FC2ブログ
『茶花の勉強会』においてのT先生のお話を、抜粋にてお伝えいたします。

 今の方は茶花がヘタ。 (ウッ!)
     なめてかかり、簡単に考えているきらいがある。
     想いと気持ちを込めなければいけない。

 自分の気持ちが茶席中で伝えられるのは、花と菓子。
     道具は買ったり借りたりすれば、立派なものが整う。
     花と菓子ほど難しいものはない。

 茶花を定義付けて、難しいものにしている。
     モノの尺度、価値観は個人によって千差万別。
     一律に考えられるものではない。まして教えられるものでもない。


「茶花」という言葉が出てきたのは、江戸後期以降。
「いけ花」という立花(りっか)・流儀花が様式化されたことにより、
対比させるために「茶花」という言葉が生まれた。

「いけ花」は、いける。  「茶花」は、いれる

     普段、なにげなく入れるや活けるを使っていましたが、
     改めて言われると・・・なーるほど!おっしゃる通りです。


茶席の中で、点や線や平面しか見ていない。
周囲を取り巻く空気が見えない。

茶道具から香りや匂いが伝わって、感じるものなのです。

     空気かぁ・・・なんとなくそうではないかと思ってはいたが・・・
     あぁぁ・・・奥が深すぎる・・・・・!!


「花は野にあるように」(利休7箇条より)

そういわれていますが、花は部屋にいれるのです。
人工の極めが「野にあるように」となります。

     好きにいける。楽にいける。 これが一番難しいのですよ!


茶花の話は明日も続くのです。。
心の温もりポチッ ヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
人気ブログランキング岡野園 FC2ショップのページ

【2007/02/06 18:48】 | 茶花のこと
トラックバック(0) |

こんばんは~
すずめ
お花は自己流です。
庭に咲いてた黄色いチューリップ。もう終わりという時に切って部屋に置くと、まるで違う花のよう・・・・お花はあるだけで、その空気も変えるけど、置き方によってもお花自身の雰囲気も変わりました。
緑の中に咲く花はとても自然なのに、部屋におくと存在感が大きいのです。野に咲く花のようにって難しいですね。


つなさらだ
うっーーーー。
ますます難しくなってきたぁ。
花月で一発勝負で「いれる」のでさえ、大変なのに。

こんばんわ~♪今夜はまるで春の宵のようですね。
葉摘み
すずめさま
花がある暮らしっていいですよね。
いま玄関には、いただいたモダンな取り合わせの花が飾ってあります。
それはそれでとてもステキです。とても野にあるようだとは思えませんが・・・f(^^
花に向かう心が大事ってことですかね。

つなさらださま
活け花のお稽古と同じで、回数をこなさないと上手くならないそうです。
そんなに悩まないでくださいな。
これを読んでもっと苦手になったらどうしよう・・・

わかりにくい分深いですね。
kazumi
空気を感じる。心は野辺で遊んでるような?
いろんな趣向を感じるとるためには教養がないとつまらないのでしょうね。
 なんたって「道」ですからお茶もお花も書も求道者のように終わりがなく究めていくものなのでしょう。


yoko
花は野にあるように・・・さすが利休さんだ!
私もそう思いますねぇ。生けたお花も、見ごたえありますが、い・れ・たお花は、素朴な自然がそのまま感じられますよね?まさに、お部屋にある、人工の究極、、ですね☆


葉摘み
kazumiさま
そのとおり!
閉鎖的な空間に野辺を伝えることが出来たらすごいんだけど・・・心がそこまで届かない・・修行が足りんなぁ・・・一生勉強だなぁ。
でも・・だから楽しいなぁ~

yokoさま
yokoちゃんたら・・すご~い!(パチパチ!)
いつも思うんだけど、未経験者のほうが無心に本質を読み取るなぁ・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~
お花は自己流です。
庭に咲いてた黄色いチューリップ。もう終わりという時に切って部屋に置くと、まるで違う花のよう・・・・お花はあるだけで、その空気も変えるけど、置き方によってもお花自身の雰囲気も変わりました。
緑の中に咲く花はとても自然なのに、部屋におくと存在感が大きいのです。野に咲く花のようにって難しいですね。
2007/02/06(Tue) 19:32 | URL  | すずめ #KLtzAfy.[ 編集]
うっーーーー。
ますます難しくなってきたぁ。
花月で一発勝負で「いれる」のでさえ、大変なのに。
2007/02/06(Tue) 22:35 | URL  | つなさらだ #-[ 編集]
こんばんわ~♪今夜はまるで春の宵のようですね。
すずめさま
花がある暮らしっていいですよね。
いま玄関には、いただいたモダンな取り合わせの花が飾ってあります。
それはそれでとてもステキです。とても野にあるようだとは思えませんが・・・f(^^
花に向かう心が大事ってことですかね。

つなさらださま
活け花のお稽古と同じで、回数をこなさないと上手くならないそうです。
そんなに悩まないでくださいな。
これを読んでもっと苦手になったらどうしよう・・・
2007/02/06(Tue) 23:21 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
わかりにくい分深いですね。
空気を感じる。心は野辺で遊んでるような?
いろんな趣向を感じるとるためには教養がないとつまらないのでしょうね。
 なんたって「道」ですからお茶もお花も書も求道者のように終わりがなく究めていくものなのでしょう。
2007/02/06(Tue) 23:41 | URL  | kazumi #-[ 編集]
花は野にあるように・・・さすが利休さんだ!
私もそう思いますねぇ。生けたお花も、見ごたえありますが、い・れ・たお花は、素朴な自然がそのまま感じられますよね?まさに、お部屋にある、人工の究極、、ですね☆
2007/02/07(Wed) 14:30 | URL  | yoko #-[ 編集]
kazumiさま
そのとおり!
閉鎖的な空間に野辺を伝えることが出来たらすごいんだけど・・・心がそこまで届かない・・修行が足りんなぁ・・・一生勉強だなぁ。
でも・・だから楽しいなぁ~

yokoさま
yokoちゃんたら・・すご~い!(パチパチ!)
いつも思うんだけど、未経験者のほうが無心に本質を読み取るなぁ・・・
2007/02/07(Wed) 22:32 | URL  | 葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック