FC2ブログ
なぜに伊東までの遠征かというと・・・
聚光院伊東別院でのお茶会があったから。
数寄者の先生方のご縁から、千風会会主をなさってらっしゃる
鈴木宗鶴先生にお見知りいただき、案内をいただきました。

宗鶴先生は大徳寺聚光院にある「閑隠」写しの小間で濃茶席を。
先にお菓子をいただいた待合には雨龍の図が描かれています。
水の森図のある表千家「残月亭」写しで薄茶をいただきました。
方丈にあるかの有名な滝の図の連なる部屋で点心。
二階にあたる波の図の禅堂には天窓格子からの光が落ち、
まるで海中で静寂に包まれ波に揺られているような感覚になる。
その禅堂の障子を開けると、滝の図の描かれた三部屋が望め
壮大な三連の滝を天上から眺めているようでした。

千住画伯による襖絵をすべて拝見できるという贅沢な茶会です。

あまりに有名なので特には興味もなく、それなら見てみますか位の
不遜な気持ちでいたのですが・・・ おごりでした。
いたく感動してしまった!
息遣いを感じる筆のタッチ。水音や静寂まで描かれた襖絵は圧巻です。

普段は予約をしなくては拝観できないようですが、お茶会なら別。
大徳寺聚光院の現住職である虎洞師ともご挨拶でき
「やぁ、しばらくですね~」って、ホンマに覚えとるんかいな?! (笑
そんなこんなもありつつ
伊東まで日帰りの長旅をした甲斐がありました。

春の茶会シーズン開幕です!青文字の花


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2019/03/25 23:08】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック