とうとう2月、梅見月となりました。
きれいな三日月の夜です。


土曜日に茶事の料理人もどうにか終り、 (写真を撮る余裕はなかったけど・・;)
回数を重ねると、いろいろ自分なりの創意工夫もできて楽しいです。

寒い時期なので、いかにしたら熱いくらいにお出しできるかに挑戦。
季節や設えとの一体感も考え、目でも楽しめる工夫。
料理は自己流なんですが、作るのは好きなので苦になりません。
早朝、市場に出かけていい食材が手に入った時の満足感。
終わったあとの解放感と達成感。
この快感は癖になります。
だから続けているのでしょうね。


今日は桶川の勉強会。
いろいろ心をたたく気付きがあって、こちらも楽しいです。

終りのほうに茶事のことに触れるお話が合って
思わず深くうなずいておりました。

茶事は流儀にこだわらす客を招く。
だからお点前にはこだわらない。
かといって亭主は手抜きやでたらめをしていいわけではない。
自分の流儀・点前をしっかり踏まえたうえで、臨機応変に動く。
そして、そういうところを見ている客がいるかもしれないという
覚悟をもって茶事をおこなう。

流儀にこだわらない場だからこそ
そこにあるのは最低限の品位と格の場なのである。

設えには亭主の美意識と教養、茶の湯への姿勢が表れる。
だからこそ自分にあった格の茶をすればいい。

身の程の茶を楽しむ。
他人の評価を考えた茶は、自分のお茶ではない。
自分を律し、茶に相対する。

真のおもてなしは、自分を律するところから生まれるのかもしれない。


あなたのポチッヨロシクお願いいたします!
FC2 ブログランキング
  
人気ブログランキング

岡野園 FC2ショップのページ    

【2014/02/02 23:00】 | 茶道のこと
トラックバック(0) |


みゃあくんのおかあしゃん
身の程のお茶を楽しむ・・・・・
とても身にしみるる言葉です。
それで良いのですね。
背伸びしてもそれは自分の
お茶ではないですものね。
いつもいつも 葉摘み様には
う~ん と 納得させて頂いたり
教えて頂いたり 有難いです。
今後共よろしくお願いします。


店主の葉摘み
みゃあくんのおかあしゃんさま
みゃあくんのおかあしゃんはもう「自分のお茶」を実践なさってるじゃないですか。
でもだれかに肯定してもらうと嬉しくなりますね。
私は先生のお話を聞いて、間違っていなかったんだと自信になりました。

今、「律するお茶」を深く考えています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
身の程のお茶を楽しむ・・・・・
とても身にしみるる言葉です。
それで良いのですね。
背伸びしてもそれは自分の
お茶ではないですものね。
いつもいつも 葉摘み様には
う~ん と 納得させて頂いたり
教えて頂いたり 有難いです。
今後共よろしくお願いします。
2014/02/04(Tue) 09:30 | URL  | みゃあくんのおかあしゃん #-[ 編集]
みゃあくんのおかあしゃんさま
みゃあくんのおかあしゃんはもう「自分のお茶」を実践なさってるじゃないですか。
でもだれかに肯定してもらうと嬉しくなりますね。
私は先生のお話を聞いて、間違っていなかったんだと自信になりました。

今、「律するお茶」を深く考えています。
2014/02/04(Tue) 17:53 | URL  | 店主の葉摘み #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック