FC2ブログ
「秋雨前線の影響で・・」と天気予報が伝える。
田んぼには稲穂が目立ち、気の早いコスモスが咲き出した。
気温は30℃を下回り、汗は気持ちがいいほどに。

木々にヒグラシが「モーイイヨ、モーイイヨ」と言い募り、
早くなった日暮れに、夜鳴く虫がコロロコロロと歌う。

来ないのではと思った秋の気配が、とうとう訪れたようです。

茶会案内もあれこれ届き、いよいよ秋のシーズンが開幕のようです。
今年の鎌倉建長寺の四ッ頭茶会は、武者小路千家の当番なようで
久しぶりに行ってみようかと思ってます。
柳営茶会の茶券はすでにGet。
猛暑疲れなんて言ってられないけど・・・ 九月まではご容赦のほど。


九月にある「茶の裂地勉強会」、まだ少し余裕があります。
再度お声がけをさせてください。

  『茶の裂』 を学ぶ          
 茶碗や茶入に添う裂地は、道具の脇役としてありますが
しかしその存在によって格を引き立たせています。
何気なく扱う裂地にも、一定の約束事がある事をご存知でしょうか。

 三浦先生は数多くの修復、名物道具の仕立てを手掛けられます。
今回は知っておくべき裂地の基本をわかりやすくお話し頂きます。
何気なく手元にあるものほど実はよく知らない。
 ぜひこの機会に一緒に学び考えてみましょう。

  【 講師 】三浦和子先生 (袋師)
            著書「数寄の名脇役 茶の裂」(淡交社)
  【 日程 】9月21日(土) 一回講習
           14:00~16:00
  【 場所 】岡野園茶室にて
          さいたま市見沼区東大宮4-7-7
                 TEL・FAX 048-665-2100
  【 会費 】会費5,000円
先生の著書「茶の裂」(¥2600税別)三浦先生の本
目にすることが多いのに、点前でいつも使っているのに、
知らなかったことばかりで、たいへん興味深い本でした。
ご希望の方には同日販売もします。(サインもいただけます)

参加申し込みは、鍵コメかメール、お電話にて承ります。
新たな知らない世界を、一緒に学びましょう。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2019/08/22 22:00】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック