FC2ブログ
立春が過ぎ、初午が過ぎ、
明日は七十二候「黄鶯睍睆」こうおうけんかん
山里にウグイスの初音が聞かれる頃、とあるけれど・・・
ウグイスも梅花の枝で風邪をひく。
 
とは言え、時折りの風花ほどで済んでいます。
日本海側は近年にない大雪で、ニュースで流れない日はないわ。
お住まいの方はどんなにかたいへんなご苦労をなさっている事かと
心よりのお見舞いを申し上げます。


3日の準備、4日の茶事勉茶事、6日の反省会、(もちろん仕事も)
なんとなく気忙しく、しばらく遠ざかっておりました。

茶事勉二期生の方の成長には目を見張ります。
伝えたいことが、ジワジワと沁み込んでいるのを感じる。
少しずつですが、稽古茶事から茶事のあり方へと
捉え方が変わっていきます。
ジワジワと少しずつ・・がいいんです。 身に沁み付くから。
何年もかけて覚えた稽古茶事からの脱却は焦りません。
稽古の型から、自分の形へと。 それが大事。


様々な本に残された古の茶人の教え。
そこに書かれたことが史実であるかは問題ではありません。
その逸話によって何を伝えようとしているか。
それを読み解くことが重要なのです。

「利休七則」はよく知られていると思います。
 一、茶は服のよきように点て
 二、炭は湯の沸くように置き
 三、花は野にあるように
 四、夏は涼しく冬は暖かに
 五、刻限は早めに
 六、降らずとも傘の用意
 七、相客に心せよ

今回の茶事で学んだ一番のことは
六の「降らずとも傘の用意」だったと思います。
なにがあっても対応できるよう、心も含めて用意すること。
経験値が浅くても、思いを至らせることはできる。
思いを至らせることとは、亭主に限ったことでなく
半東、料理番、庭番全てにおいて。
野球だってピッチャーがいて外野がいて、
それぞれの役割を全うしてのチームプレーじゃないですか。

寒風に 万作
咲きたがってる子がいました。
来ない春はない!!


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2018/02/08 17:16】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック