こどもの日で、端午の節句で、立夏である。
「今日咲いたほうがいいよ。きっと褒められるから。」とおだてたら

開きました。 菖蒲
素直なイイ子です。菖蒲
菖蒲ではなく、この子は菖蒲(あやめ)だけど・・・
字が同じだから良しとしましょう。


5月5日だけど、旧暦では4月10日。
4・5・6月は夏である。 その名にたがわず暑かった!
本日から見事な夏となりました。


5月は皐月といいます。
「さ」とは、山や田の神様のこと。
田に植え替える稲の苗を早苗という。 さ・なえ。
田植えに早乙女。 さ・おとめ。 
ね。
神様よろしくお願いします、という気持ちが言の葉になります。
すてきだなぁ。

春の女神は「佐保姫」 夏は「筒姫」

木花咲耶姫(このはなさくやひめ)は桜。
そして富士山。

茶席に座っているとき、こういうことかとハッとすることがある。
日本のすてきな言の葉をもっと知りたいです。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2017/05/05 21:30】 | ひとり言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック