FC2ブログ
朝、ストーブを点けた。
こたつを出した。
ネコとこたつで丸くなる。 

今日は二十四節気の「小雪」なり。
北国より雪の便りが聞かれる頃、とある。
足元を見て思う。開門多落葉 開門多落葉
掃いても掃いても落ち葉掃き。

先日、お客様から着物についてのご相談を受けました。
追善茶会で濃茶のお点前をするのだけれど、何を着たらいいのかと。
大体は決まっているようです。
話すことで確信を持ちたいのだと見受けました。

先生より格が出てはいけないし、お客様に失礼があってもいけない。
茶会の着物をきちんと考えられる方でしたから、きっと大丈夫。

茶会慣れしていないお弟子さんに尋ねられた先生が、
「どんな着物でもいいのよ。」と答えるのを耳にすることがあります。
それを聞くたびヒヤヒヤする。
そのお弟子さんには指針がないのだから。

どんな着物でもいいとは、なにを着ても構わないとは違う。
自分で状況を判断して考えなさい、ということだと思うのです。

点前であれば、ハレの席か、ケの席か。
献茶などの格がある席か、市民茶会のような気楽な席か。
客であれば、先生の知り合いの席か、お伴で行くのか、一般参加か。
茶会の格も考慮に入れなければならない。
献茶などに小紋では周りから浮いてしまう。
気楽な茶会に気張った着物では目立ってしまう。
 
ラーメンを食べに行くのにドレスで行く人はいないだろうし
ホテルのディナーにジャージで行く方もいないと思う。
茶会もそういう視点で考えれば、何を着ていくか自分で考えられる。


真っ盛り!モリモリ白玉椿
どうも例年より暖かいらしい。
どうも明日から三連休らしい。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2018/11/22 22:10】 | 茶会の着物
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック