 新緑がきれいです
小間にしては窓が多く、開放的な明るい作りです。


六月の着物は難しい!
最近の六月は暑いので、更に難しい!
茶事なので縫い紋の単 帰ってからなので・・お目こぼしを
重くなりがちな袋帯は、ザラリとした織で軽やかに涼しげに。
絽の夏襦袢に絽の帯揚げ。帯締めは普通だけど色の薄いものを合わせて。

中旬を過ぎたら帯も帯締めも夏用に代えて、
下旬になったら着物も絽にします。
少しずつジワジワと夏仕様に切り替えていくと良いと思います。


あなたの応援ポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ 

【2010/06/05 22:42】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |


竹とんぼ
素敵ですね~

釜には竹の地紋が見えますが 鐶付が変わっていますね?鬼面ではないような・・・・
古いものでしょうか?

葉摘みさんの 後ろ姿 いつもながら
惚れ惚れします。


ビバ!小間!!
髭熊
いいですねぇ、小間の茶事。
僕もいつかは小間を設えて、茶事をしてみたいです。
風炉先の腰壁が途中から抜けていて面白いですね。
僕はお客さまよりも、裏方を楽しみたいです。亭主七分に客三分、ですものね。


nao
新しいお茶室なんですよね。
色絵の華やかな水指も、素敵ですね。
楽しいお茶事の様子が伺えました。


葉摘み
竹とんぼさま
良くごらんになりましたね!
作は正客役の方がお聞きにならなかったので分かりませんが、
たぶん長野先生のお作ですね。 肌がそんな感じでした。

お目汚しですが。
この時期の茶事の着物の参考になればと載せております。


ちょきたら
華やかだけど涼しげな印象もうける
水指ですね。

 にじり口に柱がありますね。
あれは何と言うものですか?
入りにくくないのですか?

 葉摘みさんの着物姿、
ほれぼれします~(*^_^*)
この時期の着物は難しいですね。


葉摘み
髭熊さま
小間・・・いいよねぇ~
うちは広間しかないので、ほんとうにうらやましいです。

この小間は織部好みかなぁ・・・洒脱なつくりです。

裏方は楽しいですよね!
私も裏方の達人になりたいです。


葉摘み
naoさま
いえいえ、茶室を作られてから12年くらい経ってます。
時が部屋に魅力を加えています。
障子が良いでしょ。継ぎ目のある和紙を張ってます。
最近はこういう障子紙がないのよねぇ。



葉摘み
ちょきたらさま
にじり口の向こうにある柱は、近く見えるけど離れて立ってますよ。
雨よけの軒が深く出ていて、それを支える柱です。

過渡期の着物は難しいですね。
難しいからこそ学ぶ余地があって面白いです。
何十年も着物を着てきて、やっとこさっとこですから。


nao
>葉摘み様
席主のお手入れも、カメラマンの腕も良いと
言う事ですね。


葉摘み
naoさま
そうそう、畳は変えたといってました。
だから新しく見えたのね。

写真の腕は・・・最近のバカチョンデジカメは優秀です(笑

管理人のみ閲覧できます
-



葉摘み
鍵コメさま
いつもありがとう!
うれしいわ~♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素敵ですね~

釜には竹の地紋が見えますが 鐶付が変わっていますね?鬼面ではないような・・・・
古いものでしょうか?

葉摘みさんの 後ろ姿 いつもながら
惚れ惚れします。
2010/06/06(Sun) 06:02 | URL  | 竹とんぼ #-[ 編集]
ビバ!小間!!
いいですねぇ、小間の茶事。
僕もいつかは小間を設えて、茶事をしてみたいです。
風炉先の腰壁が途中から抜けていて面白いですね。
僕はお客さまよりも、裏方を楽しみたいです。亭主七分に客三分、ですものね。
2010/06/06(Sun) 18:38 | URL  | 髭熊 #-[ 編集]
新しいお茶室なんですよね。
色絵の華やかな水指も、素敵ですね。
楽しいお茶事の様子が伺えました。
2010/06/06(Sun) 20:58 | URL  | nao #-[ 編集]
竹とんぼさま
良くごらんになりましたね!
作は正客役の方がお聞きにならなかったので分かりませんが、
たぶん長野先生のお作ですね。 肌がそんな感じでした。

お目汚しですが。
この時期の茶事の着物の参考になればと載せております。
2010/06/06(Sun) 21:57 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
華やかだけど涼しげな印象もうける
水指ですね。

 にじり口に柱がありますね。
あれは何と言うものですか?
入りにくくないのですか?

 葉摘みさんの着物姿、
ほれぼれします~(*^_^*)
この時期の着物は難しいですね。
2010/06/06(Sun) 22:00 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
髭熊さま
小間・・・いいよねぇ~
うちは広間しかないので、ほんとうにうらやましいです。

この小間は織部好みかなぁ・・・洒脱なつくりです。

裏方は楽しいですよね!
私も裏方の達人になりたいです。
2010/06/06(Sun) 22:04 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
naoさま
いえいえ、茶室を作られてから12年くらい経ってます。
時が部屋に魅力を加えています。
障子が良いでしょ。継ぎ目のある和紙を張ってます。
最近はこういう障子紙がないのよねぇ。
2010/06/06(Sun) 22:08 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
にじり口の向こうにある柱は、近く見えるけど離れて立ってますよ。
雨よけの軒が深く出ていて、それを支える柱です。

過渡期の着物は難しいですね。
難しいからこそ学ぶ余地があって面白いです。
何十年も着物を着てきて、やっとこさっとこですから。
2010/06/06(Sun) 22:14 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
>葉摘み様
席主のお手入れも、カメラマンの腕も良いと
言う事ですね。
2010/06/07(Mon) 11:14 | URL  | nao #-[ 編集]
naoさま
そうそう、畳は変えたといってました。
だから新しく見えたのね。

写真の腕は・・・最近のバカチョンデジカメは優秀です(笑
2010/06/08(Tue) 00:55 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/08(Tue) 19:15 |   |  #[ 編集]
鍵コメさま
いつもありがとう!
うれしいわ~♪
2010/06/09(Wed) 00:14 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック