お互い忙しくお稽古が止まっていたのですが
「もっと知りたいので、今年もよろしくお願いします。」とご挨拶にみえ
明日から「いなみ」でのお稽古が再開です。
店主もいろいろ勉強になるので楽しみです。

書きたい事がたまっているんですが、なかなかPCの前でまとまらず
稽古再開にボチボチ書き始めようかと、気持ちが集中してきました。
そういえば、今日は旧暦の一月一日。  佳き日だわ!


抹茶を出された方が、まず疑問に思うことは
「どうしてお茶碗をまわして飲むのか?」だと思います
       楽茶碗と仁清写し茶碗
「正面を避けて飲むため」と教わるでしょう。
これで「なるほど!」と納得できる方は少ないかと。

「正面」とは「見所(みどころ)」
一見どこも同じように見える楽や萩のお茶碗に、
席主の美意識によって見出し定めた場所を、その茶碗の見所として、
客に一番美しい姿が見えるよう差し出します。
客は店主の美意識を尊重し敬い、口を付けて汚さないように避けるのです。

客を敬い、一番美しい姿でお茶を出し、
席主をおもいやり、見所を避ける。

日本の陶磁器に対する美意識とは、
釉薬の流れが残ったあとや、窯焼きで偶然かかった灰釉薬。
窯の中で熱により歪んだ姿や、偶然や意図的にへこんだ部分など。
端正な姿を好む西欧的には、失敗作と思われるところに見出してきました。

「侘びしい」「寂びかれる」に美を見出してきた珠光からの茶の美意識です。
利休により到達した美意識は、
次代の織部によって戦国時代という不穏な世相を反映し、ある意味極端になります。
受け継ぐ遠州のころには世の中は平穏になっていき、
「綺麗さび」と呼ばれる利休の美に端正さが加わっていきます。
遠州と同時期の宗旦は、利休のころの美意識に戻ろうとしていきます。

時代を経てはぐくまれた陶磁器に対する美意識はひとつではないのです。
しかし日本独特の美の見出し方となります。

日本も西洋化していき、規格品のような寸分たがわないものを
美しいと好むようになってきました。
しかし西欧で作られたティセットも、歴史をたどれば中国磁器の模倣です。
磁器の技術のなかった西欧に、東インド会社が中国からセッセと運んでいたのです。
日本にも中国から渡ってきましたが、その中の雑器や不良品に美を感じています。
出所が同じでも、受け止める側の感覚でその後が大きく変わっていく。
なかなかおもしろいです。

応援ありがとうございます。
あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ  

【2009/01/26 18:33】 | 茶碗のこと
トラックバック(0) |


ちょきたら
日本人って歴史的建造物も塗り直しとかしない
ですね。時の流れによる変化に歴史や味わいを
感じているんでしょうね。

 年が明けて、いろいろ落ち着かなかったり、
悩んだりする日々・・・ゆっくり静かにお茶をいただいて
自分を見つめなおしたい気分です。



すずめ
ひとつひとつの個性を愛する心のゆとりは何処へ
子ども社会は、みんな同じじゃないと不安になるそうです。
お茶を熱く?愛する葉摘みちゃんのブログでしばし、まったりします。
きっと、気持ちも体も忙しいさなか健康管理第一にね(^_-)


葉摘み
ちょきたらさま
生きてりゃいろいろあるわねぇ~

一見変わらないように見えるお茶碗も変化を続けています。
何百年何十年かけて良くなっていく。
少しずつ少しずつ・・・


すずめさま
気にかけてくれてありがとう!

洋食はセットで柄が揃った食器。
和食は料理にあわせ、いろんな焼き物の器に。
洋食育ちの子達は、みんな同じのお揃いが好きなのかなぁ・・・

個性・自我・おのおのの価値観は日本人のDNAに組み込まれてると思うんだけどね。

皆揃ってたらつまらん(笑)
kazumi
洋食器のセット揃えたのに使ってませんよ。
西洋式に憧れながら身につかなかったのよね。
お茶を各自いろんな柄のティーカップで楽しむのも良し。言葉にしてもらって日本人の懐の大きな美意識が解明された気がしました。


葉摘み
kazumiさま
うちもありますよ~(笑

茶道具は焼きや柄を揃えるのをきらいますね。
景色が同じでおもしろくない・・という発想です。
東西で受け止め方が違うのがおもしろいです。

kazumiちゃんの感覚は和洋折衷。
それもおもしろいわね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日本人って歴史的建造物も塗り直しとかしない
ですね。時の流れによる変化に歴史や味わいを
感じているんでしょうね。

 年が明けて、いろいろ落ち着かなかったり、
悩んだりする日々・・・ゆっくり静かにお茶をいただいて
自分を見つめなおしたい気分です。
2009/01/26(Mon) 22:03 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ひとつひとつの個性を愛する心のゆとりは何処へ
子ども社会は、みんな同じじゃないと不安になるそうです。
お茶を熱く?愛する葉摘みちゃんのブログでしばし、まったりします。
きっと、気持ちも体も忙しいさなか健康管理第一にね(^_-)
2009/01/28(Wed) 08:49 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
ちょきたらさま
生きてりゃいろいろあるわねぇ~

一見変わらないように見えるお茶碗も変化を続けています。
何百年何十年かけて良くなっていく。
少しずつ少しずつ・・・


すずめさま
気にかけてくれてありがとう!

洋食はセットで柄が揃った食器。
和食は料理にあわせ、いろんな焼き物の器に。
洋食育ちの子達は、みんな同じのお揃いが好きなのかなぁ・・・

個性・自我・おのおのの価値観は日本人のDNAに組み込まれてると思うんだけどね。
2009/01/28(Wed) 17:31 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
皆揃ってたらつまらん(笑)
洋食器のセット揃えたのに使ってませんよ。
西洋式に憧れながら身につかなかったのよね。
お茶を各自いろんな柄のティーカップで楽しむのも良し。言葉にしてもらって日本人の懐の大きな美意識が解明された気がしました。
2009/01/29(Thu) 22:10 | URL  | kazumi #-[ 編集]
kazumiさま
うちもありますよ~(笑

茶道具は焼きや柄を揃えるのをきらいますね。
景色が同じでおもしろくない・・という発想です。
東西で受け止め方が違うのがおもしろいです。

kazumiちゃんの感覚は和洋折衷。
それもおもしろいわね。
2009/01/30(Fri) 19:12 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック