莨盆の話を続けましょう。
茶事のとき、亭主はどんなことを語らせようとしているのか。


客は玄関の手がかりが開いていると、用意ができている合図と知り
中には入ります。
寄付き(身支度&準備室)に入ると、掛け物と莨盆が迎えます。

そこで生きているのは、莨盆の火だけです。
落ち加減の火が、到来を待ち浴びていた亭主の心を表現します。
「うれしくて心待ちのあまり、早めに莨盆を用意してしまいました。」

盆には灰吹きと火入れしか入っていません。
「お手持ちの好みの煙草でおくつろぎ下さい。」と語っています。

外腰掛に進みます。 
入席OKと合図があるまで待機するベンチですね。
そこにも莨盆が置いてあります。
ここには煙管と莨タトウが付いています。
客は茶席に最低限度しか持って入らないので、当然煙草も置いてきます。
「ここまでは煙草OKです。お持ちでないでしょうから、こちらをどうぞ。」
「席中ではノースモーキングですよ。」 と話しかけます。

前席では、懐石をいただきます。
莨盆は出されないので「禁煙」ということです。

中立ち(席を外す)があり、外腰掛に移動すると莨盆が用意されています。
火入れの火は、頃合いを見計らって作った火。
「ガマンした分、存分に楽しんでリラックスして下さい。」

後座では最初はお濃茶。
重々しくお手前が進みます。
次に薄茶。
このとき座布団と煙管タトウ付の莨盆が、客に出されます。
「どうぞお楽に。」という合図です。 じっくり見たことある?
 
座が緩みます。
そのときはしっかりおきた出来立ての火。
「時間を気にせず、ゆるゆると楽しんでください。」 
亭主の気持ちを代弁します。

ノースモーキングのご時勢。
莨盆は茶会に必要のないものになっているかも知れません。
正客の座る場所のマーカーと形骸的になっているやも。

でも、亭主の心を表現する重要なアイテムだと思います。
客は莨盆の火の語りかけを、目から心に聞き取ってください。


莨盆の火入れは楽しい! そして奥が深い!
だから、またカテゴリーを増やしてしまったわ。(笑

応援ありがとうございます。あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ

【2008/06/18 18:31】 | 莨盆のこと
トラックバック(0) |


ひげ
葉摘みさん おばんです。

見えないところでの気遣い・・・・おっちゃんも見習います・・・出切るか出来ないか・・・わかりませんが・・・。笑)


葉摘み
ひげさん
早々とおこしやす。

さりげない語りかけとそれを読み取り力。
昔の人は教養がありましたね。

今は見えるものしか見えなくなってる。。。さりげなさを私も見習いたいです。


柴いぬ
こんばんわ。

なんと、すばらしい配慮でしょう。
三つの出番で、それぞれ、こんなに奥深い役を演じてるのですね。 ただ単に灰形がキレイに出来な~い なんて、叫んでる場合では無いですね・・・
炭(たどん?)の景色まで計算して用意する亭主。と、水屋の方。

ほぅ(ため息)です。 茶道やっぱり好きです。わん。


 


ちょきたら
 こんなに亭主が思いをこめて、莨盆を用意してくださってるなんて、思いもしませんでした。
たしかに形骸化しつつあるのかもしれませんが、
そこからも亭主のおもてなしの心を感じることができるのは
うれしいことです。
いつか、わたしも火入れの灰を作ってみたいなあ。

 昨日の菖蒲園でのお父上、とっても楽しそうでしたね^^


葉摘み
柴いぬさま
茶花とか灰形とか、当日に用意する物に亭主の力量が顕著に出ます。
こういうことも知っていると茶席の楽しみが増えるでしょ?

あぁ楽しい。あぁ恐ろしい。だから茶の湯はきりがない♪
どんなにやっても知る喜びが尽きません。


葉摘み
ちょきたらさま
今度のお茶事の楽しみが増えたでしょ。
あまり言葉を交わさないだけに、さまざまな道具が語りかけます。

火入れの灰ね。
やりたくなったら来て下さい。いつでもコツをお教えしましよ。


すずめ
It's very difficult for me that I understand TENSYU's thoughtfulness.
*thoughtfulness= "kokorokubari"


葉摘み
すずめさま
どうしてだろうね?また外人になっちゃってる。

習っている人でも、ここまで考えない人が多いと思うよ。

西洋的な主張文化の中にいると、ともすれば忘れてしまう。
東洋的な受身の感覚は、人の気持ちを汲み取る力かな。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
葉摘みさん おばんです。

見えないところでの気遣い・・・・おっちゃんも見習います・・・出切るか出来ないか・・・わかりませんが・・・。笑)
2008/06/18(Wed) 19:02 | URL  | ひげ #-[ 編集]
ひげさん
早々とおこしやす。

さりげない語りかけとそれを読み取り力。
昔の人は教養がありましたね。

今は見えるものしか見えなくなってる。。。さりげなさを私も見習いたいです。
2008/06/18(Wed) 22:18 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
こんばんわ。

なんと、すばらしい配慮でしょう。
三つの出番で、それぞれ、こんなに奥深い役を演じてるのですね。 ただ単に灰形がキレイに出来な~い なんて、叫んでる場合では無いですね・・・
炭(たどん?)の景色まで計算して用意する亭主。と、水屋の方。

ほぅ(ため息)です。 茶道やっぱり好きです。わん。


 
2008/06/18(Wed) 22:39 | URL  | 柴いぬ #-[ 編集]
 こんなに亭主が思いをこめて、莨盆を用意してくださってるなんて、思いもしませんでした。
たしかに形骸化しつつあるのかもしれませんが、
そこからも亭主のおもてなしの心を感じることができるのは
うれしいことです。
いつか、わたしも火入れの灰を作ってみたいなあ。

 昨日の菖蒲園でのお父上、とっても楽しそうでしたね^^
2008/06/18(Wed) 23:47 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
柴いぬさま
茶花とか灰形とか、当日に用意する物に亭主の力量が顕著に出ます。
こういうことも知っていると茶席の楽しみが増えるでしょ?

あぁ楽しい。あぁ恐ろしい。だから茶の湯はきりがない♪
どんなにやっても知る喜びが尽きません。
2008/06/19(Thu) 17:40 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
今度のお茶事の楽しみが増えたでしょ。
あまり言葉を交わさないだけに、さまざまな道具が語りかけます。

火入れの灰ね。
やりたくなったら来て下さい。いつでもコツをお教えしましよ。
2008/06/19(Thu) 17:43 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
It's very difficult for me that I understand TENSYU's thoughtfulness.
*thoughtfulness= "kokorokubari"
2008/06/20(Fri) 01:07 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
すずめさま
どうしてだろうね?また外人になっちゃってる。

習っている人でも、ここまで考えない人が多いと思うよ。

西洋的な主張文化の中にいると、ともすれば忘れてしまう。
東洋的な受身の感覚は、人の気持ちを汲み取る力かな。
2008/06/21(Sat) 13:21 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック