FC2ブログ
最近、世の中には「洗える帛紗」とか「化繊の帛紗」とか売っているようで。

  点前で清め拭う布を表すとき
  “帛”とか“不洗絹”とか書いていたことがあります。

  帛紗の“帛”という字は“キヌ”とも読みます。

で、店主は「絹の帛紗を洗わず使う」と思っています。
帛紗は、茶の湯の「いさぎよいもの」のひとつだとも思っています。

水屋できれいな状態にした道具を持ち出し、
さらに客の前で上質の絹で拭い清める所作をし、茶を点てる。
パフォーマンスの要素が大きいです。

終いのときは、抹茶のついた茶杓を惜しげもなく帛紗で清める。
客への礼儀でもあり、茶杓が重要なアイテムであるという証でもあります。
そして帛紗が「いさぎよいもの」でもあるからです。

汚れるところが1ヶ所だけなので、水屋に戻ったらすぐに揉んで叩いてすれば
そんなに汚くはなりません。
なんでも洗う潔癖症が可能なのは、ふんだんに水が使える時代だから。
水を井戸から汲んで瓶に貯め、使っていた頃に想いをめぐらして下さい。
茶の湯の、たいがいの所作は理解できます。

「化繊の帛紗」は超安値ので、ディスプレーのとき商品の下に引いています。
帛紗にコシやハリがなく扱いづらいうえ、
たたんだときにぺシャっとなって貧相です。

帛紗は絹100%の塩瀬が最高!と、こだわっています。 ガンコです!

目の保養 秋の茶碗


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング

岡野園のページ


【2007/09/29 18:42】 | 帛紗のこと
トラックバック(0) |


ちょきたら
あああ・・・葉摘みさんのブログを読むと
洗える帛紗に興味を持っていた自分が恥ずかしく
なってしまいます(>_<)

 いつも使っているのとは別に1枚いただきものが
あるのですが、ちょっとぺらぺらみたいです。
今度買うときは徳斎にしてみます^^



葉摘み
ちょきたらさま
恥ずかしがらないで~。わたしお仕事ですから。
自分の力量がないから、信念だけは崩さないようしてます。
器用じゃないんですよ。

徳斎は扱いやすいです。さすが有名老舗だと思いますね。


葉摘み
ひげさん
最近ひげさん“秋の夜長”?
夜更かしはお肌の大敵よ!もうおねむな時間にご訪問、ありがとうございます。

正座ができぬ?食欲の秋だモノね。北海道は美味しいものいっぱい!


すずめ
新聞のように葉摘みちゃんの記事を毎朝読んで、なるほど~とうなずいています。^^
しっとりとした、着物の柄のようなお茶碗ですね。素敵!
毎日いただくご飯のお茶碗も、四季折々に変えられればいいのに・・・

素晴らしい文章と意識
boumama
記事を読ませていただいて感激いたしました。

このようにキッパリとした信念を持ち本物を伝えようとする意識がないと文化は伝わらないと思います。

>帛紗は、茶の湯の「いさぎよいもの」のひとつだとも思っています。

ここの部分に「茶の湯」に対する気持ちが全て表われるのだと思いますし、それまでの流れを断ち切るような潔さを感じる瞬間ですね。





つなさらだ
安い(絹いがいの)のもあるらしいというのは知っていたけど、先生のところの茶道具屋さん、うちのお稽古場に安いのもってこないので、見たことないや。



ひげ
葉摘みさん すんません。

相変らずのドジコメ・・・・前記コメの間違いすみません。
消してください。


水戸小紋
目の保養させていただきました。


葉摘み
すずめさま
お返事が十月になっちゃった。。。ホントごめんね。m(_ _)m

毎朝読んでくれてありがとう!
このお茶碗は気に入ってます。昨日お嫁に行きました。

boumamaさま
照れますー!
商売としては時代のニーズに乗るのが良いのでしょうが。
親譲りのガンコもん・不器用もんなだけでして。。はい。

茶の湯は好きなので、裏切りたくないのです。


葉摘み
つなさらださま
伝統の方法で作っているものは高いですから。
やはり量産できないと高くなるのは仕方がないです。
それでも職人が食べられなくて廃業が進んでます。つらいです。。。

ひげさん
のぞいてくれるだけでシアワセです。
なぁ~んも。
気になどしてません。笑いました。

水戸小紋さま
なによりです。
きれいなものは心が豊かになりますね。


寅右衛門
化繊の帛紗、使ったことありますよ。
はじめに何もわからず安いから買ったんですが、
本当にイマイチでした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あああ・・・葉摘みさんのブログを読むと
洗える帛紗に興味を持っていた自分が恥ずかしく
なってしまいます(>_<)

 いつも使っているのとは別に1枚いただきものが
あるのですが、ちょっとぺらぺらみたいです。
今度買うときは徳斎にしてみます^^
2007/09/29(Sat) 21:06 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
恥ずかしがらないで~。わたしお仕事ですから。
自分の力量がないから、信念だけは崩さないようしてます。
器用じゃないんですよ。

徳斎は扱いやすいです。さすが有名老舗だと思いますね。
2007/09/29(Sat) 22:04 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ひげさん
最近ひげさん“秋の夜長”?
夜更かしはお肌の大敵よ!もうおねむな時間にご訪問、ありがとうございます。

正座ができぬ?食欲の秋だモノね。北海道は美味しいものいっぱい!
2007/09/30(Sun) 00:58 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
新聞のように葉摘みちゃんの記事を毎朝読んで、なるほど~とうなずいています。^^
しっとりとした、着物の柄のようなお茶碗ですね。素敵!
毎日いただくご飯のお茶碗も、四季折々に変えられればいいのに・・・
2007/09/30(Sun) 09:07 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
素晴らしい文章と意識
記事を読ませていただいて感激いたしました。

このようにキッパリとした信念を持ち本物を伝えようとする意識がないと文化は伝わらないと思います。

>帛紗は、茶の湯の「いさぎよいもの」のひとつだとも思っています。

ここの部分に「茶の湯」に対する気持ちが全て表われるのだと思いますし、それまでの流れを断ち切るような潔さを感じる瞬間ですね。


2007/09/30(Sun) 12:05 | URL  | boumama #-[ 編集]
安い(絹いがいの)のもあるらしいというのは知っていたけど、先生のところの茶道具屋さん、うちのお稽古場に安いのもってこないので、見たことないや。
2007/09/30(Sun) 12:08 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
葉摘みさん すんません。

相変らずのドジコメ・・・・前記コメの間違いすみません。
消してください。
2007/09/30(Sun) 19:35 | URL  | ひげ #-[ 編集]
目の保養させていただきました。
2007/10/01(Mon) 21:19 | URL  | 水戸小紋 #-[ 編集]
すずめさま
お返事が十月になっちゃった。。。ホントごめんね。m(_ _)m

毎朝読んでくれてありがとう!
このお茶碗は気に入ってます。昨日お嫁に行きました。

boumamaさま
照れますー!
商売としては時代のニーズに乗るのが良いのでしょうが。
親譲りのガンコもん・不器用もんなだけでして。。はい。

茶の湯は好きなので、裏切りたくないのです。
2007/10/02(Tue) 19:06 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
つなさらださま
伝統の方法で作っているものは高いですから。
やはり量産できないと高くなるのは仕方がないです。
それでも職人が食べられなくて廃業が進んでます。つらいです。。。

ひげさん
のぞいてくれるだけでシアワセです。
なぁ~んも。
気になどしてません。笑いました。

水戸小紋さま
なによりです。
きれいなものは心が豊かになりますね。
2007/10/02(Tue) 19:11 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
化繊の帛紗、使ったことありますよ。
はじめに何もわからず安いから買ったんですが、
本当にイマイチでした。
2007/10/03(Wed) 13:17 | URL  | 寅右衛門 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック