「早起きは三文の徳」とは良くいったもので・・・
朝四時起き、六時半の新幹線で山形に行ってきました。

早い早い!新幹線てすごい!
 25回記念茶会です 
九時過ぎには会場に立っています。

身支度を整えて・・立派な玄関。親切な案内。

案内の方が親切で、席入りを待っている間に香煎席に行くことを勧められ 
それでは・・と、まずは喉湿しに東屋へ向かいました。

香煎席では ずんだ団子にさくらんぼ♪
山形らしいお菓子で、目にも口にも楽しめました。
いいスタート! 先が期待できそうです。

会場の清風荘。緑の涼風が汗を拭ってくれます。
ここは別天地! 外は30℃を超えていると言うのに・・・

まずは濃茶席。
北村美術館が席持ちです。

呈茶席にかかった宗達筆の「牛」に、寄付きの芭蕉筆の「瓜」
本来あるべき場所・床にかかった軸の、なんと生き生きとしたこと!

宗旦作の「五月雨」の茶杓は、しっかり裏側も見てきました。
皮目が残ったリアルな削り跡が美しい。
薄作りで折れタメ、細く華奢だけれどなんて端正ななり。
少し左にかしいだ姿は、使うことを考えたすばらしい茶杓です。

本席小間にかかった軸は、はじめて見る「経裏二種懐紙」(春日懐紙)
表具が・・・・・・なんてすばらしい!

鍍金経筒の花入れは、蓋や受けがあるものではなく単なる筒。
本物は、知るところの経筒の姿をしていなくても、圧倒的に経筒なのです。
そんな当たり前のことを、実際に見て強く感じました。

真に入った茶花もすばらしい姿!
・・・・経筒に夢中になって、花の名前を忘れてしまった・・・
はじめて見る珍しい花でした。 
  (行った方!教えてください。お願いします!!)

そして期待の、光悦作・銘「東」(あずま)の黒楽茶碗。
人が少なくなるまで茶席にねばり、触らせていただきました。
みっちりと土が締まっていて心持重く、独特の高台にぬめりのある肌・・・
手なじみを感じることができ、最高に最高にシアワセです!

あぁ・・山形まで行ってよかった~

薄茶席は明日に! 
興奮冷めやらぬ店主です。

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ   

【2009/06/29 20:21】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |


ちょきたら
おかえりなさーい^^
お天気に恵まれてよかったですね。
さすが晴れ女v-221

 今回のブログも知らないことがたくさんあったので、
自分で色々調べるきっかけになりました。
「経裏二種懐紙」とは、表に和歌・裏に万葉集が
書かれているという意味ですか?

 経筒の花入もあるのですね!
ああ、知らないこと、見たことがないものが
この世にはたくさんあるんだと実感。

 光悦の茶碗を触れたとは、葉摘みさん
幸せですね~

 ああ、行きたーい!!


 


竹とんぼ
葉摘みさん、おかえりなさい。
私は今日戻ってきました。
経筒に入っていた花(実)は 山荷葉でしたね。
会記を見たとき夏椿か槿がはいるのかな~と想像しましたが
想像をはるかに超えていました。
素晴らしかったです。

ちょきたらさん、春日懐紙の裏にはお経が書いてありました。中廻しの裂地は初めて見るもので、美しかったです。

東に触れられたとは! 葉摘みさん 得しましたね!!







葉摘み
ちょきたらさま
行ってきましたー!
大宮に着いたら雨がポツポツ・・・
雨具持参を後悔させない天の配慮かしらね~(笑

紙が貴重な時代で、書き損じの裏紙を使うと言うエコ。
侘びていて珍しいものでした。

来年もありますよー。言ってくれれば茶券を取りますから。


竹とんぼさま
あら。。お会いできなくて残念でした。

サンカヨウでしたか!ありがとうございます!
あの席にすばらしく似合っていましたね~

中廻しは刺繍で美しかったし、上下の一文字も金箔押しで剥落しやすいのに良い状態でしたね。
春日懐紙を裁断しちゃうこともすごいけど、後表具ということでしたが、あんな裂地を持っていたことがこれまたすごいです!

!!!祝!!!
でん助
v-308v-323v-309東を手ドルことができたなんて!葉摘さまの日頃の御心がけのご褒美ですね!


ちょきたら
>竹とんぼさま

 経文が書かれていたのですか。
表装も美しかったそうで、まさに眼福ですね^^

>葉摘みさま

 なるほど! 当時のエコなんですね~(@_@)
紙は貴重品だったということを忘れていました(^^ゞ



葉摘み
でん助さま
事前情報をいただいたおかげです。
ありがとうございました。

心がけと言うよりも、茶会のコツを知ってる老獪さですね。(笑
狙った獲物は逃がさない。。。
今度いつ会えかわからないし、こんなチャンスはめったにない!


ちょきらたさま
かかった費用以上の知識を得てこようこようという貪欲なんです。

美術館でたくさん見るより、茶会で小数を目の前で見る勉強が、わたしには合ってます。
まぁ、たくさん覚えられないという脳みその衰えもありますけどね・・(笑


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おかえりなさーい^^
お天気に恵まれてよかったですね。
さすが晴れ女v-221

 今回のブログも知らないことがたくさんあったので、
自分で色々調べるきっかけになりました。
「経裏二種懐紙」とは、表に和歌・裏に万葉集が
書かれているという意味ですか?

 経筒の花入もあるのですね!
ああ、知らないこと、見たことがないものが
この世にはたくさんあるんだと実感。

 光悦の茶碗を触れたとは、葉摘みさん
幸せですね~

 ああ、行きたーい!!


 
2009/06/29(Mon) 21:57 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
葉摘みさん、おかえりなさい。
私は今日戻ってきました。
経筒に入っていた花(実)は 山荷葉でしたね。
会記を見たとき夏椿か槿がはいるのかな~と想像しましたが
想像をはるかに超えていました。
素晴らしかったです。

ちょきたらさん、春日懐紙の裏にはお経が書いてありました。中廻しの裂地は初めて見るもので、美しかったです。

東に触れられたとは! 葉摘みさん 得しましたね!!




2009/06/30(Tue) 01:25 | URL  | 竹とんぼ #-[ 編集]
ちょきたらさま
行ってきましたー!
大宮に着いたら雨がポツポツ・・・
雨具持参を後悔させない天の配慮かしらね~(笑

紙が貴重な時代で、書き損じの裏紙を使うと言うエコ。
侘びていて珍しいものでした。

来年もありますよー。言ってくれれば茶券を取りますから。


竹とんぼさま
あら。。お会いできなくて残念でした。

サンカヨウでしたか!ありがとうございます!
あの席にすばらしく似合っていましたね~

中廻しは刺繍で美しかったし、上下の一文字も金箔押しで剥落しやすいのに良い状態でしたね。
春日懐紙を裁断しちゃうこともすごいけど、後表具ということでしたが、あんな裂地を持っていたことがこれまたすごいです!
2009/06/30(Tue) 12:50 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
!!!祝!!!
v-308v-323v-309東を手ドルことができたなんて!葉摘さまの日頃の御心がけのご褒美ですね!
2009/06/30(Tue) 16:27 | URL  | でん助 #-[ 編集]
>竹とんぼさま

 経文が書かれていたのですか。
表装も美しかったそうで、まさに眼福ですね^^

>葉摘みさま

 なるほど! 当時のエコなんですね~(@_@)
紙は貴重品だったということを忘れていました(^^ゞ
2009/06/30(Tue) 23:47 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
でん助さま
事前情報をいただいたおかげです。
ありがとうございました。

心がけと言うよりも、茶会のコツを知ってる老獪さですね。(笑
狙った獲物は逃がさない。。。
今度いつ会えかわからないし、こんなチャンスはめったにない!


ちょきらたさま
かかった費用以上の知識を得てこようこようという貪欲なんです。

美術館でたくさん見るより、茶会で小数を目の前で見る勉強が、わたしには合ってます。
まぁ、たくさん覚えられないという脳みその衰えもありますけどね・・(笑
2009/07/01(Wed) 03:25 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック