梅雨入りしたはずじゃなかったのかしら…?
強い日差しの青空です。

店の茶道具もだんだん夏バージョン 染付けの平水指
                        平水指の登場です。
平水指はたっぷりの水面を見せて、茶席に涼しさを感じさせる道具です。
割り蓋といって真ん中に蝶番が付いている塗り蓋が付いています。
蓋を開けると波頭の蒔絵がしてあって、涼感をかきたてます。

七夕も近いので 香合
              梶の葉の香合
昔は七夕のとき、短冊ではなく梶の葉に願いを書いたそうです。

最近は梶の葉がなかなか手に入りません。
「葉蓋の水指」という茶道具があって、葉っぱを水指の蓋にするのですが
その葉も梶の葉を使用するのがベストです。
でも無いので、芋や蓮・蕗などの大振りの葉も使うようになりました。

いかにもみずみずしい葉を使うことによって、涼感を演出する水指ですね。

籠も涼しさを演出します。トクサ・トラノオ・アジサイ
木賊の若緑がきれいです。白花が爽やかで伸びやかな姿のトラノオも。

こちらはいろんな紫陽花の盛り合わせ てんこ盛りの紫陽花
狭山茶を買いに見えるお客様に喜んでいただけるかしら。
ポチッヨロシクお願いいたします!

FC2 ブログランキング

人気ブログランキング

岡野園のページ

【2007/06/15 19:44】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |

どれも素敵です・・!
まな。
梅雨入りした途端に真夏日でびっくりしました。
平水指し、本当に涼やかですねー。

昔は梶の葉にお願いごとを書いていたんですか~。
それで筆が一緒についているんだ…。知らないと(私のことです^^;)「何故梶の葉に筆が??」となりますね^^;

いつもお花がとても生き生きしている上、活け方が
素晴らしいのでうっとりしています☆
こんな風に素敵に
活けられるようになりたい・・・!!

梶!?
ちょきたら
 梶って名の木があるんだ・・・v-12
無知な私です。はずかしい・・・

 調べました!
昔は七夕のとき、梶の葉7枚に和歌をしたためる
風習があったのだとか。
へええ。

 梶の葉は切り込みのあるのとないのが
あるとか・・・うーん、難しい。
でもおかげさまで勉強になりました。

 平水指、涼しげですね。
茶碗同様浅い形にすると、こんなに印象が
変わるのですね。

 紫陽花はやはりブルー系が好きです。
真ん中の水色っぽいのがかわいいです。
こんな風に生けられたら、
お花も絶対うれしいはずv-10

 


グリーンホース
いつも素敵な茶花ですが、紫陽花の盛り合わせもいい感じに仕上がってますね!


葉摘み
まなさま
もう梶の葉のことは覚えたでしょ。
知らないことを一つずつ知っていくのは楽しいです。
わたしのそうやって知識を増やしていきました。
そしてドンドン茶の湯が好きになって行きました。
もう同士ですね(笑

茶花は切ってくることから始めると、その生の姿(野にあるように)を知ります。
そうすると、どうやって活けてもらいたいか花が教えてくれるのです。
花を連れてきて、耳を傾けるのが茶花のコツですね。

ちょきたらさま
調べたんだぁ~。もう無知じゃないですね!
フ~ン・・と思ってらそのままにしないことも、コツですね。
まぁ、時間がたつと疑問を忘れちゃうってこともありますが(笑

真ん中のアジサイは「隅田の花火」って名前です。
小さい花を探して入れるから、ほんとはもっと大きくなるアジサイですよ。
アジサイもいろいろあるので、今庭がとてもきれいです。



葉摘み
グリーンホースさままいどっ
ありがとう!
いろんな種類がいっせいに咲いているので盛り合わせにしました。
どの子もみんなかわいいです!


ひげ
葉摘みさん おはようございます。

夏にそぐわない達磨ストーブです。

朝から暑苦しい・・・・。笑)


つなさらだ
うちの先生も、たぶん来月の2回目のお稽古は「葉蓋」だと思います。
結構好きです。
ハッパの上の水一滴が涼しげですよね。


葉摘み
ひげさん
そうだねぇ。。今の時期はどうも暑苦しいか~・・

じゃぁ、ひげさんとかけて。 広葉樹の多い森と説く。
そのこころは! 深呼吸したくなる。
お後がよろしいようでっ

つなさらださま
うん!いいよねぇ~

表千家には無い手前だから、はじめて見たとき「アレレ・?葉っぱはどこ行った・・?」
茶席で手品かと思いました。(笑


そのうち頑張る。
kazumi
目に涼しいです。
蒔絵の流水模様は難しいので「待った」がかけられてます。
均等一定のラインが初心者には無理ですって。


マフィー
部活では、通年同じお道具を使ってたように記憶しているので
夏を実感したことはないんですよね・・・確か。
(違ったらごめんなさい!!>先生)

梶の葉というのも全然知らなかったです。
でも、なかなか手に入らないということは、レアものなんですね。


葉摘み
kazumiさま
おぅ!期待しています。
こういう日本独特の美感って大事にしたいですねっ

水面の蓋に波頭を描くことによって、静かだった水面が躍動しだします。
道具の用途を知ってこその意匠だと思います。

マフィーさま
学校の部活は限られた道具なのでなかなか難しいですね。
それでも知っていることは良い事です。

七夕に使いたくて梶の葉は近所を探したけどありません。
いったいどこにあるんだろう・・・レアものですね~


始めましてッ♪
あきっちょ
私もお茶を部活でなんですがやってる人間です。
良かったら、リンクさせていただいてもいいですかぁ?


葉摘み
あきっちょさま
よくいらっしゃいました。
お若いのにこんなおばさんがやってるブログでもいいの?

若い方が茶道に興味を持ってくれるのは、すんごくうれしいです!
マニアックなブログですがどうぞヨロシク。
わからないことが あったらなんでも聞いてくださいね。

流儀は何かなぁ?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
どれも素敵です・・!
梅雨入りした途端に真夏日でびっくりしました。
平水指し、本当に涼やかですねー。

昔は梶の葉にお願いごとを書いていたんですか~。
それで筆が一緒についているんだ…。知らないと(私のことです^^;)「何故梶の葉に筆が??」となりますね^^;

いつもお花がとても生き生きしている上、活け方が
素晴らしいのでうっとりしています☆
こんな風に素敵に
活けられるようになりたい・・・!!
2007/06/15(Fri) 20:08 | URL  | まな。 #FVwvSS3E[ 編集]
梶!?
 梶って名の木があるんだ・・・v-12
無知な私です。はずかしい・・・

 調べました!
昔は七夕のとき、梶の葉7枚に和歌をしたためる
風習があったのだとか。
へええ。

 梶の葉は切り込みのあるのとないのが
あるとか・・・うーん、難しい。
でもおかげさまで勉強になりました。

 平水指、涼しげですね。
茶碗同様浅い形にすると、こんなに印象が
変わるのですね。

 紫陽花はやはりブルー系が好きです。
真ん中の水色っぽいのがかわいいです。
こんな風に生けられたら、
お花も絶対うれしいはずv-10

 
2007/06/15(Fri) 20:50 | URL  | ちょきたら #-[ 編集]
いつも素敵な茶花ですが、紫陽花の盛り合わせもいい感じに仕上がってますね!
2007/06/15(Fri) 23:55 | URL  | グリーンホース #-[ 編集]
まなさま
もう梶の葉のことは覚えたでしょ。
知らないことを一つずつ知っていくのは楽しいです。
わたしのそうやって知識を増やしていきました。
そしてドンドン茶の湯が好きになって行きました。
もう同士ですね(笑

茶花は切ってくることから始めると、その生の姿(野にあるように)を知ります。
そうすると、どうやって活けてもらいたいか花が教えてくれるのです。
花を連れてきて、耳を傾けるのが茶花のコツですね。

ちょきたらさま
調べたんだぁ~。もう無知じゃないですね!
フ~ン・・と思ってらそのままにしないことも、コツですね。
まぁ、時間がたつと疑問を忘れちゃうってこともありますが(笑

真ん中のアジサイは「隅田の花火」って名前です。
小さい花を探して入れるから、ほんとはもっと大きくなるアジサイですよ。
アジサイもいろいろあるので、今庭がとてもきれいです。
2007/06/16(Sat) 00:07 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
グリーンホースさままいどっ
ありがとう!
いろんな種類がいっせいに咲いているので盛り合わせにしました。
どの子もみんなかわいいです!
2007/06/16(Sat) 00:10 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
葉摘みさん おはようございます。

夏にそぐわない達磨ストーブです。

朝から暑苦しい・・・・。笑)
2007/06/16(Sat) 07:20 | URL  | ひげ #-[ 編集]
うちの先生も、たぶん来月の2回目のお稽古は「葉蓋」だと思います。
結構好きです。
ハッパの上の水一滴が涼しげですよね。
2007/06/16(Sat) 08:03 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
ひげさん
そうだねぇ。。今の時期はどうも暑苦しいか~・・

じゃぁ、ひげさんとかけて。 広葉樹の多い森と説く。
そのこころは! 深呼吸したくなる。
お後がよろしいようでっ

つなさらださま
うん!いいよねぇ~

表千家には無い手前だから、はじめて見たとき「アレレ・?葉っぱはどこ行った・・?」
茶席で手品かと思いました。(笑
2007/06/16(Sat) 17:28 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
そのうち頑張る。
目に涼しいです。
蒔絵の流水模様は難しいので「待った」がかけられてます。
均等一定のラインが初心者には無理ですって。
2007/06/17(Sun) 01:49 | URL  | kazumi #-[ 編集]
部活では、通年同じお道具を使ってたように記憶しているので
夏を実感したことはないんですよね・・・確か。
(違ったらごめんなさい!!>先生)

梶の葉というのも全然知らなかったです。
でも、なかなか手に入らないということは、レアものなんですね。
2007/06/17(Sun) 11:40 | URL  | マフィー #/pdu0RA.[ 編集]
kazumiさま
おぅ!期待しています。
こういう日本独特の美感って大事にしたいですねっ

水面の蓋に波頭を描くことによって、静かだった水面が躍動しだします。
道具の用途を知ってこその意匠だと思います。

マフィーさま
学校の部活は限られた道具なのでなかなか難しいですね。
それでも知っていることは良い事です。

七夕に使いたくて梶の葉は近所を探したけどありません。
いったいどこにあるんだろう・・・レアものですね~
2007/06/17(Sun) 22:33 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
始めましてッ♪
私もお茶を部活でなんですがやってる人間です。
良かったら、リンクさせていただいてもいいですかぁ?
2007/06/18(Mon) 14:27 | URL  | あきっちょ #-[ 編集]
あきっちょさま
よくいらっしゃいました。
お若いのにこんなおばさんがやってるブログでもいいの?

若い方が茶道に興味を持ってくれるのは、すんごくうれしいです!
マニアックなブログですがどうぞヨロシク。
わからないことが あったらなんでも聞いてくださいね。

流儀は何かなぁ?
2007/06/18(Mon) 23:27 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック