このところ茶会に行く機会が多いので、自ずとさまざまなお菓子を頂きます。
どれも席主の方が苦労なさってご用意された、
季節感のあるキレイで美味しいお菓子 
毎回美味しく頂いております。

茶席のお菓子はさまざまあって、お菓子を出す場もさまざまです。

茶事(ちゃじ)と呼ばれる懐石料理とお茶がセットになって少人数で行なう茶会の時は
 濃茶 → 主菓子 (上生菓子やお饅頭etc)
    薄茶 → 干菓子 (お煎餅や落雁etc)

ここにも陰陽が関係していて
  濃茶は小間や薄暗い席中でたてる 
  主菓子はシットリしているので 湿  陰の席に向きます。

  薄茶は広間や明るい席中でたてる 
  干菓子は乾いているので   陽の席に向きます。

一般的な大寄せの茶会(いつも報告しているタイプ)は、
以前書いた‘四っ頭の茶会’に近く、大勢にお茶をふるまう様式です。
 濃茶 → 主菓子
    薄茶 → 主菓子・干菓子どちらでも良い 

 ちなみに「四っ頭の茶会」のお菓子は
 “サイコロ大のコンニャク”を醤油煮にしたものと建長寺の打ち菓子でした。
 京都の建仁寺で行なわれる「四っ頭の茶会」も
 醤油煮のサイコロコンニャクが出たので、何かいわれがあるのでしょうね。
 と思われるでしょうが、これがなかなか美味しいんです!

やまぼうしの照葉と白玉椿 20061114183805.jpg
「○無尽蔵」 ○は円相(えんそう)といい“無限”とか“宇宙”などを表します。
ゼロと違って下から時計回りに筆を運びます。

明日はお菓子のご紹介・ ポチッとお願いします。
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2006/11/14 18:32】 | 茶の湯菓子のこと
トラックバック(0) |


ITC
茶会にコンニャクの煮物!?
どんないわれがあるんでしょうね(*^_^*)
初めて知ったことで、今日も「へぇ~」でした♪


葉摘み
ITC さま
早速のご来店ありがとうございます。
想像がつかないでしょ。
椿の葉の上に乗っていて楊枝が指してあるの。
利休さんのころは甘いものがなかったから、木の実や果物でお茶を飲んだのだけど、その名残りかなぁ・・と想像してます。


グリーンホース
いろんなところで、裏表がでてきますね。
ちょっと気ななったことは、苦手な菓子など出てきた時は、残すのは有りですか?



つなさらだ
コンニャクですか?
おもしろいですね。
そういえば、春だったけど、先生の先生の自宅の茶事で、干菓子として、ツクシの砂糖煮が出されたことがありました。
すんごくおいしかったです。


葉摘み
グリーンホースさま
ありです!だって食べられないのは・・・
見つからないようにこっそり懐紙に包んで持ち帰ります。
一応お菓子は取らないとね。。
店主は甘いもの大好きなのでほとんど完食だけど(笑)

つなさらださま
素敵な先生ですね!
お菓子で季節感と驚きをお客様に感じてもらえたら、もてなす側の冥利に尽きます!

ほんに勉強になる
すずめ
決まりごとは何のためにあるのでしょう?
きっと、そのほうが気持ちよくお茶をおもてなしできるからでしょうか・・・
それだけ、たくさんの時間がお茶をする歴史があったのでしょうね。
和菓子食べたーい!!

まんじゅうこわい
kazumi
なんとなく知っていることがクリアーになります。すっきり爽快!トリビアなら「満へぇー」です。
 でも読んでいると和菓子が食べたくなるのは私だけ?


葉摘み
すずめさま
す・するい!!びっくりだよ!
茶道の本質をズバリ言い当てた!大当たり&大正解!!
いやぁ、なまじの経験者でも気付けないことを・・おそるべし、すずめさん(@@)ノ

長い年月を掛けて築いていった“ディスプレーの美意識”が“流儀・流派”となって伝承されたんだ。
(腰を抜かしそうになったよ、すずめさんや。)

レイアウトやディスプレ-のセンスって点では、kazumi のお仕事にも通じるものがあると思うのだけど。

kazumi さま
コメ↑、どうでしょうか?

今日書くブログはたまりませんぜ、奥さん!(オヤジ風)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
茶会にコンニャクの煮物!?
どんないわれがあるんでしょうね(*^_^*)
初めて知ったことで、今日も「へぇ~」でした♪
2006/11/14(Tue) 19:45 | URL  | ITC #-[ 編集]
ITC さま
早速のご来店ありがとうございます。
想像がつかないでしょ。
椿の葉の上に乗っていて楊枝が指してあるの。
利休さんのころは甘いものがなかったから、木の実や果物でお茶を飲んだのだけど、その名残りかなぁ・・と想像してます。
2006/11/14(Tue) 21:53 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
いろんなところで、裏表がでてきますね。
ちょっと気ななったことは、苦手な菓子など出てきた時は、残すのは有りですか?
2006/11/14(Tue) 23:24 | URL  | グリーンホース #-[ 編集]
コンニャクですか?
おもしろいですね。
そういえば、春だったけど、先生の先生の自宅の茶事で、干菓子として、ツクシの砂糖煮が出されたことがありました。
すんごくおいしかったです。
2006/11/15(Wed) 00:13 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
グリーンホースさま
ありです!だって食べられないのは・・・
見つからないようにこっそり懐紙に包んで持ち帰ります。
一応お菓子は取らないとね。。
店主は甘いもの大好きなのでほとんど完食だけど(笑)

つなさらださま
素敵な先生ですね!
お菓子で季節感と驚きをお客様に感じてもらえたら、もてなす側の冥利に尽きます!
2006/11/15(Wed) 00:53 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ほんに勉強になる
決まりごとは何のためにあるのでしょう?
きっと、そのほうが気持ちよくお茶をおもてなしできるからでしょうか・・・
それだけ、たくさんの時間がお茶をする歴史があったのでしょうね。
和菓子食べたーい!!
2006/11/15(Wed) 08:04 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
まんじゅうこわい
なんとなく知っていることがクリアーになります。すっきり爽快!トリビアなら「満へぇー」です。
 でも読んでいると和菓子が食べたくなるのは私だけ?
2006/11/15(Wed) 09:21 | URL  | kazumi #-[ 編集]
すずめさま
す・するい!!びっくりだよ!
茶道の本質をズバリ言い当てた!大当たり&大正解!!
いやぁ、なまじの経験者でも気付けないことを・・おそるべし、すずめさん(@@)ノ

長い年月を掛けて築いていった“ディスプレーの美意識”が“流儀・流派”となって伝承されたんだ。
(腰を抜かしそうになったよ、すずめさんや。)

レイアウトやディスプレ-のセンスって点では、kazumi のお仕事にも通じるものがあると思うのだけど。

kazumi さま
コメ↑、どうでしょうか?

今日書くブログはたまりませんぜ、奥さん!(オヤジ風)
2006/11/15(Wed) 16:42 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック