4月12日の日曜日。
大宮第二公園にある「松籟」は、本当に良く出来た茶室です。

昨日の雨をしっとりと含み、穏やかに晴れています。 
寄付き玄関から入ると 寄付き玄関
長野先生が描かれた
菩薩図が迎えます。寄付き掛け


待合とした小間には 待合席
耳庵の「無」の軸、亡き先生手作りの花入れにたっぷりの花々。


追善の茶室。茶席「松籟」
残り桜が思い出を導くかのようにハラハラと降ってきます。

茶湯が始まりました。始まります
「仏に供え、人に施し、我も飲む」 一服の茶を共にします。


席を移し、亡き先生の遺影に献杯、一同で点心をいただきながら
思い出を語り合いました。大徳寺弁当


その後、茶席に戻って濃茶。
追善となったら・・と約束していたという福田先生所持の軸。
花は長野先生が入れ 本席に
青磁の天目茶碗は、店主所持を使って下さいました。
 
亡くなられた先生のお社中、親しい交流があった諸先生方。
親密で濃密な本当に良い茶会で、
ここに先生がいらっしゃらないことが、とても不思議な気がします。

いえ、ご一緒だったのですね。

遺作の茶杓銘が「炉辺の幸」、季節は炉の名残りに近く、
軸は東京博物館の展示に貸し出す前であったので掛けることが出来、
この日だけは雨が上がり、寒くもなく暑くもなく、お好きだった桜が散り残り、
すべて亡き先生のお力だと、しみじみ語りあいました。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>      

【2015/04/14 18:08】 | お茶会のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック