FC2ブログ
10月8日、寒露です。
朝夕に寒気を感じ始め、秋も深まりゆくころ、とあります。
が! 昨日の暑さったらどうよ。秋の空
でもやはりそこは秋だね、湿気がない。 それが救い。
そんな中、茶事勉2期生の本気茶事がありました。

2年間で卒業だったけど、まだやり残したことがある気がして
残ってくれた有志4名が3年目の積み重ねをしています。
卒業した人も、客としての経験を積みたいと言ってくれて
席中に座してくれました。

10月だったら当然「侘びの茶事」
ところが季節外れの猛暑。台風一過の強風も懸念される。
外腰掛の事、茶事の運び、どこに心を置くか、などなど。
自分たちで考え、対処しなくてはならない。

定刻となり茶事が始まった。
自分の茶事に臨み、主客ともに楽しみを覚え、堪能しています。
とてもいい茶事となりました。
ずいぶん成長したね。足が地に着いた。
茶事を成り立たせた達成感と満足感に浸る顔が見える。
そこまでに至ってくれた、こんなうれしいことはない!!


この勉強会のいいところは、年功序列もなく同等というところ。
更にの一歩を求めて、この場に集まった仲間です。
当然先生も違うし、茶歴も違う。流派だって違う。
しがらみがない分、楽と言えば楽、どっちかというとしんどい。

先生の暖かな懐、手の内から、更なる高みを目指しここに来たら
見ていなかった、知らなかったという現実を突きつけられる事となる。
‟出来る”というプライドを自分で打破できなかったら、
出来ないという事から始めることに対応できなかったら
こんな居心地の悪いところはないと思う。

自分たちの力だけで、道具組や懐石の献立、さまざまなことを考え、
席運びを工夫し、茶事を成り立たせる場だということ。
これを苦労と思うか、知る喜びとするか。柿の茶碗


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/10/08 23:06】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック