いったいどうなってるんだろう。
日差しギラギラ、暑くて暑くて・・・ まるで夏本番のよう。

待てど暮らせど新茶が来ない。
忙しいだろうからと遠慮していたが、心配になり電話をする。
だいぶ遅れているそうだ。
父上が言っていたことを思い出す。
「昔からいうんだ。桜が遅い年は、新茶の出来も遅くなると。」

茶葉の育ちが遅い年は、味わい深く濃い新茶となる。
楽しみにもう少し待ちましょう。


いつ届いてもいいようにと、準備は万端。
なにも予定を入れてないから、新茶が来なくちゃすることがない。
そうだ、この機会に炉を上げてしまいましょう。

幸い天気は上々なり。炉洗い
灰を上げて、炉壇と五徳を洗い、乾かす。 
半年間お世話になった炉畳も、仕舞う前に干しましょう。

我が家の畳は本畳なので、隅が瘦せてへこんでいる。
新聞紙で調整してから 炉蓋をして
丸畳に敷き替えました。丸畳に替える
う~ん、さっぱり~   風炉仕様の完了です。

たいへんだけど、やってしまえば気分がいいわ。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2017/05/06 22:06】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック