九月となりました。
日中はまだ暑さが残るけれど、日が落ちるとすっかり涼しく・・
ううん、肌寒くさえ感じるようになりましたね。


今日は七十二候の「禾乃登」>こくものすなわちみのる
禾とは、稲や粟などの穀物を言います。
いよいよ実りの秋!ですね。秋近し


春の七草があれば、秋の七草もある。
「秋の野に 咲きたる花を
  指折り(およびをり)
  かき数ふれば
  七種(ななくさ)の花
  萩の花 尾花葛花 撫子の花
  女郎花 また藤袴
  朝貌(あさがお)の花」 
万葉集 山上憶良 (やまのうえのおくら)

尾花はススキ。
朝貌(あさがお)の花とは、木槿・朝顔・桔梗などの諸説あり。

春は食べられる若草。
秋は愛でる野花。


日中は蝉しぐれ、暮れれば虫の音。
夏の暑気と秋の涼気が行き交う、そういう今の季節の空を
「行き合いの空」というそうな。
・・・なんてステキな言葉なんだろう。 
うっとりしてしまう。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>           

【2017/09/02 21:20】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック