FC2ブログ
とっちらかして覚えていることが、ある日繋がっていく瞬間がある。
知っていくほどに、なにも知らないという事を思い知らされる。
今日はそんなお話。

言葉には時代背景があります。 ヤマボウシの照り葉と西王母椿
生まれた言葉には意味が潜んでいます。
千年の時を経ても変わらない茶のフレーズは、
歴史風景がわからないと理解できないと痛感します。


茶湯(さとう)、茶の湯、茶道という言葉。

茶の湯についての本を読んでいると、
あるときまで「茶湯」と書いてあったのが
いつの間にか「茶の湯」となることを不思議に思っていました。

「茶湯」と「茶の湯」はいったいどう違うのか。

茶を飲むという行為は、千三百年ほど前に中国に留学した僧が、
僧院での喫茶の習慣を禅と共に持ち帰ります。
でもこのころは煎じ薬のような煮出し茶で薬扱い。

約九百年前
茶祖といわれる栄西禅師が、禅修行に行き持ち帰ったのが
当時の中国で最先端の、粉末の茶を湯で溶く喫茶法。 
ここで抹茶が伝わります。
まだ「薬湯」の中の「茶湯」。でも茶と禅の結び付きは深くなります。
この時代は源実朝の鎌倉時代。

上流武士の間での茶を飲む行為を「喫茶」
僧院では「茶礼」 (四ッ頭茶会として今に伝わっています。)
抹茶を湯で溶いて飲むことを「茶湯」

「茶湯(さとう)」という言葉が「茶の湯」に変わっていったのは
約六百年前
村田珠光の出現によります。
珠光は一休禅師(一休さんのモデル)に禅を学び、
足利義政(八代将軍)に仕える能阿弥から茶を学びます。
義政は銀閣寺に四畳半の書院付きの間を作り、台子の茶を行います。
一般人の珠光は町居の中に簡素な四畳半茶室を建て、
「わび茶」の基礎を作っていきます。
その頃から「茶の湯」という言葉が生まれていきます。

「茶湯」は特権階級の茶。「茶の湯」は市中に降りてきた茶。
店主はそう理解しました。


長くなったので「茶道」という言葉については、また明日。

応援ありがとうございます。
あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ 

【2008/11/06 19:03】 | 点前所作のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック