柄杓のことを書き出したら、書くことがたくさんある事に気付き
またカテゴリーを増やしてしまった…
                 (どこまで増えるカテゴリー)

柄杓というのは“総称”です。
茶の湯では、さまざまな柄杓を使用します。

≪手前柄杓≫
柄杓
↑合>ごう ↑月形>つきがた ↑柄>え    ↑切止>きりとめ

合  水や湯を汲む部分 (口のほうが根に近いように切り、表皮を剥く)
月形 合に柄を差し込んでいる扇形の部分
柄  中央よりやや下に節があり、手で持つ部分 (節より上はなるべく触らない)
切止 柄の先端 風炉用は身切り、炉用は皮切り、差通しは垂直に切落し


≪水屋柄杓≫
       水屋柄杓
      上が掻器  下が水濾
掻器>かいきorかいげ  
     赤杉の曲げ物の合に、同じ材の柄がついています。
     水屋瓶に張った水を汲み出すとき使用します。
水濾>みずこし 
     掻器の底を抜いて麻布を張ってあります。
     不純物を取り除くため使用します。浄水器のようなものでしょうか。
     昔は井戸水を使用していたため、水濾を通して水指や水次に用いました。

≪つくばい柄杓≫
      つくばい柄杓
     名の通り、つくばいで使用する柄杓です。
合も柄も杉材を使用しています。
     つくばいに渡して据え置くので柄が長めです。

柄杓は“清浄”を旨とする“いさぎよい物”のひとつです。
ゆえにどの柄杓も生地となり、新しきを良しとします。

でも普段のお稽古にはそんなことも言ってられない… 

普段の手入れを大事にしましょう。
  きれいにすすぎ、水気は押さえ拭きにしてます。
  長く水につけておくと、色が黒ずむのが早いようです。
  決してジョイなどをつけて、擦り洗いなどなさいませんよう。
  乾燥すると割れます。 自然の竹なので仕方がありません。
  乾かしが悪いとカビます。 これも自然の材なので仕方ないのです。

そんなことにならないよう、お稽古にお励みくださいませ。

心の温もりポチッ ヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング
岡野園のページ
     

【2007/02/23 15:11】 | 柄杓のこと
トラックバック(0) |


kazumi
いよいよマニアック(褒めてる)な世界です。究めていくと深いですね。
 白木のものには一度きりの神聖な思いを託していると知りました。
身の引き締まる潔さがあって良いですね。
 


葉摘み
kazumiさま
ほんとマニアックだよね・・(笑
でもいつもよく読んでいただいて感謝です。

白木の意味を読み取るところはさすが読みが深い!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いよいよマニアック(褒めてる)な世界です。究めていくと深いですね。
 白木のものには一度きりの神聖な思いを託していると知りました。
身の引き締まる潔さがあって良いですね。
 
2007/02/24(Sat) 02:10 | URL  | kazumi #-[ 編集]
kazumiさま
ほんとマニアックだよね・・(笑
でもいつもよく読んでいただいて感謝です。

白木の意味を読み取るところはさすが読みが深い!
2007/02/26(Mon) 01:13 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック