早くも七月! 月日は早い早い!

昨日は夏越の祓。
久しぶりに、氷川神社の茅の輪くぐりに行きました。
人型(半紙をテルテル坊主形に切ったもの)に名前と歳を書いて、
息を吹きかけ体を拭い、人型に半年間の穢れを移し、
神社に収め清めてもらう古い行事です。

仕事が終わってから行ってみると、鳥居の手前から長い行列!
楼門の手前にある朱塗りの太鼓橋に、茅の輪が架かっています。

真ん中の人型を触りながら なかなか楽しい♪
輪の左側、次に右側と八の字に回るのがルール。

収め所に人型を入れると、神主さんが御幣で祓ってくださいます。
お参りをして茅の輪守りを買い、池脇にある別の茅の輪をくぐって終了。

帰りの茅の輪をくぐって俗世に踏み出したら、
不思議なものですっきりした軽やかな気分になってました。


どうして半年間の穢れを祓うかというと、
「陽」から「陰」に転じるときにうまく渡るように、という昔の行事です。
一月から六月までは暖かくなり花が咲き、「陽」の気が強まっていきます。
七月から十二月までは寒さに向かい木々は葉を落としていき、
「陰」の気に向かっていきます。
これは旧暦の行事なので、実感はあまり感じませんね。
旧暦で言うとまだ五月。
今年は七月二十二日に旧暦六月となり、水無月という言葉がぴったりです。
旧暦での夏越の祓は八月十九日。
「陰」の気に向かうという意味が、肌で実感できますね。

茶の湯の行事も、旧暦を新暦に当てはめておこなうので
趣や意味を実感することが難しいです。
意識して節目節目に旧暦に立ち返り、季節と共に生きたことを感じることが
日本を見失わないすべかもしれません。

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ   

【2009/07/01 19:20】 | ひとり言
トラックバック(0) |

はらい違い
壺天
払い→×
祓い→○


葉摘み
壺天さま
ご指摘、ありがとうございます。
よく見たつもりだったのですが・・・
お恥ずかしい限りです。


すずめ
その時々の行事を大事に生きてますね
なかなか私には出来ない事です・・・
今日は、「半夏生」(はんげしょう)夏が半分生まれた?日でしょうか(笑


ちょきたら
こういう輪をくぐるのですか~。
たしかに楽しそう^^

 ・・・でも、名前だけじゃなく、トシも書くんですね(汗)



葉摘み
すずめさま
たんなる行事好きなんですよ。近かったら誘うのに。
行事の意味を知るのも好き。
今の生活にないことだからなかなかおもしろいです。

半夏という草が生えるからじゃない?(笑


葉摘み
ちょきたらさま
ねっ、おもしろそうでしょ?
結界のようなものでイン用とアウト用があるんです。
俗界を離れるドアみたいですね。

人型に自分を移すんだからごまかしちゃいけません(笑
陰陽師の世界ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はらい違い
払い→×
祓い→○
2009/07/02(Thu) 08:53 | URL  | 壺天 #-[ 編集]
壺天さま
ご指摘、ありがとうございます。
よく見たつもりだったのですが・・・
お恥ずかしい限りです。
2009/07/02(Thu) 09:15 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
その時々の行事を大事に生きてますね
なかなか私には出来ない事です・・・
今日は、「半夏生」(はんげしょう)夏が半分生まれた?日でしょうか(笑
2009/07/02(Thu) 23:01 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
こういう輪をくぐるのですか~。
たしかに楽しそう^^

 ・・・でも、名前だけじゃなく、トシも書くんですね(汗)
2009/07/03(Fri) 00:20 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
すずめさま
たんなる行事好きなんですよ。近かったら誘うのに。
行事の意味を知るのも好き。
今の生活にないことだからなかなかおもしろいです。

半夏という草が生えるからじゃない?(笑
2009/07/03(Fri) 02:53 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
ねっ、おもしろそうでしょ?
結界のようなものでイン用とアウト用があるんです。
俗界を離れるドアみたいですね。

人型に自分を移すんだからごまかしちゃいけません(笑
陰陽師の世界ですね。
2009/07/03(Fri) 03:02 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック