彼岸のお中日である。
粒あんとゴマのおはぎ、美味しく出来ました
たくさん作って配って歩く。
手作りしなくなってずいぶん経つと、叔母たちは喜んでくれる。

家族が小さい単位になって、作っても食べきれない。
ハレのご馳走という位置付けも希薄になった。
年老いた叔父叔母たちも、仏様だけに買ってきて供える。
生き神様が食べきれるだけ届けて回る。
いまだに我が家ではハレの日のごちそう。


秋分の日でもある。
そして明日から旧暦の九月、晩秋となります。
侘びの色が濃くなってきました。

あぁ。。。 それなのに新年のダイレクトメール作り。
もう新年ですよ、ビックリしちゃう!
来年は「乙未」、お題は「本」。
どちらも絵になりにくいらしく、苦心する姿が垣間見えます。

月日の移ろいに体が付いていかないわ。

のんきでいいね~、あなたは。まるネコ
5ヶ月になろうという茶々丸はすっかり大きく
やんちゃになりました。パソねこ


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>          

【2014/09/23 22:57】 | ひとり言
トラックバック(0) |

!緊急質問!
でん助
葉摘さま お助け下さい。緊急質問です

お水屋見舞いをいただときのお礼はどのようにするのがよろしいのでしょうか?

表書き等ご指南ください。

不意にお友達に聞かれて。。。。うかつなことは言えないので、そうだ!葉摘さまに聞こう!と。
よろしくお願いいたします


店主の葉摘み
でん助さま
まぁ~、緊急なのに今頃です。ごめんなさい。

お水屋見舞いとしたのは、御祝とすると亭主に気を使わせるし重くなるので、
軽くし受け取りやすいよう「水屋のみなさまに・・」ということなので
基本的にはお礼はイイかと思うのです。
でもお菓子などの消え物で無い場合(現金)はそうもいかないですよね。
消え物だったとしても、気を使う方が多いかもしれない。
御祝のお返しと同じでいいかと思うのですが。
それに水屋見舞のお返しを別に用意してあるほうがなんか変ですよ。

でも、水屋見舞とした方の気持ちを考えると、お返しはどうかなぁ~とも思います。
ようは受け取られた方の気持ち次第でいいのではないでしょうか。

そんなところでいかがでしょうか?


Re.緊急質問
でん助
葉摘さま
ありがとうございます。お答え…すぅーっと心に入ってきます。
そうでした!気持ち が何より大切でした!
危うくマニュアル化しそうでした。


店主の葉摘み
でん助さま
少しはお役にたてたようでうれしいです。

互いの気持ちを推し量ることが一番大切なのではないでしょうか。
形ではないと思うのです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
!緊急質問!
葉摘さま お助け下さい。緊急質問です

お水屋見舞いをいただときのお礼はどのようにするのがよろしいのでしょうか?

表書き等ご指南ください。

不意にお友達に聞かれて。。。。うかつなことは言えないので、そうだ!葉摘さまに聞こう!と。
よろしくお願いいたします
2014/09/25(Thu) 19:23 | URL  | でん助 #-[ 編集]
でん助さま
まぁ~、緊急なのに今頃です。ごめんなさい。

お水屋見舞いとしたのは、御祝とすると亭主に気を使わせるし重くなるので、
軽くし受け取りやすいよう「水屋のみなさまに・・」ということなので
基本的にはお礼はイイかと思うのです。
でもお菓子などの消え物で無い場合(現金)はそうもいかないですよね。
消え物だったとしても、気を使う方が多いかもしれない。
御祝のお返しと同じでいいかと思うのですが。
それに水屋見舞のお返しを別に用意してあるほうがなんか変ですよ。

でも、水屋見舞とした方の気持ちを考えると、お返しはどうかなぁ~とも思います。
ようは受け取られた方の気持ち次第でいいのではないでしょうか。

そんなところでいかがでしょうか?
2014/09/26(Fri) 20:40 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
Re.緊急質問
葉摘さま
ありがとうございます。お答え…すぅーっと心に入ってきます。
そうでした!気持ち が何より大切でした!
危うくマニュアル化しそうでした。
2014/09/27(Sat) 13:12 | URL  | でん助 #-[ 編集]
でん助さま
少しはお役にたてたようでうれしいです。

互いの気持ちを推し量ることが一番大切なのではないでしょうか。
形ではないと思うのです。
2014/09/27(Sat) 21:18 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック