十二月が近いことを忘れるような暖かな日です。

忙しい日々を過ごしております。
没頭できることがあるのはいいことです。
ちょっとした隙間に入り込んでくるものがありますが
仕事をしているおかげで、囚われずにいます。



なかなか口に出せなくて・・・・・

十一月七日にアシュが逝ってしまいました。
翌八日は母の命日。
母が迎えに来てくれたので、寂しくなかったと思います。

アシュを気にかけ、たくさん励ましていただいて、
本当にありがとうございました。



仲良しの写真のつもりで。 最後の2ショット
アシュの腰を、クシュがしきりになめてました。
痛いところがどうしてクシュにわかるんでしょうね。


【2009/11/27 16:16】 | 我が家のワン’s
トラックバック(0) |


みゃあくんのおかあしゃん
 心からお悔やみ申し上げます。
 悲しみが癒えるのには時間がかかると思いますが 無理に
悲しみに蓋をしない方がいいかもしれません。
 私は昨年5月に18才(19歳かもしれない)の愛猫を旅立たせました。
 悲しみが消える事はありませんが 一緒に暮らしてくれて
沢山の事を教わり 和ませてくれたことを感謝するこの頃です。 アッシュくんは葉摘み様ご一家に愛されて幸せなワン生だったでしょう。合掌
 


でん助
お悔やみ申し上げます。
そうだったんですか・・・・。
具合の悪いワン子と出会う度にアッシュちゃんのお話をして元気付けておりました。がんばりましたね、本当に、がんばってくれましたね。アッシュちゃん幸せだったでしょう。葉摘さまも幸せなときをお過ごしでしたでしょう。
今は悲しくて寂しくて・・・・。なんか、言葉が足りません。ただただお悔やみ申し上げます。合掌


ちょきたら
 お悔やみ申し上げます。
愛する家族とのお別れは、どんなに悲しくつらいことでしょう。


 アシュちゃん、よくがんばりましたね。
わたしも励まされました。

管理人のみ閲覧できます
-



葉摘み
みなさまへ
やさしく慰めの言葉をかけてくれてありがとうございます。
声をかけられないでいる方の気遣う気持ちも、シミジミと伝わっています。

うれしいことは大きな声で「聞いて!」と言えるのに
どうしてもどうしても言葉にできませんでした。

家での会話もあの日にはなるべく触れないようにして、
でもお互いの様子を気遣って、
無理にも用事を作り暇な時間を作らないようにして・・・・
そんな風に過ごしてました。


アシュを思ってくださる方にご報告が出来るようになったということは、
よいことと思ってください。

そして・・・
ひげさん、ご恩は一生胸に刻み忘れません。
ありがとうございました。

お悔やみ申し上げます
sign
はじめまして。
お茶を習い始めてから、時々拝見させていただいていました。
心よりお悔やみ申し上げます。
わたしの家でも、私が小さいころから何匹も犬を飼ってきましたが、何度お別れを経験しても、慣れることのできるものではないですね。
時間が解決してくれるものですので、今は忙しくされるのが一番だと思いますが、無理はなさらないように、お体には十分お気を付け下さい。


葉摘み
signさま
始めまして。コメありがとうございます。

写真を見ていると目がうるおってきますが、立ち止まってる暇がないのが救いです。
今年は依然飼っていたワンコの13回忌でもあり、
アシュも遊び相手がいるので楽しくしていると思います。

おもいやりのコメ、感謝です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 心からお悔やみ申し上げます。
 悲しみが癒えるのには時間がかかると思いますが 無理に
悲しみに蓋をしない方がいいかもしれません。
 私は昨年5月に18才(19歳かもしれない)の愛猫を旅立たせました。
 悲しみが消える事はありませんが 一緒に暮らしてくれて
沢山の事を教わり 和ませてくれたことを感謝するこの頃です。 アッシュくんは葉摘み様ご一家に愛されて幸せなワン生だったでしょう。合掌
 
2009/11/27(Fri) 17:04 | URL  | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
お悔やみ申し上げます。
そうだったんですか・・・・。
具合の悪いワン子と出会う度にアッシュちゃんのお話をして元気付けておりました。がんばりましたね、本当に、がんばってくれましたね。アッシュちゃん幸せだったでしょう。葉摘さまも幸せなときをお過ごしでしたでしょう。
今は悲しくて寂しくて・・・・。なんか、言葉が足りません。ただただお悔やみ申し上げます。合掌
2009/11/27(Fri) 20:08 | URL  | でん助 #-[ 編集]
 お悔やみ申し上げます。
愛する家族とのお別れは、どんなに悲しくつらいことでしょう。


 アシュちゃん、よくがんばりましたね。
わたしも励まされました。
2009/11/27(Fri) 22:56 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/28(Sat) 01:21 |   |  #[ 編集]
みなさまへ
やさしく慰めの言葉をかけてくれてありがとうございます。
声をかけられないでいる方の気遣う気持ちも、シミジミと伝わっています。

うれしいことは大きな声で「聞いて!」と言えるのに
どうしてもどうしても言葉にできませんでした。

家での会話もあの日にはなるべく触れないようにして、
でもお互いの様子を気遣って、
無理にも用事を作り暇な時間を作らないようにして・・・・
そんな風に過ごしてました。


アシュを思ってくださる方にご報告が出来るようになったということは、
よいことと思ってください。

そして・・・
ひげさん、ご恩は一生胸に刻み忘れません。
ありがとうございました。
2009/11/28(Sat) 19:14 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
お悔やみ申し上げます
はじめまして。
お茶を習い始めてから、時々拝見させていただいていました。
心よりお悔やみ申し上げます。
わたしの家でも、私が小さいころから何匹も犬を飼ってきましたが、何度お別れを経験しても、慣れることのできるものではないですね。
時間が解決してくれるものですので、今は忙しくされるのが一番だと思いますが、無理はなさらないように、お体には十分お気を付け下さい。
2009/11/29(Sun) 16:38 | URL  | sign #ntbreMG6[ 編集]
signさま
始めまして。コメありがとうございます。

写真を見ていると目がうるおってきますが、立ち止まってる暇がないのが救いです。
今年は依然飼っていたワンコの13回忌でもあり、
アシュも遊び相手がいるので楽しくしていると思います。

おもいやりのコメ、感謝です。
2009/11/29(Sun) 17:19 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック