FC2ブログ
夜、窓を開けて運転していると
しっとりした空気の中に、キンモクセイの香りがしました。
もうそんな季節なんですね。

昨日の茶席をご紹介します。
高田馬場にある茶道会館での裏千家の茶会でした。

五席かかり、薄茶席です。

待合にはこんな軸 茶杓記
「茶杓記」といって、茶杓をどんな経緯で作ったかを書いてあります。
待合にこれが掛かっているということは、茶席でこの茶杓が使われるということ。
以前茶杓のところでご紹介した
「茶杓百選」(淡交社)の著者である西山松之助先生が削られた茶杓です。
字も絵も西山先生がお書きになりました。
西山先生の茶杓を初めて見たと言う方が多く、大変喜ばれ話題になりました。
  

茶席の床は 床飾り
「水和明月流」 水は明月に和して流る  
   筆は鵬雲斎大宗匠
これには上の句があって、つなげると
「天は白雲と共に暁け、水は明月に和して流る」
    暁は白雲と共にあけていき、水は月と調和して流れていく
変わることのない森羅万象の中に真実の師はある、と教えています。
天と地。陽と月。 陰陽の教えです。

花は「刈萱・霜柱・白撫子・女郎花・秋海棠」
先生の意向を守りながら入れさせていただきました。

風炉の火が良く起こり、お香の香りが絶えず、火入れが暖かい。。。
毎回お客様が気付いてくださり、席替えのたび苦心した甲斐があります。
やったね!と店主は満足でした。

お茶席で先生が賞賛される。
それが裏方の喜びです。

あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング

岡野園のページ

【2007/10/08 21:37】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |


ちょきたら
お茶会の成功、おめでとうございます。
成功の影に葉摘みさんの水屋仕事があるのですね。
葉摘みさんのきめ細やかな心配りを
ちゃんとわかってくださるお客様だったのですね^^
きっといいお茶会だったんだなあと思いました。

 茶杓記の文は読めそうでやっぱり読めません(笑)
「秋田杉」を箱に使ってるのかな?
喜寿だか傘寿記念(それとも米寿か?)に作られたのですね。

 「水和明月流」情景が浮かぶような句ですね。



ひげ
葉摘みさん おはようございます。
まだ夜もあけきれぬうちから起き、なんやかんやとまとまらぬ頭と目で読み返しています。

よかねぇ・・・!!。

力もらいました。


葉摘み
ちょきたらさま
良いお茶会でしたよ。今日行かれた方が楽しかったとお礼に見えられました。
とてもうれしかったわ!

秋田杉は茶杓筒の蓋です。東大寺の開眼に行ったとき貰った竹で作ったと書いてあります。
その折、鹿の鳴く声が遠くに聞こえたので「鹿鳴」と銘を付けたそうです。
達筆で読めないよね。(笑

ひげさん
字句に書いてあるような情景を体感なさってるひげさん。
もう免許皆伝です!(笑

先生もお礼に見えられました。
おかげで・・と大変喜んでいただいて疲れも吹っ飛びます。

やったね!!
すずめ
一つ一つにお話がはずんでいる様子が伺えます。良かったね

金木犀、歩いて会社に行く道、見上げるくらい背高ノッポの金木犀があります。上から降りそそぐ香りです。


不老仙
先程は忙しいときにお邪魔して済みませんでした^。^
日曜のお茶会を思い出したらつい興奮してしまい、更にはコメントまで入れてしまいます・・・お濃茶席の主茶碗を始め3っつのお茶碗で三夕の歌の情景が思い浮かぶなんて本当に素晴しいことです!明々軒のお席では、入ったときのお香の香りはすぐに葉摘みさんのされた仕事と思いました。ご亭主の先生の優しさも感じました。お茶会に声をかけていただいて感謝します。また席を持たれていた先生方、大変有難うございました。またよろしくお願いします。


yoko
「茶杓記」の軸、素晴らしいですね~。目の保養になります。茶杓も削り、絵や文字もお書きになる西山先生とはどんな方なのでしょうね♪
おもてなしをするってホントに大変なこと。当たり前に見えることでも随所に気持ちが込められているんですね。それをこなす葉摘みさん、素敵♪お話を聞ける私もラッキーかも~♪
下の、アッシュクン、元気そうでなりよりです!すっきりと精悍な顔立ちになりましたね。生きようとする彼の気持ちが表れている感じです☆


葉摘み
すずめさま
やったよ~!すずめちゃん。

茶会翌日にアシュ病院。今日は朝市。
連日の早起きスケジュールに、もうボロボロ。
年を感じる今日この頃・・・・昔はじぇんじぇん平気だッたのに。。。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



葉摘み
不老仙さま
あら、うれしい!
わざわざお礼に寄って下さってありがとうございます。
その上ここでも・・・どうしましょ♪

他流を見るのもすごく勉強になりますよね。刺激にもなるし。
またおもしろい茶会があったらお知らせしますね。

yokoさま
yokoさんだってすごいです~。いつも感心してるのよ!
気配り心配りはご同様じゃない。
普段はオチャラけたわたしです。お恥ずかしい。。。

いつもありがとうね。

お疲れさまでした
boumama
葉摘みさんの細やかな心遣いのある水屋仕事も大成功のうち終了したようで良かったですね。

そして出席者の方からお香の匂いから「葉摘みさんの香り」だと分かってもらえるなんてとてもいいお話ですこと。
一瞬他の流儀なのでなぜなのかしら?と、疑問に感じましたがこういうこともあるんですね。

只今、金木犀の香りがあちこちから漂って来て外を歩いていても気持ちが弾みます。


kazumi
茶の湯は総合芸術だと言われますが、絵に書にお道具、お花に香り・・・確かに五感をフルに刺激しますね。
お茶会の成功おめでとうございます。頑張った甲斐がありますね。

今頃で・・ごめんなさい!
葉摘み
boumamaさま
茶会のときって社中の方が慣れていないのと忙しいのとで、多くの席が香をくべるのをしなかったり火入れがとぼっても黙認したりするので、こんなところにがんばるのは私だろうと気が付いたのでしょう。
うれしいですね。

わたしは観察眼が良い気がします。
もっとみんなにも全体の呼吸を見てほしいです。


kazumiさま
体力も刺激しますよ。
これを家族は「お茶会ダイエット」と呼びます。
確実に1㌔から2㌔やせます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お茶会の成功、おめでとうございます。
成功の影に葉摘みさんの水屋仕事があるのですね。
葉摘みさんのきめ細やかな心配りを
ちゃんとわかってくださるお客様だったのですね^^
きっといいお茶会だったんだなあと思いました。

 茶杓記の文は読めそうでやっぱり読めません(笑)
「秋田杉」を箱に使ってるのかな?
喜寿だか傘寿記念(それとも米寿か?)に作られたのですね。

 「水和明月流」情景が浮かぶような句ですね。
2007/10/09(Tue) 00:02 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
葉摘みさん おはようございます。
まだ夜もあけきれぬうちから起き、なんやかんやとまとまらぬ頭と目で読み返しています。

よかねぇ・・・!!。

力もらいました。
2007/10/09(Tue) 04:16 | URL  | ひげ #-[ 編集]
ちょきたらさま
良いお茶会でしたよ。今日行かれた方が楽しかったとお礼に見えられました。
とてもうれしかったわ!

秋田杉は茶杓筒の蓋です。東大寺の開眼に行ったとき貰った竹で作ったと書いてあります。
その折、鹿の鳴く声が遠くに聞こえたので「鹿鳴」と銘を付けたそうです。
達筆で読めないよね。(笑

ひげさん
字句に書いてあるような情景を体感なさってるひげさん。
もう免許皆伝です!(笑

先生もお礼に見えられました。
おかげで・・と大変喜んでいただいて疲れも吹っ飛びます。
2007/10/09(Tue) 19:25 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
やったね!!
一つ一つにお話がはずんでいる様子が伺えます。良かったね

金木犀、歩いて会社に行く道、見上げるくらい背高ノッポの金木犀があります。上から降りそそぐ香りです。
2007/10/09(Tue) 21:37 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
先程は忙しいときにお邪魔して済みませんでした^。^
日曜のお茶会を思い出したらつい興奮してしまい、更にはコメントまで入れてしまいます・・・お濃茶席の主茶碗を始め3っつのお茶碗で三夕の歌の情景が思い浮かぶなんて本当に素晴しいことです!明々軒のお席では、入ったときのお香の香りはすぐに葉摘みさんのされた仕事と思いました。ご亭主の先生の優しさも感じました。お茶会に声をかけていただいて感謝します。また席を持たれていた先生方、大変有難うございました。またよろしくお願いします。
2007/10/10(Wed) 00:25 | URL  | 不老仙 #-[ 編集]
「茶杓記」の軸、素晴らしいですね~。目の保養になります。茶杓も削り、絵や文字もお書きになる西山先生とはどんな方なのでしょうね♪
おもてなしをするってホントに大変なこと。当たり前に見えることでも随所に気持ちが込められているんですね。それをこなす葉摘みさん、素敵♪お話を聞ける私もラッキーかも~♪
下の、アッシュクン、元気そうでなりよりです!すっきりと精悍な顔立ちになりましたね。生きようとする彼の気持ちが表れている感じです☆
2007/10/10(Wed) 12:00 | URL  | yoko #-[ 編集]
すずめさま
やったよ~!すずめちゃん。

茶会翌日にアシュ病院。今日は朝市。
連日の早起きスケジュールに、もうボロボロ。
年を感じる今日この頃・・・・昔はじぇんじぇん平気だッたのに。。。
2007/10/10(Wed) 16:13 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/10(Wed) 16:15 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/10(Wed) 16:16 |   |  #[ 編集]
不老仙さま
あら、うれしい!
わざわざお礼に寄って下さってありがとうございます。
その上ここでも・・・どうしましょ♪

他流を見るのもすごく勉強になりますよね。刺激にもなるし。
またおもしろい茶会があったらお知らせしますね。

yokoさま
yokoさんだってすごいです~。いつも感心してるのよ!
気配り心配りはご同様じゃない。
普段はオチャラけたわたしです。お恥ずかしい。。。

いつもありがとうね。
2007/10/10(Wed) 16:58 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
お疲れさまでした
葉摘みさんの細やかな心遣いのある水屋仕事も大成功のうち終了したようで良かったですね。

そして出席者の方からお香の匂いから「葉摘みさんの香り」だと分かってもらえるなんてとてもいいお話ですこと。
一瞬他の流儀なのでなぜなのかしら?と、疑問に感じましたがこういうこともあるんですね。

只今、金木犀の香りがあちこちから漂って来て外を歩いていても気持ちが弾みます。
2007/10/10(Wed) 19:24 | URL  | boumama #-[ 編集]
茶の湯は総合芸術だと言われますが、絵に書にお道具、お花に香り・・・確かに五感をフルに刺激しますね。
お茶会の成功おめでとうございます。頑張った甲斐がありますね。
2007/10/12(Fri) 00:31 | URL  | kazumi #-[ 編集]
今頃で・・ごめんなさい!
boumamaさま
茶会のときって社中の方が慣れていないのと忙しいのとで、多くの席が香をくべるのをしなかったり火入れがとぼっても黙認したりするので、こんなところにがんばるのは私だろうと気が付いたのでしょう。
うれしいですね。

わたしは観察眼が良い気がします。
もっとみんなにも全体の呼吸を見てほしいです。


kazumiさま
体力も刺激しますよ。
これを家族は「お茶会ダイエット」と呼びます。
確実に1㌔から2㌔やせます。
2007/10/15(Mon) 18:35 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック