FC2ブログ
店のPCはなかなか仕事で忙しく、自宅書きに逆戻り。
帰宅30秒なので、それもアリですね。有楽侘助だと思いますが・・


昨日はブログ友宅に、初釜にお呼ばれしてきました。
客が二名Onlyの贅沢茶事です。

実は十二日の遠州流家元の初釜後体調を崩し、
その後の初釜をキャンセルしていたので、とっても楽しみにしていました。
ほんとに久しぶりのアットホームな初釜です。

いいですねぇ~
無理せず気負わず自分の工夫でお茶を取り入れ、楽しんで方にお会いするのは。
日々の生活が主の中で、お茶を趣味の範囲で心から楽しんでいる姿勢は
とっても好感が持てました。
随所に工夫が見られ、とても勉強にもなります。

高層マンションの一室。
リビングを待合にし、白湯をいただきます。
色紙と干支が飾ってあってお迎えする席主の心が伝わります。

次の間の六畳が茶室に設えてあります。
床の間がないので板を敷き、茶花(椿)を置いて、横軸「瑞雲」が掛かっています。
炉は置炉。
糸巻棚にブリブリ香合と羽箒。
炭点前から始まって、心尽しの手製点心に煮物碗。
亭主の点前で濃茶をいただき、薄茶を客が交代で点てました。


実は置炉でお点前するのは初めて。
商売で扱っていながら、恥ずかしい限りです。
炉が畳から上がっているとなんだか勝手が違う、と言うことが体験でき
すごく良い勉強です。

棗と茶筅を流して置かなくちゃいけないのに、棚前に置き付けるという失態。(恥
棚と炉とが立ちふさがっているので、その狭間に置くのはなんか違うと勘違い。
練習不足の言い訳ですね。(汗
そんな経験も、やってみたからこそ出来たこと。
とても面白かったです。

これから置炉を販売するとき、良いアドバイスができると思います。

やるは一時の恥。白玉椿と蝋梅を店に
やらぬは一生の恥。


あなたの応援ポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ 

【2010/01/26 21:03】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

 知る得
小紋
わからないことを聞くことは 恥ずかしくもありますが
 おしえをこうて わかったときは ほんとうにうれしいですね。また教えることは 
 おそわることでもあり 何かを学び続けることは 大事なことだと思ったしだいです。


葉摘み
小紋さま
知ったかぶりは何も知らないでいることだと、いい年になってわかるようになりました。
好奇心に磨きをかけなくちゃ・・ね。小紋がお手本です。

>教えることは おそわることでもあり 何かを学び続けることは 大事なことだと思ったしだいです。
う~む、名言です!

はーい!仲間に入れてぇ~!!
でん助
好奇心に磨きをかける会入会希望ですv-290
知らない世界に出会えるのは人生の宝と信じております。
心豊かにしてくれます。。。たとえ財布の中身は乏しくとも。。。。あぁ、お話ずれそうなのでこの辺でv-306
好奇心といえば・・・でん助、先日生まれてはじめての短歌会なるものに参加してまいりました。これは、でん助かねてよりの願いでございました。お道具によく歌銘がつけられておりますが、いまひとつ理解できないので、いっそ習おう!と思ったわけです。幸い、当地ではかなりの実績をお持ちの歌人の下、始めたのですが、「どのようにして作ったらよいのでしょうか?」の質問に先生曰く「57577です。それで充分です」とのお返事。
作りました。まじめに。
感じたことは自分がいかに日本語を知らないか、いかに曖昧な言葉を発しているか。うぅぅぅ~~~v-292こんなことを伝えたいのに見つかりません、適切な語尾が。あぁぁぁv-292あの瞬間を表現したいのに・・・ナント言ったらしいのかしら?v-409この連続です。
でも、なんか短歌に挑戦するとなってから、物事を大切に観るようになった気がいたします。
えぇ???どうだったかって???
でん助以外はかなりの短歌歴をお持ちのメンバーばかりにまず戸惑い(新聞に掲載際されるような方々)
でん助の傑作に皆様もう吃驚e-451「素直なうたですね」と・・・・・。
素直って便利な言葉です。奥深い言葉です。・・・・・・素直にも程があるよなぁ~。
思い出しました高校時代の悪夢。
話は長くなりますが聞いてくださいマシ。
当時アタクシ音大目指して、夜行に乗って東京までレッスンに通っていたザンス。当然学校の音楽の先生もそのことはご存知で、丁度音楽の授業で作曲について学んでいたとき、先生はかの名曲日本の心「春が来た」を賞賛されました。単純なメロディーながら心に染み入る・・・とかなんとか。格好をつけずに素直な気持ちで皆も作曲するように。宿題24小節の作曲でした。
アタクシ「春が来た」を参考にし、四分音符だらけのプリミティーフかつ純真なな曲を作っていったんザンス。次々に生徒は当てられ、あまり芳しくない様子に、アタクシに白羽の矢が当たったわけでございマス。東京でのレッスンに夜汽車にまで乗るでん助なら、素ん晴しい曲を披露するに違いない!と先生は思ったのです。
アタクシの曲が弾かれました。笑いがあちこちからこぼれます。。。。。悪気がないだけ救いようがございません。
「どういうつもりで、このような曲になったの?」問い詰める先生に「先生、「春が来た」が素晴しいっておっしゃったから見習って!」絶句されました。
そうです。
初めての短歌会もまさにこの調子だったのです。
人間16歳も40うっぅぅぅぅ歳も根っこのところでは変わらないようです。
今日も素直に57577~~~




葉摘み
でん助さま
でん助さんってステキ!最高ブラボー!!
そうやってあのホンワカヌクヌクとした雰囲気が作られていったんですね。
いつも可愛らしくていいなぁ~と無いものねだり承知で憧れてたんですよー。

遠州さんは必ずと言っていいほど歌名がつきますものね。
よそから見る分には「こういうのっていいなぁ~」なんだけど
内側だと必須の部分が多いだろうね。

あぁ・・お茶ってやること勉強することがきり無しだわぁ~

「永遠の好奇心保持の会」入会を許す。(上から目線・・(笑)


かおる
初めてコメントさせていただきます。
表千家でお稽古させてもらっていますが、茶室などとても作れそうにありません。
でも、普通の和室はあります。
置炉と言うのは畳みの上に置くのですか?
確かに普通の炉と違って、高くなりますよね。
表千家では置き炉でお点前しても良いのでしょうか?
良いのなら、欲しいな~と思いますが。


葉摘み
かおるさま
初コメ、ありがとうございます。

置炉と言うのは炉が切れない場合に使う、文字通り畳上に置く炉です。
四角い(炉の大きさ)の火鉢を想像してもらうと近いかも。
どの流儀でも使えますよ。
炉が切れないけど炉のお稽古がしたーい、という方には良いかもしれません。
畳下の炉とは勝手が違うのをご承知くださいね。


ありがとうございました
かおる
さっそくのお返事ありがとうございます

古河界隈に住んでいますので、いつか相談に伺うかもしれません。
よろしくお願いします


葉摘み
かおるさま
まぁー!お近くなんですね。
どうぞ遊びにいらしてくださいませ。
ご相談大歓迎です。

お待ち申しあげております。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 知る得
わからないことを聞くことは 恥ずかしくもありますが
 おしえをこうて わかったときは ほんとうにうれしいですね。また教えることは 
 おそわることでもあり 何かを学び続けることは 大事なことだと思ったしだいです。
2010/01/27(Wed) 05:55 | URL  | 小紋 #-[ 編集]
小紋さま
知ったかぶりは何も知らないでいることだと、いい年になってわかるようになりました。
好奇心に磨きをかけなくちゃ・・ね。小紋がお手本です。

>教えることは おそわることでもあり 何かを学び続けることは 大事なことだと思ったしだいです。
う~む、名言です!
2010/01/27(Wed) 11:42 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
はーい!仲間に入れてぇ~!!
好奇心に磨きをかける会入会希望ですv-290
知らない世界に出会えるのは人生の宝と信じております。
心豊かにしてくれます。。。たとえ財布の中身は乏しくとも。。。。あぁ、お話ずれそうなのでこの辺でv-306
好奇心といえば・・・でん助、先日生まれてはじめての短歌会なるものに参加してまいりました。これは、でん助かねてよりの願いでございました。お道具によく歌銘がつけられておりますが、いまひとつ理解できないので、いっそ習おう!と思ったわけです。幸い、当地ではかなりの実績をお持ちの歌人の下、始めたのですが、「どのようにして作ったらよいのでしょうか?」の質問に先生曰く「57577です。それで充分です」とのお返事。
作りました。まじめに。
感じたことは自分がいかに日本語を知らないか、いかに曖昧な言葉を発しているか。うぅぅぅ~~~v-292こんなことを伝えたいのに見つかりません、適切な語尾が。あぁぁぁv-292あの瞬間を表現したいのに・・・ナント言ったらしいのかしら?v-409この連続です。
でも、なんか短歌に挑戦するとなってから、物事を大切に観るようになった気がいたします。
えぇ???どうだったかって???
でん助以外はかなりの短歌歴をお持ちのメンバーばかりにまず戸惑い(新聞に掲載際されるような方々)
でん助の傑作に皆様もう吃驚e-451「素直なうたですね」と・・・・・。
素直って便利な言葉です。奥深い言葉です。・・・・・・素直にも程があるよなぁ~。
思い出しました高校時代の悪夢。
話は長くなりますが聞いてくださいマシ。
当時アタクシ音大目指して、夜行に乗って東京までレッスンに通っていたザンス。当然学校の音楽の先生もそのことはご存知で、丁度音楽の授業で作曲について学んでいたとき、先生はかの名曲日本の心「春が来た」を賞賛されました。単純なメロディーながら心に染み入る・・・とかなんとか。格好をつけずに素直な気持ちで皆も作曲するように。宿題24小節の作曲でした。
アタクシ「春が来た」を参考にし、四分音符だらけのプリミティーフかつ純真なな曲を作っていったんザンス。次々に生徒は当てられ、あまり芳しくない様子に、アタクシに白羽の矢が当たったわけでございマス。東京でのレッスンに夜汽車にまで乗るでん助なら、素ん晴しい曲を披露するに違いない!と先生は思ったのです。
アタクシの曲が弾かれました。笑いがあちこちからこぼれます。。。。。悪気がないだけ救いようがございません。
「どういうつもりで、このような曲になったの?」問い詰める先生に「先生、「春が来た」が素晴しいっておっしゃったから見習って!」絶句されました。
そうです。
初めての短歌会もまさにこの調子だったのです。
人間16歳も40うっぅぅぅぅ歳も根っこのところでは変わらないようです。
今日も素直に57577~~~

2010/01/27(Wed) 14:08 | URL  | でん助 #-[ 編集]
でん助さま
でん助さんってステキ!最高ブラボー!!
そうやってあのホンワカヌクヌクとした雰囲気が作られていったんですね。
いつも可愛らしくていいなぁ~と無いものねだり承知で憧れてたんですよー。

遠州さんは必ずと言っていいほど歌名がつきますものね。
よそから見る分には「こういうのっていいなぁ~」なんだけど
内側だと必須の部分が多いだろうね。

あぁ・・お茶ってやること勉強することがきり無しだわぁ~

「永遠の好奇心保持の会」入会を許す。(上から目線・・(笑)
2010/01/27(Wed) 16:44 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
初めてコメントさせていただきます。
表千家でお稽古させてもらっていますが、茶室などとても作れそうにありません。
でも、普通の和室はあります。
置炉と言うのは畳みの上に置くのですか?
確かに普通の炉と違って、高くなりますよね。
表千家では置き炉でお点前しても良いのでしょうか?
良いのなら、欲しいな~と思いますが。
2010/01/27(Wed) 22:35 | URL  | かおる #rId1tC1Q[ 編集]
かおるさま
初コメ、ありがとうございます。

置炉と言うのは炉が切れない場合に使う、文字通り畳上に置く炉です。
四角い(炉の大きさ)の火鉢を想像してもらうと近いかも。
どの流儀でも使えますよ。
炉が切れないけど炉のお稽古がしたーい、という方には良いかもしれません。
畳下の炉とは勝手が違うのをご承知くださいね。
2010/01/28(Thu) 00:07 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ありがとうございました
さっそくのお返事ありがとうございます

古河界隈に住んでいますので、いつか相談に伺うかもしれません。
よろしくお願いします
2010/01/28(Thu) 10:01 | URL  | かおる #rId1tC1Q[ 編集]
かおるさま
まぁー!お近くなんですね。
どうぞ遊びにいらしてくださいませ。
ご相談大歓迎です。

お待ち申しあげております。
2010/01/28(Thu) 14:20 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック