昨日、表千家同門会県支部の夏期講習会があったので
雨にも負けず行ってきました。
その訳は、
熊倉功夫先生の「元伯宗旦の茶の湯」という講演があるからです。

行ってよかったぁ~!
熊倉先生は大変お話がお上手で、あきることなく講演が進みます。


たくさん欠けていたピースが埋まりました。
そこで得た知識いろいろ。

利休のあとを継いだ少庵は、実は後妻の宗恩の連れ子。
 (宗恩が利休に送った包み帛紗が現在の帛紗サイズの原型です)
と言うことは、利休の血は途絶えているのでは・・と思っていました。
少庵の妻おちょうは利休の娘と言う説があるそうです。

少庵の子が宗旦。
利休が太閤秀吉を迎えての茶事に、孫の宗旦(約十才)が
給仕として座敷に出たそうです。
宗旦は利休の茶の湯を実際に経験しているということ。

宗旦が家督を継いだときは二十才。
苦労が多かったようで、四十年近くうつ病であったということ。

宗旦には四人の息子があり、長男次男は先妻、三・四男は後妻の子。
次男・一翁宗守が武者小路千家。 
三男・江岑宗左が表千家。 四男・仙叟宗室が裏千家。
しかし長男・閑翁宗拙は勘当され、継ぐことが出来ませんでした。

息子達に自分の苦労はさせまいと、生活の安定に苦心したうえ
それぞれの茶の道を開いた宗旦は、心から息子を愛していたはず。
どうしてなんだろうと思ってました。
その訳は、
江戸の大名に勤めた時、将軍御成りの折に風炉の灰形を作ったところ、
主人が将軍の茶道に灰を改めて欲しいと申し出たので
顔を潰された宗拙は出社拒否。
それに怒った大名は、「手討ちじゃ!」と家来を送る。
こりゃ大変と、宗拙は夜逃げをして京に逃げ帰る。
逃げ帰ったからといって、追っ手が掛かった息子を家に入れるわけにも行かず
勘当という形をとることにより、家と宗拙を含む息子達を守ったということ。


まだまだ続く。

ここで一服。 
季節ですね。白焼きになってます。塩を振って・・・♪
那珂川の鮎が届きました。
栃木の黒羽で藍染を生業にしている友人から。 
ありがたいことです。

応援ありがとうございます。
あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ

【2008/06/30 21:04】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |


ひげ
葉摘みさん おはようございます・・・・。

昨日今日は葉摘み先生ですね・・・・・。
暫く真面目に受講いたしましょう・・・・。


葉摘み
ひげさん
そろそろ夕方です。今日は暑かったわ。

何のこっちゃの文を読んでくださってありがとう!
復習のお勉強に付き合ってくれてうれしいです。

歴史すきです
小紋
権力とともに 栄えたともいえる茶道のお話
 とても面白いです。


葉摘み
小紋さま
わたしは理系だったので歴史は苦手でした。

茶の湯を習い始め、神様のように思われている人たちを少し詳しく知ったのですが、
でも家系図で覚えただけでちっとも面白くなかった。

こうやって知っていくと生身の人間。
人物像がイキイキしてきて身近に感じ始め、興味がわいてきます。
利休や宗旦の家庭を勝手口から覗いているみたいです。

風干しの鮎
boumama
昨年のこのおいしそうな鮎覚えていますよ♪

そして素麺などに使うとより美味しいとかなんとか・・・コメント入れたように思いますが早いものです。しかし、1年経っても同じ事を感じると言うことは・・・ちっとも成長していない・・と、いうことかしらん?

敷いてあるのは山吹の葉でしょうか?


葉摘み
boumamaさま
そうそう。思い出しました。
今年も相変わらず、塩振って簡単に食べてしまいました。
成長がありません。(笑
考えるとboumamaさんとも付き合いが長いですねぇ・・シミジミ

良く分かりましたね、ビックリ! その通り。山吹です。
目の前にある葉を手折って何も考えず敷きました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
葉摘みさん おはようございます・・・・。

昨日今日は葉摘み先生ですね・・・・・。
暫く真面目に受講いたしましょう・・・・。
2008/07/01(Tue) 07:41 | URL  | ひげ #-[ 編集]
ひげさん
そろそろ夕方です。今日は暑かったわ。

何のこっちゃの文を読んでくださってありがとう!
復習のお勉強に付き合ってくれてうれしいです。
2008/07/01(Tue) 18:01 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
歴史すきです
権力とともに 栄えたともいえる茶道のお話
 とても面白いです。
2008/07/01(Tue) 18:11 | URL  | 小紋 #-[ 編集]
小紋さま
わたしは理系だったので歴史は苦手でした。

茶の湯を習い始め、神様のように思われている人たちを少し詳しく知ったのですが、
でも家系図で覚えただけでちっとも面白くなかった。

こうやって知っていくと生身の人間。
人物像がイキイキしてきて身近に感じ始め、興味がわいてきます。
利休や宗旦の家庭を勝手口から覗いているみたいです。
2008/07/01(Tue) 23:40 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
風干しの鮎
昨年のこのおいしそうな鮎覚えていますよ♪

そして素麺などに使うとより美味しいとかなんとか・・・コメント入れたように思いますが早いものです。しかし、1年経っても同じ事を感じると言うことは・・・ちっとも成長していない・・と、いうことかしらん?

敷いてあるのは山吹の葉でしょうか?
2008/07/04(Fri) 12:26 | URL  | boumama #-[ 編集]
boumamaさま
そうそう。思い出しました。
今年も相変わらず、塩振って簡単に食べてしまいました。
成長がありません。(笑
考えるとboumamaさんとも付き合いが長いですねぇ・・シミジミ

良く分かりましたね、ビックリ! その通り。山吹です。
目の前にある葉を手折って何も考えず敷きました。
2008/07/04(Fri) 16:55 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック