サンタさんと年神さまの足音を、ヒタヒタと感じる頃になりました。
心せわしくお過ごしのことと存じます。

さて、昨日の続きです。


初釜では、先生が点ててくださるお濃茶・お薄をいただき
その後外で会食の場合もありますが、その場で懐石となる場合もあります。
本懐石であれ略懐石であれ、そんなときの店主の用意は。


きれいな帛紗と、さまざまな懐紙に、ビニール袋。

帛紗は新年に初おろしします。
初おろししないときは、腰付け用に取ってある汚れていない帛紗を持ちます。
その日はお点前をしないのですが、拝見のとき使ったりお濃茶のとき使ったりと
どんな場面で表に出すやもしれないので、きれいなものを持ちます。

古帛紗は比較的買いやすいので、新しい干支に因んだものもいいですね。
出帛紗は毎年買うには高いので、自分の中の一押しをチョイス。
   干支の古帛紗       干支に因んだ出帛紗

さまざまな懐紙とは、
お菓子を取るときの「普通の懐紙」
茶碗を拭ったり懐石道具を拭いたりする「しぼり懐紙」
    しぼり懐紙は、揉んだように柔らかく吸湿性のある懐紙で、
    大事な道具に傷をつける心配もなくてオススメです。
あまったお菓子や残菜を入れる「袋懐紙」か「たとう懐紙」
    袋懐紙もたとう懐紙も、普通の懐紙のサイズで袋状になってます。

全部同じサイズなので、二/二/一くらいで組み合わせ胸元に入れます。

袖に(男性なら懐に)ビニール袋。
使用した懐紙で袖内を汚さないようにするためです。
袖に懐紙を落とすふりをしてビニール袋へ。
茶碗や懐石漆器を拭うので、しぼり懐紙は湿り汚れています。
大事な一張羅にシミをつけると、あとが大変ですからね。
以前は残菜入れとか袖落としなどを用意したようですが、
袖内のビニール袋に落とすほうがさりげなく始末でき、スマートだと思います。


あと、風呂敷か大きめのエコバッグ。
店主は、最近は風呂敷より、薄手で折りたたむと小さくなるエコバッグを愛用。
ショールや道行、バッグなどを、待合の身支度のとき一纏めにします。
積んでおくより移動も簡単でいいですよ。

蹲のとき使うハンカチも忘れず袖に入れます。 (意外と忘れる方が多い)
男性はハンカチより和手ぬぐいがカッコいい。 (店主の趣味かも・・)

当日会費を集めるときは、稽古場の慣例にもよりますが
普通の祝熨斗袋に「寿」と書き、懐紙一枚にお金を挟んで入れます。
熨斗袋ではない場合は、金封用の白封筒に名前を書き用意します。
新年早々、内々とは言え剥き出しのお金が行きかうのも如何なものかと。

マニキュアを落とし爪を切って、香水や匂いのあるヘアスプレーはご法度。
炭の匂い、お香の香り、抹茶にお湯を注いだとき立ち上がる香り・・・

お正月3点セット  それらを十分楽しみましょうね。

応援ありがとうございます。
あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ  
今回で499回目。
年内に500回のブログとなります。ドキドキ!


追記を閉じる▲
今回で499回目。
年内に500回のブログとなります。ドキドキ!

【2008/12/20 20:46】 | 茶の湯のマナー
トラックバック(0) |


すずめ
二日連続の講座を受けたようです。
お茶のことを知らない私でも楽しく読ませていただきました。新しい年は今よりも生きるのが大変かもしれません、自分だけじゃなく、周りの人みんなが大変なるんです。そう想うとちょっと楽です。どんな時代も清く正しく出来るだけ頑張りたいです。


ちょきたら
いよいよこの季節がやってきました~
葉摘みさんに教えていただいたように、
懐紙3種は忘れないようにしますね。
お金を袋に入れるときは懐紙にはさむのも
バッチリ!です。
(金額を間違えないようにしないと・・)

 ただ・・・当日は着付けが心配。
そのために早く起床できるかも不安です


葉摘み
すずめさま
誰も教えてくれないので、会得するのに恥をかきつつ何年もかかったの。
ここにお見えの方にはそんな苦労はさせたくない、と書いてます。
でもおもしろかった?
よかった~

来年かぁ・・・・
来年も「出たとこ勝負がんばり」だな。それしか出来ないし。


葉摘み
ちょきたらさま
さすがです。
以前のアドバイスを良く覚えててくれて、いい子いい子!

着付けかぁ~。あれだけ着れれば大丈夫だよ。
あとは茶会で他の着物の人を観察し、いいとこ取りだね。
着付け教室の着方って、お茶の着方とちょっと感じが違うからね。
習うより慣れろ!でがんばってね。



でん助
懐に懐紙を落とすふりをしてビニール袋へ.....はぁーv-291お茶人はそうするのですね!ビニール袋と伺って堂々ごそごそブツを入れる自分の姿を想像しておりました。眼からウロコv-291


葉摘み
でん助さま
おもむろにビニール袋をゴソゴソ取り出す着物美女。。。
でん助さんのそんな姿を想像し、笑かしていただきました。^0^

袖の中に袋の口をひろげてスタンバっておくのよ~
表に出しちゃ色気もないわ。
お茶はきれい事。 大恩ある先生の口癖です。

雪 雪 雪
でん助
v-279v-276昼過ぎからの雪が積もってますv-276凍るのが、こわ~~~いv-292

追伸
でん助
お茶は綺麗ごと・・・・肝に銘じました

おはようございます。
オカダ
先日「寿」の件でわざわざ電話を頂いたオカダです。書き込みは初めてでしたね。帯締めのご返答有難うございます。

2度目
オカダ
着付け教室の着方って、お茶の着方とちょっと感じが違う点を教えてくださいませ

緊張です!
Kei
初・初釜が楽しみですが、私の先生のところは変わっているのでしょうか??
お弟子さんが亭主をやります。一番長く通ってる方がお濃茶、次の人が炭手前、
次の人がお薄、と・・・。
しかし数名の先輩が諸事情で薄茶点前をパスされたので、
超初心者の私がやることになってしまいました。

最初に購入した帛紗もようやく使い慣れてきたので、
初釜で新しい物を使うのはちょっと心配です(^^;
今のところまだ汚れはわからない程度なので、使いなれたのでやりたいところですが、大丈夫でしょうか?
折り皺は少々目立ちますが。


雪に埋もれ・・・涙
でん助
v-276v-276v-276氷都と歌われるわが町v-405今朝起きてみたら雪に埋もれているではありませんかv-405そりゃ北国ですからちょっとの雪くらいは大丈夫です。でも埋もれるなんて!!車を少し動かそうとしたら空回りして填まってしまいご近所の助けを借り30分ほどで脱出。雪かきをしようとしたらベタ雪のため重すぎてスコップの枝が折れv-292それも2本もv-292雪かき不能に!スコップもお借りして・・・もう疲れました。休憩します。



かれん
先週で先生のお稽古終わってしまいました。

お稽古の日の朝はいつもいそがしかったけど

何を着ていこうか~手持ちは少ないですが

楽しみでした。

・・・初釜もなくなりましたが

先輩がお茶事に招いてくれました。

着物のアドバイスとても助かります。

管理人のみ閲覧できます
-


たくさんコメをありがとう!お返事遅くてごめんなさい。最近何やら忙しい・・・!
葉摘み
でん助さま
こっちも午前中はあったかで春のようだったけど
雨が降り出してからメッチャ寒いです!
そっちの雪雲がこっちに来て雨降らしてるのかしら・・・

どうぞ事故をおこさないように!とお祈りしてます。

「お茶はきれい事」
口癖のように先生がおっしゃっているのを耳にしてから、わたしも肝に銘じてます。


葉摘み
オカダさま
まだまだ修行足らずの店主でも、役に立つことがあるということは
とっても励みになります。こちらこそありがとうございます。

着付け教室とどこが違うかというと・・・う~ん。。。
お茶の着付けはなんとなくゆるいというか、動くことを前提としているというか。。。
着付け教室の方はマネキンさんのようにキチンときれいですね。
ちょっと硬い感じかな。
お茶の着物は胸元も袖もお太鼓もポケットだからね。
あとちょっと裾を長めに着るかな。
歩くと着物は持ち上がるからね。
着物の仕立ても、裄が若干長め。
お点前で手を伸ばすことが多いから。だから着付けも脇がゆるい。

着付け教室で習うことがいけないといってるんじゃないのよ。
一人で着られるからスタートして、動きやくい(仕事しやすい)形になっていけばいいと思います。


葉摘み
Keiさま
いえいえ、いろんな初釜があって当然です。
わたしの知っている先生のところも、高齢で先生の足腰が弱っているので
茶歴の長くて足腰の丈夫な方がなさってます。

お薄のお点前をなさるのね。
いい経験になりますよ。うまくいっても失敗しても経験は宝。
そういう緊張感を経験すると、飛躍的に上手になります。
お稽古はどっかに甘えがあるからね。
でも一発勝負は甘えてられない。
そんな心構えのおかげで、うんとお点前が上手になったという事例は
たくさん見ていますから、Keiの躍進を保障します!

緊張感を少しでも軽くするためにも、帛紗は使い慣れたものの方がいいですよ。
揉んで叩いておけばきれいになりますから。
折しわも気にしないで。大丈夫!



葉摘み
でん助さま
うぅ・・・そりゃ大変だ~!
うちの雪かきスコップ送りましょうか?

そういう日は「出かけるな!」ということだと観念して
コタツでマッタリ休憩してくださいな。


葉摘み
かれんさま
そうですか。終わりましたか。。。

お正月のお茶事、よかったですね。楽しみですね。

ここのみんなで集まって、いつかお茶のお楽しみ会でもしたいですね。
うん。こりゃいい考えだ!
本気で計画しようかな!!


葉摘み
鍵コメさま
サンタがしたことで、わたしはよく知りませんが
よかったですね~。
よい子には良い事があります。

ありがとうございます
Kei
心強いコメントありがとうございます。

貴重な経験としてありがたく挑みたいと思います!!


葉摘み
Keiさま
そうそう。その意気!

こんなチャンスはめったにないと思って。
しり込みしていちゃもったいないですよ。
緊張も一度経験すればもう怖くない!
何事もプラスにもっていってくださいね。
そうすればどんどん楽しみが増えてお茶がおもしろくなっていきますから。

Keiさんの応援隊長ですよ。



Νοri
はじめまして。古帛紗の事でわからない事があり検索しておりました。お教え願えれば幸いです。ワを右にして折るのはわかりましたが、柄ゆきがワを右に縦にある場合、自分から見て柄が正面に来る様に折るのでしょうか?それとも逆さにして折るのでしょうか?(逆さだと半東でお客様にお茶をお出しする際、お客様に柄の正面が見える)。 今までは利休梅など上下関係ない柄を使っていましたが新年で縦に柄ゆきがある物を購入し、たたみ方がわからず困っております(#+_+)


店主の葉摘み
Νοriさま
こんにちわ。よくいらっしゃいました。
よろしくお願い致します。

柄でお困りですね。
>柄が正面に来る様に折る。・・が正解です。

濃茶で茶碗に添えて出す事もありますよね。
常に茶碗の正面と古帛紗の正面を同じにしないと、あちこちになって落ち着きません。


Νοri
店主さま。早速のお返事ありがとうございます。教えて頂く方もいず助かりました。半年前からお茶を習いました。今のところ楽しいです、永い道ですが頑張ります。このblog勉強になりますね~


店主の葉摘み
Νοriさま
お役に立ててうれしいです。
半年ですか。覚える事が多いし、現代にはないことばかりで
戸惑うことわからない事のオンパレードだと思います。
昔の日本だったら普通の事が、現代社会では見失っている。
日本再発見!

茶の湯は日本の遊び、日本人の教養の究極です。
がんばってね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
二日連続の講座を受けたようです。
お茶のことを知らない私でも楽しく読ませていただきました。新しい年は今よりも生きるのが大変かもしれません、自分だけじゃなく、周りの人みんなが大変なるんです。そう想うとちょっと楽です。どんな時代も清く正しく出来るだけ頑張りたいです。
2008/12/20(Sat) 23:05 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
いよいよこの季節がやってきました~
葉摘みさんに教えていただいたように、
懐紙3種は忘れないようにしますね。
お金を袋に入れるときは懐紙にはさむのも
バッチリ!です。
(金額を間違えないようにしないと・・)

 ただ・・・当日は着付けが心配。
そのために早く起床できるかも不安です
2008/12/20(Sat) 23:41 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
すずめさま
誰も教えてくれないので、会得するのに恥をかきつつ何年もかかったの。
ここにお見えの方にはそんな苦労はさせたくない、と書いてます。
でもおもしろかった?
よかった~

来年かぁ・・・・
来年も「出たとこ勝負がんばり」だな。それしか出来ないし。
2008/12/21(Sun) 01:39 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
さすがです。
以前のアドバイスを良く覚えててくれて、いい子いい子!

着付けかぁ~。あれだけ着れれば大丈夫だよ。
あとは茶会で他の着物の人を観察し、いいとこ取りだね。
着付け教室の着方って、お茶の着方とちょっと感じが違うからね。
習うより慣れろ!でがんばってね。
2008/12/21(Sun) 01:49 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
懐に懐紙を落とすふりをしてビニール袋へ.....はぁーv-291お茶人はそうするのですね!ビニール袋と伺って堂々ごそごそブツを入れる自分の姿を想像しておりました。眼からウロコv-291
2008/12/21(Sun) 13:02 | URL  | でん助 #-[ 編集]
でん助さま
おもむろにビニール袋をゴソゴソ取り出す着物美女。。。
でん助さんのそんな姿を想像し、笑かしていただきました。^0^

袖の中に袋の口をひろげてスタンバっておくのよ~
表に出しちゃ色気もないわ。
お茶はきれい事。 大恩ある先生の口癖です。
2008/12/21(Sun) 18:36 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
雪 雪 雪
v-279v-276昼過ぎからの雪が積もってますv-276凍るのが、こわ~~~いv-292
2008/12/21(Sun) 19:45 | URL  | でん助 #-[ 編集]
追伸
お茶は綺麗ごと・・・・肝に銘じました
2008/12/21(Sun) 19:46 | URL  | でん助 #-[ 編集]
おはようございます。
先日「寿」の件でわざわざ電話を頂いたオカダです。書き込みは初めてでしたね。帯締めのご返答有難うございます。
2008/12/22(Mon) 07:49 | URL  | オカダ #-[ 編集]
2度目
着付け教室の着方って、お茶の着方とちょっと感じが違う点を教えてくださいませ
2008/12/22(Mon) 08:59 | URL  | オカダ #-[ 編集]
緊張です!
初・初釜が楽しみですが、私の先生のところは変わっているのでしょうか??
お弟子さんが亭主をやります。一番長く通ってる方がお濃茶、次の人が炭手前、
次の人がお薄、と・・・。
しかし数名の先輩が諸事情で薄茶点前をパスされたので、
超初心者の私がやることになってしまいました。

最初に購入した帛紗もようやく使い慣れてきたので、
初釜で新しい物を使うのはちょっと心配です(^^;
今のところまだ汚れはわからない程度なので、使いなれたのでやりたいところですが、大丈夫でしょうか?
折り皺は少々目立ちますが。
2008/12/22(Mon) 09:06 | URL  | Kei #4FOIkui6[ 編集]
雪に埋もれ・・・涙
v-276v-276v-276氷都と歌われるわが町v-405今朝起きてみたら雪に埋もれているではありませんかv-405そりゃ北国ですからちょっとの雪くらいは大丈夫です。でも埋もれるなんて!!車を少し動かそうとしたら空回りして填まってしまいご近所の助けを借り30分ほどで脱出。雪かきをしようとしたらベタ雪のため重すぎてスコップの枝が折れv-292それも2本もv-292雪かき不能に!スコップもお借りして・・・もう疲れました。休憩します。
2008/12/22(Mon) 11:07 | URL  | でん助 #-[ 編集]
先週で先生のお稽古終わってしまいました。

お稽古の日の朝はいつもいそがしかったけど

何を着ていこうか~手持ちは少ないですが

楽しみでした。

・・・初釜もなくなりましたが

先輩がお茶事に招いてくれました。

着物のアドバイスとても助かります。
2008/12/22(Mon) 11:41 | URL  | かれん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/22(Mon) 20:13 |   |  #[ 編集]
たくさんコメをありがとう!お返事遅くてごめんなさい。最近何やら忙しい・・・!
でん助さま
こっちも午前中はあったかで春のようだったけど
雨が降り出してからメッチャ寒いです!
そっちの雪雲がこっちに来て雨降らしてるのかしら・・・

どうぞ事故をおこさないように!とお祈りしてます。

「お茶はきれい事」
口癖のように先生がおっしゃっているのを耳にしてから、わたしも肝に銘じてます。
2008/12/23(Tue) 00:27 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
オカダさま
まだまだ修行足らずの店主でも、役に立つことがあるということは
とっても励みになります。こちらこそありがとうございます。

着付け教室とどこが違うかというと・・・う~ん。。。
お茶の着付けはなんとなくゆるいというか、動くことを前提としているというか。。。
着付け教室の方はマネキンさんのようにキチンときれいですね。
ちょっと硬い感じかな。
お茶の着物は胸元も袖もお太鼓もポケットだからね。
あとちょっと裾を長めに着るかな。
歩くと着物は持ち上がるからね。
着物の仕立ても、裄が若干長め。
お点前で手を伸ばすことが多いから。だから着付けも脇がゆるい。

着付け教室で習うことがいけないといってるんじゃないのよ。
一人で着られるからスタートして、動きやくい(仕事しやすい)形になっていけばいいと思います。
2008/12/23(Tue) 00:46 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
Keiさま
いえいえ、いろんな初釜があって当然です。
わたしの知っている先生のところも、高齢で先生の足腰が弱っているので
茶歴の長くて足腰の丈夫な方がなさってます。

お薄のお点前をなさるのね。
いい経験になりますよ。うまくいっても失敗しても経験は宝。
そういう緊張感を経験すると、飛躍的に上手になります。
お稽古はどっかに甘えがあるからね。
でも一発勝負は甘えてられない。
そんな心構えのおかげで、うんとお点前が上手になったという事例は
たくさん見ていますから、Keiの躍進を保障します!

緊張感を少しでも軽くするためにも、帛紗は使い慣れたものの方がいいですよ。
揉んで叩いておけばきれいになりますから。
折しわも気にしないで。大丈夫!
2008/12/23(Tue) 00:59 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
でん助さま
うぅ・・・そりゃ大変だ~!
うちの雪かきスコップ送りましょうか?

そういう日は「出かけるな!」ということだと観念して
コタツでマッタリ休憩してくださいな。
2008/12/23(Tue) 01:03 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
かれんさま
そうですか。終わりましたか。。。

お正月のお茶事、よかったですね。楽しみですね。

ここのみんなで集まって、いつかお茶のお楽しみ会でもしたいですね。
うん。こりゃいい考えだ!
本気で計画しようかな!!
2008/12/23(Tue) 01:09 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
鍵コメさま
サンタがしたことで、わたしはよく知りませんが
よかったですね~。
よい子には良い事があります。
2008/12/23(Tue) 01:12 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ありがとうございます
心強いコメントありがとうございます。

貴重な経験としてありがたく挑みたいと思います!!
2008/12/25(Thu) 09:44 | URL  | Kei #-[ 編集]
Keiさま
そうそう。その意気!

こんなチャンスはめったにないと思って。
しり込みしていちゃもったいないですよ。
緊張も一度経験すればもう怖くない!
何事もプラスにもっていってくださいね。
そうすればどんどん楽しみが増えてお茶がおもしろくなっていきますから。

Keiさんの応援隊長ですよ。
2008/12/25(Thu) 23:50 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
はじめまして。古帛紗の事でわからない事があり検索しておりました。お教え願えれば幸いです。ワを右にして折るのはわかりましたが、柄ゆきがワを右に縦にある場合、自分から見て柄が正面に来る様に折るのでしょうか?それとも逆さにして折るのでしょうか?(逆さだと半東でお客様にお茶をお出しする際、お客様に柄の正面が見える)。 今までは利休梅など上下関係ない柄を使っていましたが新年で縦に柄ゆきがある物を購入し、たたみ方がわからず困っております(#+_+)
2012/01/20(Fri) 05:11 | URL  | Νοri #-[ 編集]
Νοriさま
こんにちわ。よくいらっしゃいました。
よろしくお願い致します。

柄でお困りですね。
>柄が正面に来る様に折る。・・が正解です。

濃茶で茶碗に添えて出す事もありますよね。
常に茶碗の正面と古帛紗の正面を同じにしないと、あちこちになって落ち着きません。
2012/01/20(Fri) 16:18 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
店主さま。早速のお返事ありがとうございます。教えて頂く方もいず助かりました。半年前からお茶を習いました。今のところ楽しいです、永い道ですが頑張ります。このblog勉強になりますね~
2012/01/21(Sat) 03:56 | URL  | Νοri #-[ 編集]
Νοriさま
お役に立ててうれしいです。
半年ですか。覚える事が多いし、現代にはないことばかりで
戸惑うことわからない事のオンパレードだと思います。
昔の日本だったら普通の事が、現代社会では見失っている。
日本再発見!

茶の湯は日本の遊び、日本人の教養の究極です。
がんばってね。
2012/01/21(Sat) 11:06 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック