もうすぐ「お盆」ですね。

妻を亡くした父は、二人で長年やってきた店から手を引き、
偲ぶだけに日々を過ごしていました。
亡き妻を想う歌を詠み、写経をし、
お勝手には亡母の茶碗と箸が、部屋には洋服が、いつまでもいつまでも。。。


三回忌をひとつの区切りと思い、
偲ぶ日々を過ごすだけの父の気持ちの落とし処にと、
二人を良く知るお客様をお招きして「追善茶会」を開きました。

そのときのために禅語を選び、書いていただいた軸です。
 
        相国寺官長・有馬頼底師 筆
  『在眼前』 在眼前
「がんぜんにあり」と読みます。
読みの通り「ありありと目に前にある(いる)」と言うことです。

この軸前でお客様と、思い出を楽しそうに、また泪を流しながら語る父の姿は
八年たっても目の前にあります。
「十三回忌までは元気でいるぞ。お盆が来るからな。」と、今朝は芝刈りです。


義父の新盆にもあたり、久しぶりに軸を下げました。

          蓮花の茶碗

ランキングに参加しています。励みになります。
あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング

岡野園のページ

【2007/08/10 18:05】 | 掛軸のこと
トラックバック(0) |


まな。
なんと申しあげたらこの気持ちを表せるのか…
心に響くお話でした。
お父様のお言葉も、葉摘みさまのお心も。
お軸もお茶碗も、全てが響いてきました。
が、未熟な私は言葉で伝える術がございません。

もうすぐ皆さま、あちらからひと時、
帰ってきてくれますね。



葉摘み
まな。さま
ひとりひとりの心に「在眼前」の想いがあると載せました。
軸を下げたら鮮明に、あの頃の父の姿がよみがえってしまったので。
少し感傷的になってしまったわ。

新盆の準備を手伝いながら、未だに仏壇の義父の写真に変な気がします。



ちょきたら
愛する人に旅立たれたとき、
どうやって空っぽの心を埋めたらいいのかが
わかりません。想像するだけで悲しくなります。
「在眼前」の境地になるには「時薬」が必要なの
でしょうか。

 お軸の書はほんとうにすばらしいですね。
悲しくなった心が励まされました。



kazumi
悲しく切ない身内の最期も人生の滋味で「生きることの大切さ」を分らせてくれると今は思います。
 それまで能天気でしたから。私。蓮のお茶碗も綺麗です。


葉摘み
ちょきたらさま
悲しんでくださるお客様も多かったもので、想いを共有してくれる人がこんなにいて偲ぶ話ができるということが、一番の救いになるかと場を作りました。
お茶屋の仕事しかなかった人ですから。

そのときの想いはこれだ!と選んだのですが、出来上がってきた軸を見たとき、筆の語りかけに驚きました。
高僧の書かれた筆の力って、すごいですね!


葉摘み
kazumiさま
kazumiちゃんもその心境になるまではいろいろな想いがあったことと思います。

生き残ったものは、その生をあきらめたものにしてはいけないと思います。
思いを残し死ななければならなかった人に申し訳ないです。


水戸小紋
蓮のお茶碗での 偲ぶ茶会。
 お母様も およろこびのことでしょう。
 今日は 買い物にいって、お抹茶かってくることにいたしましょう。姑を偲びます。甘えないひとでしたが、その生き方を すこしずつわかるようになりました。

こんにちは~
hiromi
14日、了解!
葉摘みちゃんのデリーシャスなおはぎを楽しみにしてます。
母が亡くなった年は、ムスコの生まれた年。
悲しみよりも、ムスコにこころを奪われていたなぁ。
お葬式で、4歳だったsonoがボーさんの木魚を叩く真似をして、親戚がこちらを見て笑ってたコトを思い出します。

眼前に有り。。ヒゲクマも、母も、眼前にいます。
まだ不思議な感じがするばかり。。


葉摘み
水戸小紋さま
そうですね。昔の方は頑固というか、我慢強いというか・・両親も同じ。

父は筋金入りの頑固者、怖い父でしたがやっとわかり合えたような気がします。
義父も頑固者でしたが、娘がいなかったのでデレデレに可愛がってもらいました。寂しいです。


葉摘み
hiromi
業務連絡、伝わったようですね。

息子を産んだことが、hiromiのした一番の親孝行だったよ(笑
すごく喜んでたもの。
どうしてもっとhiromiに対して表現しないのかなぁ~って不思議でした。
しかし、素直じゃない人たちでしたねぇ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なんと申しあげたらこの気持ちを表せるのか…
心に響くお話でした。
お父様のお言葉も、葉摘みさまのお心も。
お軸もお茶碗も、全てが響いてきました。
が、未熟な私は言葉で伝える術がございません。

もうすぐ皆さま、あちらからひと時、
帰ってきてくれますね。
2007/08/10(Fri) 18:27 | URL  | まな。 #FVwvSS3E[ 編集]
まな。さま
ひとりひとりの心に「在眼前」の想いがあると載せました。
軸を下げたら鮮明に、あの頃の父の姿がよみがえってしまったので。
少し感傷的になってしまったわ。

新盆の準備を手伝いながら、未だに仏壇の義父の写真に変な気がします。
2007/08/10(Fri) 22:04 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
愛する人に旅立たれたとき、
どうやって空っぽの心を埋めたらいいのかが
わかりません。想像するだけで悲しくなります。
「在眼前」の境地になるには「時薬」が必要なの
でしょうか。

 お軸の書はほんとうにすばらしいですね。
悲しくなった心が励まされました。
2007/08/10(Fri) 23:34 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
悲しく切ない身内の最期も人生の滋味で「生きることの大切さ」を分らせてくれると今は思います。
 それまで能天気でしたから。私。蓮のお茶碗も綺麗です。
2007/08/11(Sat) 00:47 | URL  | kazumi #-[ 編集]
ちょきたらさま
悲しんでくださるお客様も多かったもので、想いを共有してくれる人がこんなにいて偲ぶ話ができるということが、一番の救いになるかと場を作りました。
お茶屋の仕事しかなかった人ですから。

そのときの想いはこれだ!と選んだのですが、出来上がってきた軸を見たとき、筆の語りかけに驚きました。
高僧の書かれた筆の力って、すごいですね!
2007/08/11(Sat) 02:41 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
kazumiさま
kazumiちゃんもその心境になるまではいろいろな想いがあったことと思います。

生き残ったものは、その生をあきらめたものにしてはいけないと思います。
思いを残し死ななければならなかった人に申し訳ないです。
2007/08/11(Sat) 03:02 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
蓮のお茶碗での 偲ぶ茶会。
 お母様も およろこびのことでしょう。
 今日は 買い物にいって、お抹茶かってくることにいたしましょう。姑を偲びます。甘えないひとでしたが、その生き方を すこしずつわかるようになりました。
2007/08/11(Sat) 06:21 | URL  | 水戸小紋 #-[ 編集]
こんにちは~
14日、了解!
葉摘みちゃんのデリーシャスなおはぎを楽しみにしてます。
母が亡くなった年は、ムスコの生まれた年。
悲しみよりも、ムスコにこころを奪われていたなぁ。
お葬式で、4歳だったsonoがボーさんの木魚を叩く真似をして、親戚がこちらを見て笑ってたコトを思い出します。

眼前に有り。。ヒゲクマも、母も、眼前にいます。
まだ不思議な感じがするばかり。。
2007/08/11(Sat) 11:14 | URL  | hiromi #-[ 編集]
水戸小紋さま
そうですね。昔の方は頑固というか、我慢強いというか・・両親も同じ。

父は筋金入りの頑固者、怖い父でしたがやっとわかり合えたような気がします。
義父も頑固者でしたが、娘がいなかったのでデレデレに可愛がってもらいました。寂しいです。
2007/08/11(Sat) 23:27 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
hiromi
業務連絡、伝わったようですね。

息子を産んだことが、hiromiのした一番の親孝行だったよ(笑
すごく喜んでたもの。
どうしてもっとhiromiに対して表現しないのかなぁ~って不思議でした。
しかし、素直じゃない人たちでしたねぇ。
2007/08/11(Sat) 23:33 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック