昨日は地元の夏祭り。
会場は前の公園です。夏祭り
手作りの小さな踊りの輪は、祭りってこんなんじゃないかなって思わせる。
もう夏も終わりです。


土曜と日曜の二日間、茶杓削りを希望者と体験しました。
茶の湯の道具の中で、手作り出来る数少ないもののひとつです。
今は仕上がったものを買う方がほとんどだと思う。
景色があるか、櫂先の様子は、家元など箱書きは、銘は何か・・・
茶席で客に求められるのがそういう所だと、
それに重きを置いて買い求めることになる。

モデルのようにかっこいい姿を自慢するものではなく、
茶をすくうスプーンとして作られた道具です。
湯を沸かし、茶をすくい、撹拌し、客に供する。 我も飲む。
一連の流れに欠く事の出来ない竹製品ですが、
湯柄杓や茶筅は拝見を乞われない。
茶杓だけは銘を付け、客が拝見を乞うのはなぜか。
考えてほしい。

中節の茶杓を確立した利休も、茶杓は手作りでした。
その後継者も茶杓を削り続け、今も彼らの茶境を語ります。
近代数寄者といわれ、茶の湯を謳歌した明治の財界人たちも
個性的な茶杓をたくさん削りました。

手作りの茶杓から茶の境地を垣間見る。


さぁ、茶杓を削ってみましょう。
荒曲げの茶杓を選び、集中して
片刃の小刀を手に持って、上手にできたかな
ちょっとしたコツさえつかめば、だれでも茶杓は削ることが出来ます。


体験だけで終わってほしくない。
そして使ってほしい。
切にそう思います。


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>          

【2014/08/24 22:27】 | 茶杓のこと
トラックバック(0) |

もう少し近ければ・・・
でん助
あぁ羨ましい限りです。

こんな体験ができるなんて!!!

参加者の皆さま お茶杓に触れられる世界が変わられたでしょう?!

この機会を通じて お道具、お茶の世界がグッと広がられたのではないかしら?

いいなぁ~~

参加者の皆様、聞かせてぇ~~~~。


店主の葉摘み
でん助さま
いつもありがとうございます。

茶杓削りって雑事を忘れ無心になって集中するから面白いですね。
参加した方は茶杓を今まで全く見ていなかったことに気付いたとおっしゃいます。
これから茶会や茶事に行っても楽しみが増えたのでは・・・だったらいいなぁって。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
もう少し近ければ・・・
あぁ羨ましい限りです。

こんな体験ができるなんて!!!

参加者の皆さま お茶杓に触れられる世界が変わられたでしょう?!

この機会を通じて お道具、お茶の世界がグッと広がられたのではないかしら?

いいなぁ~~

参加者の皆様、聞かせてぇ~~~~。
2014/08/25(Mon) 16:47 | URL  | でん助 #-[ 編集]
でん助さま
いつもありがとうございます。

茶杓削りって雑事を忘れ無心になって集中するから面白いですね。
参加した方は茶杓を今まで全く見ていなかったことに気付いたとおっしゃいます。
これから茶会や茶事に行っても楽しみが増えたのでは・・・だったらいいなぁって。
2014/08/27(Wed) 21:34 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック