店が引っ越すとなると、やることがたくさんあって驚きます。
電話や郵便物、PCや宅急便集配の移転も仕事がらみなので
お客さまがお困りにならないよう、途切れずに移行しなければなりません。
タイミングを見計らってのスケジュール計画に無い頭を絞りましたが
あと一週間となると、どうにかこうにかなっているものです。
「案ずるより生むが安し」 ボケも咲きだした!


お客さまと年末と正月の道具組を話していて
「年末は最も陰だし、新年は最上の陽だから・・」とお伝えしたことから
茶の湯の中の陰陽のお話になりました。

なかなか難しいと思われがちですが、簡単な仕分けをお話します。

<陽> 天・春夏・火・男・熱・乾・明・太陽・右・上・丸・朝・奇数
<陰> 地・秋冬・水・女・冷・湿・暗・月 ・左・下・角・夜・偶数  など

これらから茶の湯のあれこれを考え合わせてみると
炉は畳から下に火があり、香は練り香で、寒い時期であり、
陰の気が強いことが伺えます。
その中でも年末は、最も陰が強いことが分かりますね。
でも新年は一の月であり、春のスタートなので最上の陽となります。

旧暦の考え方を新暦でやるので戸惑いがありますが
今の茶の湯は新暦で動いているので仕方がありません。
がんばって想像してみましょう。

いろいろの茶の湯の道具や点前、行事を当てはめて考えると
なかなかにおもしろいですよ。

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ 

【2009/12/18 19:28】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック