FC2ブログ
いつも店には花を飾っています。
茶道具を展示しているコーナーには、五・六ヶ所に茶花を入れています。
二ヶ所は掛け花で、あとは置きの形です。竹花入れに

ないとお客さまがガッカリされるので切らしたことはありません。
その時期に咲いている拙庭の花を切り、たいそうな花でもありません。

ここでも良く茶花を載せますね。
花がすきなんです。 入れることも好きです。

そのせいかどうか、茶花のご相談は良く受けます。
最近は「どこで習ったの?」とか「茶花の先生をご紹介ください」とか
聞かれることもあります。

店主は生け花は習いましたが、茶花はほぼ独学の自己流です。
先生に習うものでもないとも思っています。



茶席に花を飾るというのは、侘び茶以前の書院茶のときに始まります。
書院の茶は立花(生け花のルーツ)を入れていましたが (一双で飾ることもあったようです)
侘び茶が生まれた頃は小間に似合うよう模索し、簡素化していったようです。

立花は真の花です。
真の花は真の花入れに入れます。 おのずと薄板も真になります。
それ以外は草が多いです。
流儀が確立すると、流儀の好みの入れ方が生まれていきます。
歴史と観察から、花の入れ方と花入を学んでいきました。


でも茶花に悩んでいる人には、そんなことを言われても・・・ですね。

習うより慣れろだ!という店主に、ときどき茶花を入れるお嬢2を見ていると
生け花を習ったことがないというのはハンデだと思います。
生け花は花と語らうことを教えてくれ、水揚げや花茎の切り方を教わります。
投入れの花止めの仕方や、口の大きな花入れの入れ方などの知恵は
生け花を習う中で教わりました。
そのときの基礎が茶花を入れるときに生かされます。
昔の茶人も立花を経ることによって、茶花に到達したのでしょうね。


茶の湯は席中のすべてが席主を表すお茶なので、
その場で、その席に似合った花入れに、時候に似合った花を、
その人の感性で入れるので良いのではないか、というのが店主の結論です。

気が楽になった? かえって重くなったかしら?


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ  

【2009/10/23 20:34】 | 茶花のこと
トラックバック(0) |

表と裏
髭熊
僕も茶花を勉強するために、ちょうど今月からお茶の先生に生け花(池坊)を教えていただくことになりました。
まだ一度しかお稽古していませんが、花には表と裏があるのだと教わりました。
確かに花を手にとってくるっと回してみると表情が違う!!びっくりです!

献茶
小紋
 時代祭りの準備で 忙しい京都
 19日 平安神宮は 献茶があっておりました。
 急ぐので ほんの少し 着物を見てきたという感じですが・・・・・神苑で お抹茶いただきました。
 お菓子は 鶴屋吉信だったような・・・


ひげ
葉摘みさん おはようございます。

お嬢の真剣な眼差しが想像できるようです・・・いい感性しているのだからきっと素敵な茶花いけれることでしょう・・・と上から目線で言っていたとお伝えください。笑)

ホッ♪
boumama
いつも葉摘みさんのお茶花は何だか肩の力が抜け、それでいてポイントを外さないような洒脱な生け方でとても好きです。
 季節も一足先に教えていただけるので目でも充分楽しませていただいてます。

今日のも素敵です♪これ以上もなく、これ以下もなく丁度いい感じ。


ちょきたら
茶花は生け花とは違うとみなさんおっしゃいますが、
やはり生け花を習っていないのはハンデだと思います。
花を扱うことに慣れていないのですから。 
 
 わたしも月2回くらい生け花を習おうと計画しています。
流派とかのお勧めはありますか?よく池坊がいいとか
って言われますが。とくに茶花に影響がないなら
通いやすいところにしようかなと思います。


葉摘み
髭熊さま
まぁ!意欲的に頑張ってますね。
学びの勢いや導きがあるピークってありますから迷わず突っ走っちゃってください。

表情がわかる!すごい!!


葉摘み
小紋さま
時代祭り・・・う~ん、魅力的な響きだわ。

お抹茶席にためらわない小紋さんって得してると思います。
構えず気楽に一服。 お菓子も楽しむ余裕がいい感じです!


葉摘み
ひげさん
はい。かならず大げさにお伝えいたします。

今日は彼女と父の家の片付けに行きました。
彼女は力持ちでもあります。(笑


葉摘み
boumamaさま
うれしいお言葉!
ありがとうございます。
boumamaさんとこの秋桜もステキです!

花が代わり映えしなくても表情が違いますから どの子とも遊べます。
遊んでるんだから力も入りませんの。(笑



葉摘み
ちょきたらさま
池坊は歴史の古い流儀ですね。
わたしは草月流を習いました。
今になってやっていてよかったと思います。

どの流儀でも扱い方の基礎は同じだと思うのですが。
頑張ってますね。



竹とんぼ
確かに流儀の花を習うと基本的なところで
かなり役にたちますね。
席中で自分を表現するには、まだまだ遥かな道のりですが
花こそは自分を表現できる身近な素材だと感じます。

実は私も今月から 武内範男先生に茶花を習い始めました。
花の話だけでなく、道具のこと、取り合わせのこと等
とても勉強になるお話が聞けました。

儚い命の花を最大限に輝くようにいける・・・
思うように上手くはいかないけど
心が喜ぶ楽しい時間ですね。

・・・大好きになりました!
でん助
花より団子とはでん助の事!
小学生のころクラスに必ずいたでしょ、「お庭に咲きました」と言ってお教室に花をかざる可憐な細身の少女v-432心から「どうしたらあんな気持ちになれるのだろう」羨望の眼差しで見ておりました。本当に食いしん坊でお花はそりゃきれいだとは思いましたけれど、チョコやお饅頭やケーキのほうがずっと大事だったんです。でも、お花きれいでしょ~って語りかける同級生にあこがれていたんです!!お茶に触れてからです。
お団子と同じに重要になりました。
お花が大大大好きなでん助師匠のお陰です。
そして、葉摘さまがまたその魅力をふかぁ~くわかり易く語って下さり、ますます好きになっておりますv-344

追伸
でん助
・・・ためらわない・・といわれる小紋様、いつの日かお目にかかりとうございますぅv-346


葉摘み
竹とんぼさま
竹とんぼさんはお茶に積極的ですごいです!
見習わなくては・・と思います。

茶花は茶席があってのものなので、他の道具や花入れ、薄板、床位置などが深く係わっています。
そこをふまえてからでなく、入れ方だけを習うことにとても疑問を感じています。
ちゃんとした茶花の先生はそのところも教えてくれるので良いですね。

一花が百花を思わせる、一枝が深山を思わせる、そんな茶花が理想ですが・・・
遠い道だから楽しいです。


葉摘み
でん助さま
教え導いてくださる方の影響って大きいですね。
わたしもすばらしい先生方にたくさん影響を受けました。
見なくちゃいかん!と瞼をこじ開けられたおかげです。 
ありがたいことです。 おかげで楽しさ倍増です。

前回送ってくださった茶花の養生の仕方ででん助さんの意識がわかります。
ほんとに花を愛してること、茶花がどういうものか理解していることが良くわかります。
お人柄ですね~ほんとに。
ガサツなわたしはフンワリとしたでん助さんにあこがれてます。

ps、小紋さんは九州在住です。でん助さんは青森に、真ん中在住の葉摘みです(笑
いつかいつか真ん中で会いましょうね~

ありがとうございます
小紋
 献茶のお席ではなく 茶店のお抹茶 いただいた だけなんですよ。
 お茶の経験は たったの三ヶ月 結婚前の泥縄です。
 真ん中で 会う計画いいですね。
 5月に 葉摘みさんにお会いしてから もう5ヶ月たちました。
 でん助さんと お会いできる日楽しみにしております。
  


葉摘み
小紋さま
なんのなんの・・入るのって結構勇気がいるようです。
そんなに難しいこともないんですがねぇ~

はい、早いものです。
明日同じお茶会に参りますので、どこかですれ違いましたら計画を練っておきますね。(笑

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
表と裏
僕も茶花を勉強するために、ちょうど今月からお茶の先生に生け花(池坊)を教えていただくことになりました。
まだ一度しかお稽古していませんが、花には表と裏があるのだと教わりました。
確かに花を手にとってくるっと回してみると表情が違う!!びっくりです!
2009/10/24(Sat) 04:52 | URL  | 髭熊 #-[ 編集]
献茶
 時代祭りの準備で 忙しい京都
 19日 平安神宮は 献茶があっておりました。
 急ぐので ほんの少し 着物を見てきたという感じですが・・・・・神苑で お抹茶いただきました。
 お菓子は 鶴屋吉信だったような・・・
2009/10/24(Sat) 08:57 | URL  | 小紋 #-[ 編集]
葉摘みさん おはようございます。

お嬢の真剣な眼差しが想像できるようです・・・いい感性しているのだからきっと素敵な茶花いけれることでしょう・・・と上から目線で言っていたとお伝えください。笑)
2009/10/24(Sat) 09:36 | URL  | ひげ #-[ 編集]
ホッ♪
いつも葉摘みさんのお茶花は何だか肩の力が抜け、それでいてポイントを外さないような洒脱な生け方でとても好きです。
 季節も一足先に教えていただけるので目でも充分楽しませていただいてます。

今日のも素敵です♪これ以上もなく、これ以下もなく丁度いい感じ。
2009/10/24(Sat) 14:05 | URL  | boumama #-[ 編集]
茶花は生け花とは違うとみなさんおっしゃいますが、
やはり生け花を習っていないのはハンデだと思います。
花を扱うことに慣れていないのですから。 
 
 わたしも月2回くらい生け花を習おうと計画しています。
流派とかのお勧めはありますか?よく池坊がいいとか
って言われますが。とくに茶花に影響がないなら
通いやすいところにしようかなと思います。
2009/10/25(Sun) 16:35 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
髭熊さま
まぁ!意欲的に頑張ってますね。
学びの勢いや導きがあるピークってありますから迷わず突っ走っちゃってください。

表情がわかる!すごい!!
2009/10/26(Mon) 01:55 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
小紋さま
時代祭り・・・う~ん、魅力的な響きだわ。

お抹茶席にためらわない小紋さんって得してると思います。
構えず気楽に一服。 お菓子も楽しむ余裕がいい感じです!
2009/10/26(Mon) 01:58 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ひげさん
はい。かならず大げさにお伝えいたします。

今日は彼女と父の家の片付けに行きました。
彼女は力持ちでもあります。(笑
2009/10/26(Mon) 02:00 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
boumamaさま
うれしいお言葉!
ありがとうございます。
boumamaさんとこの秋桜もステキです!

花が代わり映えしなくても表情が違いますから どの子とも遊べます。
遊んでるんだから力も入りませんの。(笑
2009/10/26(Mon) 02:04 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
池坊は歴史の古い流儀ですね。
わたしは草月流を習いました。
今になってやっていてよかったと思います。

どの流儀でも扱い方の基礎は同じだと思うのですが。
頑張ってますね。
2009/10/26(Mon) 02:10 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
確かに流儀の花を習うと基本的なところで
かなり役にたちますね。
席中で自分を表現するには、まだまだ遥かな道のりですが
花こそは自分を表現できる身近な素材だと感じます。

実は私も今月から 武内範男先生に茶花を習い始めました。
花の話だけでなく、道具のこと、取り合わせのこと等
とても勉強になるお話が聞けました。

儚い命の花を最大限に輝くようにいける・・・
思うように上手くはいかないけど
心が喜ぶ楽しい時間ですね。
2009/10/26(Mon) 09:02 | URL  | 竹とんぼ #UbCtKfmc[ 編集]
・・・大好きになりました!
花より団子とはでん助の事!
小学生のころクラスに必ずいたでしょ、「お庭に咲きました」と言ってお教室に花をかざる可憐な細身の少女v-432心から「どうしたらあんな気持ちになれるのだろう」羨望の眼差しで見ておりました。本当に食いしん坊でお花はそりゃきれいだとは思いましたけれど、チョコやお饅頭やケーキのほうがずっと大事だったんです。でも、お花きれいでしょ~って語りかける同級生にあこがれていたんです!!お茶に触れてからです。
お団子と同じに重要になりました。
お花が大大大好きなでん助師匠のお陰です。
そして、葉摘さまがまたその魅力をふかぁ~くわかり易く語って下さり、ますます好きになっておりますv-344
2009/10/26(Mon) 14:37 | URL  | でん助 #-[ 編集]
追伸
・・・ためらわない・・といわれる小紋様、いつの日かお目にかかりとうございますぅv-346
2009/10/26(Mon) 15:45 | URL  | でん助 #-[ 編集]
竹とんぼさま
竹とんぼさんはお茶に積極的ですごいです!
見習わなくては・・と思います。

茶花は茶席があってのものなので、他の道具や花入れ、薄板、床位置などが深く係わっています。
そこをふまえてからでなく、入れ方だけを習うことにとても疑問を感じています。
ちゃんとした茶花の先生はそのところも教えてくれるので良いですね。

一花が百花を思わせる、一枝が深山を思わせる、そんな茶花が理想ですが・・・
遠い道だから楽しいです。
2009/10/26(Mon) 16:34 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
でん助さま
教え導いてくださる方の影響って大きいですね。
わたしもすばらしい先生方にたくさん影響を受けました。
見なくちゃいかん!と瞼をこじ開けられたおかげです。 
ありがたいことです。 おかげで楽しさ倍増です。

前回送ってくださった茶花の養生の仕方ででん助さんの意識がわかります。
ほんとに花を愛してること、茶花がどういうものか理解していることが良くわかります。
お人柄ですね~ほんとに。
ガサツなわたしはフンワリとしたでん助さんにあこがれてます。

ps、小紋さんは九州在住です。でん助さんは青森に、真ん中在住の葉摘みです(笑
いつかいつか真ん中で会いましょうね~
2009/10/26(Mon) 16:45 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ありがとうございます
 献茶のお席ではなく 茶店のお抹茶 いただいた だけなんですよ。
 お茶の経験は たったの三ヶ月 結婚前の泥縄です。
 真ん中で 会う計画いいですね。
 5月に 葉摘みさんにお会いしてから もう5ヶ月たちました。
 でん助さんと お会いできる日楽しみにしております。
  
2009/10/29(Thu) 10:04 | URL  | 小紋 #-[ 編集]
小紋さま
なんのなんの・・入るのって結構勇気がいるようです。
そんなに難しいこともないんですがねぇ~

はい、早いものです。
明日同じお茶会に参りますので、どこかですれ違いましたら計画を練っておきますね。(笑
2009/10/30(Fri) 16:52 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック