秋の色が濃くなり、めっきり涼しく・・いえ寒くなりました。
こんな色紙でご挨拶。深秋

昨日は上野にある東京国立博物館へ茶会で行ったのですが
朝向かう道すがら、独特のギンナンの匂いがします。
「あぁ・・秋・・」 久しぶりに匂いで秋を感じました。

金木犀も盛りに咲いてます。
こちらは良い香り・・香りが満々!
この香りからは、冬に向かっていることを感じます。

応挙館から九条館を望む景色です。
趣がある景色でしょう。 東京の上野じゃないみたいです
でもね。 目の前に金木犀の大木。向こうには盛んに実を落とす銀杏の大木。
その香りのミックスで・・・・  ギンナンの勝ちー!


東博に向かう途中に黒門があります。
いつもの表情です。東大は赤門。こちらは黒門。
茶会帰りには開いていました。開くこともあるのね~
表情がずいぶん違います。良いものを見ました。

五感でフルに秋を感じることができ、普段店の中に閉じこもる店主には
記憶を呼び戻すとても懐かしい感覚でした。

季節のありがたさの中で暮らしてるんだなぁ・・・・

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ   

【2009/10/12 18:22】 | ひとり言
トラックバック(0) |

名残の茶事
髭熊
秋のお茶会シーズンになりましたね。
昨日は名残の茶事に招かれて、あるお宅へ伺いました。
今シーズン初めて袷に袖を通したら、重いのなんのって、
身動きが取れないほど(大げさ!)に感じました。
でもお茶事が終わって7時くらいに外にでたら
夜風が冷たくて、袷でちょうどよい気候でした。
着実に季節は移り変わっているのですね。

管理人のみ閲覧できます
-



葉摘み
髭熊さま
まぁ、名残の茶事ですか!風情があること。

着物が苦にならない季節になりましたね。
絽や単の頼りなさは着こなしが難しし、そのうえ汗がねぇ~
その点着こなしが楽しめるのでわたしは袷シーズンが好き。

男の方ばかりの席があったのですが、お運びさんが袴のすそを踏みまくりで
ハラハラドキドキでも楽しめました。(笑

髭熊さん。着物に凝りだすとたいへんでっせ~(笑


葉摘み
鍵コメさま
あら、わたしも見ましたよ。

茶会でないと雨戸がしまってますが、大きな木のある立派な庭園です。
そしてギンナン・ドングリ大量に落ちてます!

熱いものは熱い!
髭熊
男子点前で釜の蓋を取るとき、本来は素手ですが、
最近は宗匠でも、見るからに熱そうなときは帛紗を使って蓋を取るとか。

今日のお稽古でそのときの帛紗の扱い方を2通り教わり、
これでもう、「気合いだぁ~!」と
泣きながら蓋を取ることもしなくてよくなりました!

でも帛紗で釜の蓋を取るのって、やってみると結構すべりますね。
うまくつかめなくて、蓋を落っことしそうになりました。(汗)



葉摘み
髭熊さま
まさに“男はつらいよ”ですね~(笑

料理などで熱いのには慣れている女性でも、釜蓋は熱い!
男性も帛紗は使うべきだと思ってました。

ある有名な茶会で、古い時代物の釜が乗っていて、確か蓋まで鉄だったと思うのですが
「熱そうで男性はつらいですね~」と言うと、説明の方が「昔の釜は蓋までは熱くならない作りなんですよ」と言ってひょいとつまんで見せました。
触らせてもらうと熱くない!
素手でつかめるほどの熱しか伝わってません。
「昔の職人はすごい!」とほんとビックリした経験があります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
名残の茶事
秋のお茶会シーズンになりましたね。
昨日は名残の茶事に招かれて、あるお宅へ伺いました。
今シーズン初めて袷に袖を通したら、重いのなんのって、
身動きが取れないほど(大げさ!)に感じました。
でもお茶事が終わって7時くらいに外にでたら
夜風が冷たくて、袷でちょうどよい気候でした。
着実に季節は移り変わっているのですね。
2009/10/12(Mon) 21:17 | URL  | 髭熊 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/13(Tue) 00:02 |   |  #[ 編集]
髭熊さま
まぁ、名残の茶事ですか!風情があること。

着物が苦にならない季節になりましたね。
絽や単の頼りなさは着こなしが難しし、そのうえ汗がねぇ~
その点着こなしが楽しめるのでわたしは袷シーズンが好き。

男の方ばかりの席があったのですが、お運びさんが袴のすそを踏みまくりで
ハラハラドキドキでも楽しめました。(笑

髭熊さん。着物に凝りだすとたいへんでっせ~(笑
2009/10/13(Tue) 00:29 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
鍵コメさま
あら、わたしも見ましたよ。

茶会でないと雨戸がしまってますが、大きな木のある立派な庭園です。
そしてギンナン・ドングリ大量に落ちてます!
2009/10/13(Tue) 00:37 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
熱いものは熱い!
男子点前で釜の蓋を取るとき、本来は素手ですが、
最近は宗匠でも、見るからに熱そうなときは帛紗を使って蓋を取るとか。

今日のお稽古でそのときの帛紗の扱い方を2通り教わり、
これでもう、「気合いだぁ~!」と
泣きながら蓋を取ることもしなくてよくなりました!

でも帛紗で釜の蓋を取るのって、やってみると結構すべりますね。
うまくつかめなくて、蓋を落っことしそうになりました。(汗)
2009/10/14(Wed) 00:10 | URL  | 髭熊 #-[ 編集]
髭熊さま
まさに“男はつらいよ”ですね~(笑

料理などで熱いのには慣れている女性でも、釜蓋は熱い!
男性も帛紗は使うべきだと思ってました。

ある有名な茶会で、古い時代物の釜が乗っていて、確か蓋まで鉄だったと思うのですが
「熱そうで男性はつらいですね~」と言うと、説明の方が「昔の釜は蓋までは熱くならない作りなんですよ」と言ってひょいとつまんで見せました。
触らせてもらうと熱くない!
素手でつかめるほどの熱しか伝わってません。
「昔の職人はすごい!」とほんとビックリした経験があります。
2009/10/15(Thu) 22:16 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック