昨日13日に旧8月1日(朔日)となりました。
八朔です。
家元出入りの職方さんたちが、八朔にはご挨拶に行くことが恒例ですが
新暦八月の暑い盛りに大正装で、ほんに大変だこと思ってます。
茶の湯の行事は旧暦ですればいいのにねぇ。
どうにかならないのかしら、お家元方。
旧暦で行えば、茶道を習う方だって、ストンと胸に落ちることばかりなのに。

せんないことを言っても仕方がないのですが・・・


仲秋となりました。
二週間後は中秋の名月。
いよいよ月を愛でる季節の到来! (ワクワク!

仲秋と中秋の違いってわかりますか?
仲秋は旧暦八月を指し、
  (旧暦で初秋七月・仲秋八月・晩秋九月、そして冬となる)
中秋は八月十五日、秋の真ん中をいいます。
月に例えて言えば、
仲秋の名月は、三日月でも半月でも月がきれいに見えたらそう呼び、
ススキを飾って十五夜さんのお月見が、中秋の名月。

一足お先に。 清風拂明月
「清風拂明月」と共に。
田舎住いなのに、この頃はススキを探すのも一苦労の埼玉です。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>ホームページ   岡野園facebook
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>     

【2015/09/14 21:17】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック