土曜日は初夏の風炉の茶事。
同好の士が集まって、実践茶事の勉強会を開いています。
今回で三回目。

お稽古での茶事は、いただき方や流れなどのルールの学びが中心かな。
でも、それって学ぼうと思ったら教本で勉強できる。
それに実際の茶事では、茶室でのコミュニケーションを大事にし
ルールにはあまりこだわらない。
客と亭主がそれぞれの立場を自覚し、茶事空間を作り上げていく。
実際にやってみると、教本に書いていないことの方が多いことに気付く。

ならばやって学び取ろう!

でも茶事は一人じゃできない。
教場の仲間で集まると、どうしても通常の稽古になってしまう。
だから同じ思いの寄せ集めで、店主が委員長兼料理人なの。
みなさんのおかげで、店主は懐石の勉強が出来てありがたいです。


焼きナスに胡麻の汁。味噌汁

枝豆真丈の煮物碗。煮物碗

イサキ塩焼きの焼物。焼物

じゅんさいの箸洗。箸洗い

そして香の物でした。香の物


あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>             

【2014/06/09 21:50】 | お茶事のこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック