年4回やっている茶会の3回目が近づいています。

暑い季節を楽しむ茶会「涼の季の会」です。

七月八日の日曜日。
埼玉県さいたま市大宮の「氷川の杜文化館」が会場です。

もし行きたいなぁ~とお考えの方はコメをください。
店主枠で席を用意し、ご案内させていただきます。

涼の茶会は圧倒的にお洋服が多いので、お召し物はご心配なく!

気楽な茶会をテーマにしていますので、
お抹茶が飲みたい!菓子が食べたい!茶会を一度経験してみたい!
なんて動機で充分。 大歓迎です!

今回は待合席に「釜師・長野新」先生造の釜の展示会を併設いたします。
先生は会場にて解説をしてくださいます。

入席の待ち時間に、釜師さんからナマでお話を伺える絶好のチャンスです。
どうぞお気軽にコメでお声掛けくださいませ。

前回「花の季の会」 花の季の会


緋扇

ポチッヨロシクお願いいたします!

FC2 ブログランキング

人気ブログランキング

岡野園のページ

【2007/07/03 18:47】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |


ちょきたら
「こんな色のフリージアもあるのですね」
と書こうとして、調べてよかった(笑)
水仙の一種なのですね。
鮮やかな色が夏らしいです。

 釜師さんのお話が聞けるとは、とても貴重な
体験ができそうですね。
楽しみにしてますv-10


葉摘み
ちょきたらさま
調べたのね。えらいなぁ~

へぇ~、緋扇って水仙の種類なんだ!
ゼンゼン水仙らしくない姿だよ!
勉強になりました。

鮮やかな色が暑苦しいです(笑


ひげ
おはようございます。

相変らず、いそがしそうですね・・・。お体御自愛ください。


水戸小紋
なかなか強くて しぶとい 毎年咲いてくれる すぐれものですね。お茶花に つかうのですか。
 名前がかわいいですね。


葉摘み
ひげさん
はい。相変わらずドタバタしてます。
毎日24時間じゃ足りないー!と嘆いています。

一日ってこんなに長いのねぇ~って感じるのは年に数回だなぁ・・・早死にしそー(T-Tq

水戸小紋さま
コメありがとうございます。
私も伺うのですが、コメの多さに恐れ多くて・・・・

水戸小紋さんとこにもたくさんお花が咲いてますね。
いつも茶花に苦労しているので凝視してます(笑

緋扇も茶花に使います。数種あわせて籠に入れます。
今朝庭を見たら、唐糸草がびしょ濡れでブラブラしてて悲しかったです。

(T_T)/~~~
マフィー
今度こそはお茶会に参加を!と思っていたのに
次の土日は、両親が旅行に行ってしまうので
祖母とお留守番なんです・・・(>_<)

なかなかうまくいかないものですね。。。


水戸小紋
唐糸草は、初めてみるお花なので さかのぼってみました。紫色系は、だいすきなんです。
 ブットレアに にてますね。
 あらいぐまさんの 尻尾に にているような。


葉摘み
マフィーさま
う~む・・残念。。
今年はあと9月に月の会があります。
でも敬老の日なのよねぇ~・・・

水戸小紋さま
先ほどは勉強になりました。
知ってるつもりでもきちんと調べてみるとアリャリャのことがあるという教訓になりました。

晴れていたら(雨だと惨めな花なのよ)庭の姿をupしますね。
ブットレア・・・? どうも洋風の名の花はわからないf(;-;)
今度教えてください。


葉摘み
ちょきたらさま
緋扇と紹介しましたが、正確にはヒメヒオウギスイセンでした。
ヒオウギは別の花です。
そしてアヤメ科でした。申し訳ありません。
浅知恵を暴露してしまいました。お恥ずかしい!

たまには間違えたって良いじゃない
kazumi
離れていても各地で似た時期に花が咲き、花情報が色々勉強になります。「ヒメヒオウギスイセン」こちらでも見るので今度植えようと思いました。


葉摘み
うん。良いと思ってる。
おかげで疑問がわき、キチンと覚えることが出来ました。

いろいろ教えてもらって、もひとつ知識が増えました。
得しちゃった!(^^v


ちょきたら
いえいえ、わたしのほうこそ恥ずかしいです。
ヒメヒオウギスイセンだと思っていましたよ。
「緋扇 フリージア」で検索したら、出てきたんです。
葉摘みさんが「緋扇」と省略されてらっしゃるのだと
解釈(?)していました。

 それより、「スイセン」と名がついていたので、
水仙の仲間だと勝手に解釈した自分が恥ずかしい・・・
よくHPみたら、右上にでかく「アヤメ科」と
ありました。

 相変わらず「ナナメ読み」の私です(-_-;)
反省、反省・・・(>_<)



葉摘み
ちょきたらさま
では、お互い様ということで・・・(笑

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「こんな色のフリージアもあるのですね」
と書こうとして、調べてよかった(笑)
水仙の一種なのですね。
鮮やかな色が夏らしいです。

 釜師さんのお話が聞けるとは、とても貴重な
体験ができそうですね。
楽しみにしてますv-10
2007/07/04(Wed) 00:15 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
調べたのね。えらいなぁ~

へぇ~、緋扇って水仙の種類なんだ!
ゼンゼン水仙らしくない姿だよ!
勉強になりました。

鮮やかな色が暑苦しいです(笑
2007/07/04(Wed) 00:50 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
おはようございます。

相変らず、いそがしそうですね・・・。お体御自愛ください。
2007/07/04(Wed) 04:29 | URL  | ひげ #-[ 編集]
なかなか強くて しぶとい 毎年咲いてくれる すぐれものですね。お茶花に つかうのですか。
 名前がかわいいですね。
2007/07/04(Wed) 07:38 | URL  | 水戸小紋 #-[ 編集]
ひげさん
はい。相変わらずドタバタしてます。
毎日24時間じゃ足りないー!と嘆いています。

一日ってこんなに長いのねぇ~って感じるのは年に数回だなぁ・・・早死にしそー(T-Tq

水戸小紋さま
コメありがとうございます。
私も伺うのですが、コメの多さに恐れ多くて・・・・

水戸小紋さんとこにもたくさんお花が咲いてますね。
いつも茶花に苦労しているので凝視してます(笑

緋扇も茶花に使います。数種あわせて籠に入れます。
今朝庭を見たら、唐糸草がびしょ濡れでブラブラしてて悲しかったです。
2007/07/04(Wed) 17:19 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
(T_T)/~~~
今度こそはお茶会に参加を!と思っていたのに
次の土日は、両親が旅行に行ってしまうので
祖母とお留守番なんです・・・(>_<)

なかなかうまくいかないものですね。。。
2007/07/04(Wed) 19:01 | URL  | マフィー #/pdu0RA.[ 編集]
唐糸草は、初めてみるお花なので さかのぼってみました。紫色系は、だいすきなんです。
 ブットレアに にてますね。
 あらいぐまさんの 尻尾に にているような。
2007/07/04(Wed) 19:30 | URL  | 水戸小紋 #-[ 編集]
マフィーさま
う~む・・残念。。
今年はあと9月に月の会があります。
でも敬老の日なのよねぇ~・・・

水戸小紋さま
先ほどは勉強になりました。
知ってるつもりでもきちんと調べてみるとアリャリャのことがあるという教訓になりました。

晴れていたら(雨だと惨めな花なのよ)庭の姿をupしますね。
ブットレア・・・? どうも洋風の名の花はわからないf(;-;)
今度教えてください。
2007/07/04(Wed) 22:19 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
ちょきたらさま
緋扇と紹介しましたが、正確にはヒメヒオウギスイセンでした。
ヒオウギは別の花です。
そしてアヤメ科でした。申し訳ありません。
浅知恵を暴露してしまいました。お恥ずかしい!
2007/07/04(Wed) 22:23 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
たまには間違えたって良いじゃない
離れていても各地で似た時期に花が咲き、花情報が色々勉強になります。「ヒメヒオウギスイセン」こちらでも見るので今度植えようと思いました。
2007/07/05(Thu) 02:14 | URL  | kazumi #-[ 編集]
うん。良いと思ってる。
おかげで疑問がわき、キチンと覚えることが出来ました。

いろいろ教えてもらって、もひとつ知識が増えました。
得しちゃった!(^^v
2007/07/05(Thu) 16:39 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
いえいえ、わたしのほうこそ恥ずかしいです。
ヒメヒオウギスイセンだと思っていましたよ。
「緋扇 フリージア」で検索したら、出てきたんです。
葉摘みさんが「緋扇」と省略されてらっしゃるのだと
解釈(?)していました。

 それより、「スイセン」と名がついていたので、
水仙の仲間だと勝手に解釈した自分が恥ずかしい・・・
よくHPみたら、右上にでかく「アヤメ科」と
ありました。

 相変わらず「ナナメ読み」の私です(-_-;)
反省、反省・・・(>_<)
2007/07/05(Thu) 21:43 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
ちょきたらさま
では、お互い様ということで・・・(笑
2007/07/06(Fri) 00:07 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック