昨日の初釜は、先生手作りの飾り炭
温かく気持ちの良い日でした。

松の内にいただく今年最初の一服は、格別な気がいたします。
床を見ても道具組を見ても、やはり正月気分が抜けないうちのほうが
気持ちがすっと入りますね。
初釜の床飾り

嶋台の重ね茶碗で濃茶をいただいたとき、
先生が高台の鶴亀についてお話なさいました。 
以前記事にいたしましたので、こちら↓をどうぞ。     こちら↓もどうぞ
                   嶋台という茶碗        嶋台で濃茶

隣の方が聞いてきます。
「どうして嶋台と言う名がついたのですか?」

う~む・・何の疑いもなく、“この形は嶋台”でインプットされてた。
初心者の方やお茶を知らない方は、すごい質問をなさいます。
すばらしい! 

早速調べてみました。
「茶道大辞典」には、知っている以上のことは書いてありません。
ネットで調べたら怪しいのが二つ見つかりました。
  


>祝言物として有名な「高砂」は、世阿弥作の能の曲名です。
物語は、九州阿蘇の宮の神主友成が、高砂の浦で松の下を清めている老夫婦に出会い、”高砂”、”住吉”という二本の 名木とされる松が「相生の松」と称されるいわれを聞くというものです。
老夫婦が尉(じょう)と姥(うば)で、高砂、住吉の松の精なのです。
この尉と姥を、長寿の夫婦の象徴として嶋台にのせたものが、高砂人形です。

>歌舞伎の演目   鶴寿亀曽我嶋台


表千家七代の如心斎(1705-51)により「嶋台」は生まれました。
わりと近年に生まれた道具ですね。

楽・長入作の「元祖・嶋台」を江戸千家家元の初釜で拝見したことがあります。
今のように大きなドンブリ型ではなく、平たく深皿形をしていました。

如心斎は、七事式を考案したり、
現在の家元制度の基盤を築き上げた人物とされています。 
“千家茶道中興の祖”と敬われ、革新的なアイデアマンです。

嶋台という名がどうしてついたかは、まだわからないのですが
想像を遠くまで飛ばし、以上の情報を頭の隅に抱えていれば
いつかピースがキチッとはまる時が来るでしょう。 
ワクワクします!

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ

【2008/01/07 12:12】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

目のお正月
boumama
遅ればせながらおめでとうございます。

今年のお正月は私事でベッドでの眠り正月が今でも続いてますが、このようにキリッとした空気の中に飾り炭があるとこちらまで気分を味わうことが出来ました。
お正月飾りの中でも昔からこの黒い炭を紅白の水引でお飾りするのが好みです。

今回はこのように立てて安定させて松を生けるのも勉強になりました。来年のお正月用に真似てみるね♪

追:ご心配かけましたがもう暫くウチで安静してろ!ということで今日も眠り続けています。


ひげ
正月がうちと、はだいぶ違います。笑)

お抹茶だけはいただきました。



葉摘み
boumamaさま
お手が痛いのにコメ、心からありがたいことです。
実はこの炭飾りはboumamaさんに見せたいと載せました。
下にはお米が敷き詰めてあります。
コントラストがとてもきれいでしたよ。

寝られるのは体が欲しているからです。
たまには体のお願い事を聞いてあげるのもいいですよ。
自分を律するのも自分だけど、やさしくしてやれるのも自分ですから。
おいといくださいませ。

ひげさん
お抹茶飲んでくれてますか!うれしいです。
カカさまがシャカシャカ?
さぞ美味しかったでしょうね!

やっぱり・・・♪
boumama
やっぱり私の想像どおりでしたね。このお飾り見ただけでも元気100倍もらったようです。モリ・モリになったよ。

それにしても上↑のひげさんがお抹茶?・・・と、暫し考え込みましたが(笑)こちらも・・・やっぱり・・ね。と、納得しました。
今日は晴れてお店も定休日になって主人も家にいた時間がありましたのでお雑煮と頂いたお茶を味わうことが出来ました。
しみじみとして初めて正月気分を味わったようでした。ありがとう☆


葉摘み
boumamaさま
よかったぁ~! 
気持ちが通じたのね。 うれしいわ~♪

たまには甘えて・・・・このこの~
少しずつね、ぼちぼちといきまっしょい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
目のお正月
遅ればせながらおめでとうございます。

今年のお正月は私事でベッドでの眠り正月が今でも続いてますが、このようにキリッとした空気の中に飾り炭があるとこちらまで気分を味わうことが出来ました。
お正月飾りの中でも昔からこの黒い炭を紅白の水引でお飾りするのが好みです。

今回はこのように立てて安定させて松を生けるのも勉強になりました。来年のお正月用に真似てみるね♪

追:ご心配かけましたがもう暫くウチで安静してろ!ということで今日も眠り続けています。
2008/01/08(Tue) 14:27 | URL  | boumama #-[ 編集]
正月がうちと、はだいぶ違います。笑)

お抹茶だけはいただきました。
2008/01/08(Tue) 16:30 | URL  | ひげ #-[ 編集]
boumamaさま
お手が痛いのにコメ、心からありがたいことです。
実はこの炭飾りはboumamaさんに見せたいと載せました。
下にはお米が敷き詰めてあります。
コントラストがとてもきれいでしたよ。

寝られるのは体が欲しているからです。
たまには体のお願い事を聞いてあげるのもいいですよ。
自分を律するのも自分だけど、やさしくしてやれるのも自分ですから。
おいといくださいませ。

ひげさん
お抹茶飲んでくれてますか!うれしいです。
カカさまがシャカシャカ?
さぞ美味しかったでしょうね!
2008/01/09(Wed) 18:21 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
やっぱり・・・♪
やっぱり私の想像どおりでしたね。このお飾り見ただけでも元気100倍もらったようです。モリ・モリになったよ。

それにしても上↑のひげさんがお抹茶?・・・と、暫し考え込みましたが(笑)こちらも・・・やっぱり・・ね。と、納得しました。
今日は晴れてお店も定休日になって主人も家にいた時間がありましたのでお雑煮と頂いたお茶を味わうことが出来ました。
しみじみとして初めて正月気分を味わったようでした。ありがとう☆
2008/01/09(Wed) 18:55 | URL  | boumama #-[ 編集]
boumamaさま
よかったぁ~! 
気持ちが通じたのね。 うれしいわ~♪

たまには甘えて・・・・このこの~
少しずつね、ぼちぼちといきまっしょい。
2008/01/09(Wed) 19:33 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック