春は黄色から始まってくる。
マンサクが笑った。金縷梅


木曜日は特養の呈茶の日でした。
たくさんのお年寄りと有意義な時間を楽しく過ごし
その後、埼玉県上尾市にある「文楽」さんへ。

「文楽」さんは清酒の老舗です。
次世代の娘さんをご紹介され、御縁があってコラボ企画をいただき、
こんな小さな店が相手でいいのかしらと思うけど、ありがたいお話しです。

「一度清酒工場を見に来ませんか。」と社内見学に誘われました。
お茶事には一献が重要な事ではあるのに、日本酒のことはなにも知らない。
知らないことは知ってみたい。

仕込場。清酒工場
麹と寝かし 仕込  仕込
一ヶ月かけて仕上げる。清酒
お嬢’Sも興味津々で、若い杜氏さんから話を聞いてます。

店主は年長の杜氏さんから酒造りにかける思いをうかがいました。
「心を込められる量、目と手が行き届くお酒を造る。」という姿勢。
日本酒が本当にかわいいんだなぁ~と伝わってくる。
岡野園の日本茶にむける姿勢と通じるものを感じ、とても共感しました。

見えないところこそ手を抜かない。
これからもお茶を思うときの原点としたい。


寒い仕込時期にしか手に入らないにごり酒を買いました。
お茶事の一献にいたしましょう。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>          

【2016/02/21 20:26】 | ひとり言
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



店主の葉摘み
鍵コメさま
ありがとうございました。

楽しみに待っていますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/28(Sun) 00:07 |   |  #[ 編集]
鍵コメさま
ありがとうございました。

楽しみに待っていますね。
2016/03/01(Tue) 21:39 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック