5月から始まった茶事勉強会も、昨日を持って最終回。
ほんとは10月までの5回だったけど、伝えたいことが多すぎて
火の項が追加補習となってしまいました。
火入れ作りの実習を入れて、煙草盆についての学び合いです。
みなさんに負担をかけてしまって、店主の力不足ですなぁ・・・


お稽古の中で火に触れる機会は炭点前がほとんどだけど、
実際にはそこに至る前が大事と思います。
下火を入れるタイミングとか、火を熾すのにどれくらいかかるかとか。
それを分かっていないと、茶事の時に時間が読めませんから。
どれくらいかかるかを計れないと、熾すタイミングを逸してしまう。
早すぎてもいけない。下火がとろけてしまう。

炉の時は炭点前に始まり、
懐石の終わるころに煮えが付いてくるのが最高。
そういくように計るには、火の扱いを知らなくてはいけない。

火入れの火も、入れればいいというものではない。
煙草に火が付くような火を用意することが大事なのです。
心意気の問題です。 
使うかどうかは問題ではない。

もてなしを言葉を使ってではなく、様々な形であらわそうと努力する。
茶事の一番肝要なところと思っています。

それを言葉で伝えることには限度がある。
体得していくのが一番の近道。
よって来年からは実習がんばりましょう!!
ってね、来年の話をする季節になりましたねぇ。吹寄の茶碗  


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>         

【2016/11/20 22:35】 | 炉・風炉・釜・灰のこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
それはよかった!少しでもお役に立てたかな、、とうれしいです。
そうやって覚えたことは、一生忘れない教訓になるんですよねぇ~。。

見過ごしそうなものを目に留める力、感じる心をお持ちだからかと存じます。
鍵コメさんの力です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/21(Mon) 16:59 |   |  #[ 編集]
鍵コメさま
それはよかった!少しでもお役に立てたかな、、とうれしいです。
そうやって覚えたことは、一生忘れない教訓になるんですよねぇ~。。

見過ごしそうなものを目に留める力、感じる心をお持ちだからかと存じます。
鍵コメさんの力です。
2016/11/21(Mon) 22:51 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック