今日は茶会をご案内。
リョウブ (コバノズイナ)

有楽流ってご存知ですか?
流祖は織田信長の弟、織田有楽斎。
利休七哲のひとりです。

少庵からの流れにある千家の茶とは趣が違って、
大名茶とか武家茶とかいわれる流れにあります。

茶を点てるという目的は同じなのになのに、
師と仰ぐのも同じ利休なのに、
どうしてこんなに違うのか!と、目が覚める思いをしますよ。
とにかくおもしろい! 楽しい!!


フランチャイズ方式の千家流と違い、
暖簾分け方式だった武家流は、同じ名を名乗る流派がいくつかある。
有楽流も同様です。


ご案内するのは有楽流洗心会の「温習茶会」
6月1日(日曜日)
大宮の「氷川の杜文化館」で開かれます。
濃茶と薄茶、点心があって、茶券は4000円。
若干枚、手元に持っております。

ご希望の方は、ご連絡を下さい。
鍵コメでもメールでも電話でも承ります。


なかなかお点前を見る機会が少ない流儀です。
まして濃茶は滅多に出会えません。

温習茶会はご接待が行き届いて、もてなしの心が溢れているから
とっても気持ちの良い茶会なんです。
店主は毎年楽しみに伺っています。



あなたのポチッお願いいたします!
FC2 ブログランキング

人気ブログランキング 

<茶 岡野園>のホームページ
<茶道具のお店>     <狭山茶のお店>    

【2014/05/04 17:09】 | ひとり言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック