FC2ブログ
日本礼道小笠原流の全国大会が、横浜のホテルモントレ横浜でありました。
ご縁があって茶券が手に入ったものですから、
なかなか目にすることの無い「煎茶道」、興味シンシンで行ってまいりました。

「福聚席」という名の玉露席
煎茶は軸脇に 「千年寿」というテーマ
「盛物」(もりもの)という飾りをします。 茶道の茶花のようなものかな。

煎茶道具もおもしろい 小さい道具がたくさん!
お点前は末席が良く見えるというアドバイスに、すばやくゲット。

山野草をたくさん飾り 煎茶道 022
秋の野遊びの景色にしていました。

ぬるいお湯とたっぷりの茶葉で入れた玉露を、
お猪口くらいの大きさの小さな煎茶茶碗でいただきます。
一煎目はなんともいえないトロリとした甘み。
お菓子をいただいて、次の二煎目は本来のコクが。
・・・出来たらもう少し大きいお茶碗で、たっぷりいただきたいなぁ・・・


「ビクトリア席」という名が付いた紅茶点前。
座った位置から

セッティングが興味深いです。
ここでもアドバイスがあり、丸テーブルの中ほどにすばやく着席。

煎茶道の道具を ティーセットは、ヘレンドの「インドの華」   アウガルテンの「ビーダーマイヤー」
ティーセットにうまく組み合わせ、日英協定していました。

お茶も、フォートナム&メイソンに茎茶を、目の前でミックスした「紅茶ジャパネスク」。
お菓子は、「ビューティー・オブ・オータム」 モンブラン風のプティケーキ。

お点前は煎茶道色が強いかしら。
なかなか面白いお点前で、
「今度うちの茶会でもやってもらえないかしら・・」と密かにもくろむ店主でした。


ティーポットの蓋が凝ってます♪
煎茶道 011   煎茶道 012
煎茶道 013   煎茶道 015


応援ありがとうございます。
あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ 

【2008/10/21 18:11】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

紅茶も
小紋
 このような うつくしい茶器でいただくと なお美味しいでしょうね。 
 妹が お煎茶長くしておりました 今はどうでしょう? 
 美味しいおせんべいおくってもらったので 今日は お茶でいただきます。


ちょきたら
まあ、めずらしい!!
煎茶道は見たことがないです~
お茶は1回でお客様の数だけ入れるのですか?
お菓子はやはり独特なものなのでしょうか?

 紅茶のポットは優雅~
ゆっくりくつろいでお茶したくなっちゃいますね。


まな。
これは珍しいものを!
以前テレビでちょっとだけお点前を拝見したことが
ありましたけれど、生で目の前にすると
全く違う感動でしょうね~!山の野遊びの景色が
ステキでとても気に入ってしまいました。

紅茶ポットの持ち手の繊細で愛らしいこと。
そーっと大事に扱わないとポトンと取れてしまいそうです(表現が繊細ではないですねi-201


葉摘み
小紋さま
紅茶セットの右側のビーダーマイヤーは、超高いんですよ。
ティーカップ1客が10万円以上するんだよ!ってお嬢に言ったら、
「抹茶茶碗のほうが高いじゃん。」と普通に言われ
なるほど・・と、納得の母でした。

正直に言うと、もっと大きな湯飲みで熱々を飲みたいです。
庶民的な煎茶の狭山茶育ちですから・・(笑


葉摘み
ちょきたらさま
普通は一回に5人分入れます。
お菓子は普通の上生で、少し小ぶりかな?

行った事がないのなら、今度機会があったらお誘いしますね。
ティーセットはほんとにきれいでしたよ。
畑違いの外国陶磁器で、わたしにはよくわからないけど、
良い物なのはわかりました。


葉摘み
まな。さま
たまには煎茶道もいいでしょ?
縁が無いとなかなか行け無いのですが、
「道」と付くものはどれもキリッとしていて、わたしの性にあってます。

ほんとに繊細な作りで、お点前さんが蓋を取るときとても緊張していたのが印象に残りました。
粗相者のわたしにはとっても使えない。
洗うときにカチンとぶつけ、ポロッと取れちゃいそうです。(^^;


yoko
わぁ~♪煎茶道、素敵!!
それによくTVなどで1杯5000円とかのお茶を出しているお店など紹介していて、
いただいてみたいな~と思っています(思うだけ^^)
ちゃんとした茶道になっているのですね^^;

紅茶もなんだか一流な感じ。器は左のヘレンドのシリーズはよくお見かけしますが、
右はアウガルテンというのですね。。素敵ですね~。
茎茶とあわせるというところもまた斬新(笑)とても楽しそうです♪

はじめまして
hanae
こんにちは、よく拝見しております。これからも遊びにきます☆


葉摘み
yokoさま
わーっ!YOKOさん、コメントありがとうございます。
読み逃げばかりでごめんなさいね。

ヘレンドを知ってるんですね。さすがです。
わたしは会記を見てオタオタと知っている振りをしました。(恥
洋食器はようわからん・・
アウガルテンはネットで調べ、メッチャ高い食器だと言うことだけはわかりました。


葉摘み
hanaeさま
そうですか。いつもありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

新しいお友達が増えてきてうれしい限りです。(喜

今日大雨の中、四ッ頭茶会に鎌倉まで行ってきました。
茶会は面白かったのですが、鎌倉まで行ったのに直行直帰・・(;;


すずめ
pcの前にいながら、世界を知るように、たくさんの事を教えてくれる葉摘みちゃん、有難う!
楽しいよ。(^^)
紅茶は、black tea(ぶらっく てぃ)って言うらしいよ。今日初めて知りました。


ちょぴはぴ
こんにちは。
私も先日、煎茶道の体験会へ行ってまいりました~
茶器が小さくて可愛い。
私もたっぷり湯飲みで飲んでみたかったです^^
お点前をされた方のお友達が写真を撮られていたので、私も便乗させていただき、お点前中に何枚か撮らせていただきました。
まだ茶道教室へ行く前でしたので、作法もわからないままでしたが、楽しかったです。

さらにさらに、紅茶手前などというものもあるのですね~。
こちらも茶器が美しいですね!


葉摘み
すずめさま
わたしの茶会記録記のようになってしまったのですが、そう取っていただけるとうれしいです。

black tea・・・知らなかった!
煎はgreen tea、から考えると納得ですね。


葉摘み
ちょぴはぴさま
やっぱり!
たっぷりのみたいですよね。庶民感覚ですね(笑

茶の湯と作法が違うので、お茶・お菓子・お茶という順番としか知りませんが、
違う世界を垣間見られて良い経験でした。

紅茶点前は最近の流行のようです。
他の流儀にも見られます。時代感覚にあわせたのでしょうかね。


kazumi
学生時代の友人piraちゃんの母上はこの煎茶道の先生なので少し知ってはいましたがなかなか面白い趣向ですね。
紅茶もシノワズリー?オリエンタルな感じで華麗なる一族のテーブルセッティングを思わせますねぇ。
何でも「道」にして究めていくのが日本的だと思いました。


小紋
 ほんと 取っ手(とっても)優雅な作りで よーくみました。食器ともおもえません。
 古来のお茶の道具より 身近に感じる紅茶のお道具で 複雑です。


葉摘み
kazumiさま
紅茶もシノワズリー?・・・
シノワズリーの意味がわかりません。(赤面

>何でも「道」にして究めていくのが日本的だと思いました。
几帳面でまじめな日本人風にすると、「道」になっちゃうのでしょうね。

堅苦しいうえになんじゃこりゃの点前作法を習得し、
根底にある精神性を探求し、
更にそれを突き抜けるところに「道」の喜びはある。
マゾの境地だわ。


葉摘み
小紋さま
ほんとにきれいで繊細な作りだったので、みんなにも見せたくなりました。
じっくり見てくれて共有できてうれしいです。
優美よねぇ~。

お点前をしている方が、壊しそうで怖いと言ってましたよ。

家元全国茶会においでいただきありがとう
あっこ
始めまして。
日本礼道小笠原流を修行中ののあっこです。
先日のお茶会においで下さったそうで、ありがとうございます。
ひょんなことからこちらにお邪魔しています。
今回の茶会では、私は紅茶のビクトリア席の水屋を担当しました。
お抹茶のお茶席とは一味違う席作りや点前やお花、楽しんで頂けたでしょうか?
また、紅茶、美味しくいただけました?
私のHPにもUPしていますので、ご覧いただけましたら嬉しいです。


葉摘み
あっこさま
ご訪問コメありがとうございます。
はい、ものすごく堪能させていただきました。
↑記事内容からわたしの興奮が伺えると思います。

はい。遊びに伺わせていただきますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
紅茶も
 このような うつくしい茶器でいただくと なお美味しいでしょうね。 
 妹が お煎茶長くしておりました 今はどうでしょう? 
 美味しいおせんべいおくってもらったので 今日は お茶でいただきます。
2008/10/21(Tue) 20:42 | URL  | 小紋 #-[ 編集]
まあ、めずらしい!!
煎茶道は見たことがないです~
お茶は1回でお客様の数だけ入れるのですか?
お菓子はやはり独特なものなのでしょうか?

 紅茶のポットは優雅~
ゆっくりくつろいでお茶したくなっちゃいますね。
2008/10/21(Tue) 23:47 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
これは珍しいものを!
以前テレビでちょっとだけお点前を拝見したことが
ありましたけれど、生で目の前にすると
全く違う感動でしょうね~!山の野遊びの景色が
ステキでとても気に入ってしまいました。

紅茶ポットの持ち手の繊細で愛らしいこと。
そーっと大事に扱わないとポトンと取れてしまいそうです(表現が繊細ではないですねi-201
2008/10/22(Wed) 00:24 | URL  | まな。 #FVwvSS3E[ 編集]
小紋さま
紅茶セットの右側のビーダーマイヤーは、超高いんですよ。
ティーカップ1客が10万円以上するんだよ!ってお嬢に言ったら、
「抹茶茶碗のほうが高いじゃん。」と普通に言われ
なるほど・・と、納得の母でした。

正直に言うと、もっと大きな湯飲みで熱々を飲みたいです。
庶民的な煎茶の狭山茶育ちですから・・(笑
2008/10/22(Wed) 22:38 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
普通は一回に5人分入れます。
お菓子は普通の上生で、少し小ぶりかな?

行った事がないのなら、今度機会があったらお誘いしますね。
ティーセットはほんとにきれいでしたよ。
畑違いの外国陶磁器で、わたしにはよくわからないけど、
良い物なのはわかりました。
2008/10/22(Wed) 22:43 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
まな。さま
たまには煎茶道もいいでしょ?
縁が無いとなかなか行け無いのですが、
「道」と付くものはどれもキリッとしていて、わたしの性にあってます。

ほんとに繊細な作りで、お点前さんが蓋を取るときとても緊張していたのが印象に残りました。
粗相者のわたしにはとっても使えない。
洗うときにカチンとぶつけ、ポロッと取れちゃいそうです。(^^;
2008/10/22(Wed) 22:50 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
わぁ~♪煎茶道、素敵!!
それによくTVなどで1杯5000円とかのお茶を出しているお店など紹介していて、
いただいてみたいな~と思っています(思うだけ^^)
ちゃんとした茶道になっているのですね^^;

紅茶もなんだか一流な感じ。器は左のヘレンドのシリーズはよくお見かけしますが、
右はアウガルテンというのですね。。素敵ですね~。
茎茶とあわせるというところもまた斬新(笑)とても楽しそうです♪
2008/10/24(Fri) 10:58 | URL  | yoko #-[ 編集]
はじめまして
こんにちは、よく拝見しております。これからも遊びにきます☆
2008/10/24(Fri) 12:33 | URL  | hanae #-[ 編集]
yokoさま
わーっ!YOKOさん、コメントありがとうございます。
読み逃げばかりでごめんなさいね。

ヘレンドを知ってるんですね。さすがです。
わたしは会記を見てオタオタと知っている振りをしました。(恥
洋食器はようわからん・・
アウガルテンはネットで調べ、メッチャ高い食器だと言うことだけはわかりました。
2008/10/24(Fri) 21:50 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
hanaeさま
そうですか。いつもありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

新しいお友達が増えてきてうれしい限りです。(喜

今日大雨の中、四ッ頭茶会に鎌倉まで行ってきました。
茶会は面白かったのですが、鎌倉まで行ったのに直行直帰・・(;;
2008/10/24(Fri) 21:56 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
pcの前にいながら、世界を知るように、たくさんの事を教えてくれる葉摘みちゃん、有難う!
楽しいよ。(^^)
紅茶は、black tea(ぶらっく てぃ)って言うらしいよ。今日初めて知りました。
2008/10/24(Fri) 22:39 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
こんにちは。
私も先日、煎茶道の体験会へ行ってまいりました~
茶器が小さくて可愛い。
私もたっぷり湯飲みで飲んでみたかったです^^
お点前をされた方のお友達が写真を撮られていたので、私も便乗させていただき、お点前中に何枚か撮らせていただきました。
まだ茶道教室へ行く前でしたので、作法もわからないままでしたが、楽しかったです。

さらにさらに、紅茶手前などというものもあるのですね~。
こちらも茶器が美しいですね!
2008/10/24(Fri) 23:43 | URL  | ちょぴはぴ #CJdSc1iM[ 編集]
すずめさま
わたしの茶会記録記のようになってしまったのですが、そう取っていただけるとうれしいです。

black tea・・・知らなかった!
煎はgreen tea、から考えると納得ですね。
2008/10/25(Sat) 10:41 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょぴはぴさま
やっぱり!
たっぷりのみたいですよね。庶民感覚ですね(笑

茶の湯と作法が違うので、お茶・お菓子・お茶という順番としか知りませんが、
違う世界を垣間見られて良い経験でした。

紅茶点前は最近の流行のようです。
他の流儀にも見られます。時代感覚にあわせたのでしょうかね。
2008/10/25(Sat) 10:46 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
学生時代の友人piraちゃんの母上はこの煎茶道の先生なので少し知ってはいましたがなかなか面白い趣向ですね。
紅茶もシノワズリー?オリエンタルな感じで華麗なる一族のテーブルセッティングを思わせますねぇ。
何でも「道」にして究めていくのが日本的だと思いました。
2008/10/27(Mon) 00:22 | URL  | kazumi #-[ 編集]
 ほんと 取っ手(とっても)優雅な作りで よーくみました。食器ともおもえません。
 古来のお茶の道具より 身近に感じる紅茶のお道具で 複雑です。
2008/10/28(Tue) 04:55 | URL  | 小紋 #-[ 編集]
kazumiさま
紅茶もシノワズリー?・・・
シノワズリーの意味がわかりません。(赤面

>何でも「道」にして究めていくのが日本的だと思いました。
几帳面でまじめな日本人風にすると、「道」になっちゃうのでしょうね。

堅苦しいうえになんじゃこりゃの点前作法を習得し、
根底にある精神性を探求し、
更にそれを突き抜けるところに「道」の喜びはある。
マゾの境地だわ。
2008/10/28(Tue) 23:59 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
小紋さま
ほんとにきれいで繊細な作りだったので、みんなにも見せたくなりました。
じっくり見てくれて共有できてうれしいです。
優美よねぇ~。

お点前をしている方が、壊しそうで怖いと言ってましたよ。
2008/10/29(Wed) 00:06 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
家元全国茶会においでいただきありがとう
始めまして。
日本礼道小笠原流を修行中ののあっこです。
先日のお茶会においで下さったそうで、ありがとうございます。
ひょんなことからこちらにお邪魔しています。
今回の茶会では、私は紅茶のビクトリア席の水屋を担当しました。
お抹茶のお茶席とは一味違う席作りや点前やお花、楽しんで頂けたでしょうか?
また、紅茶、美味しくいただけました?
私のHPにもUPしていますので、ご覧いただけましたら嬉しいです。
2008/11/06(Thu) 19:42 | URL  | あっこ #7a.2hWyg[ 編集]
あっこさま
ご訪問コメありがとうございます。
はい、ものすごく堪能させていただきました。
↑記事内容からわたしの興奮が伺えると思います。

はい。遊びに伺わせていただきますね。
2008/11/06(Thu) 20:21 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック